interview

“いれいす”メンバーの意外な関係性も見える!? アルバム新作の制作秘話をインタビュー!

2021.12.05 <PASH! PLUS>

 毎月オリジナルソングを出す6人組ユニット“いれいす”。12月19日に初の全国ツアーライブ“RAID OF DICE”を控えた彼らの3rdフルアルバム『Recollection Note』が12月8日に発売されます。

ヨコ告知1

 『Recollection Note』は、限定書き下ろし楽曲9曲を含む全16曲のフルアルバムで、メンバー6人が3組に分かれてペアで歌った曲も収録されています。

 また、アニメイト初回プレス特典として、推しメンバーとの3分間のオンライン握手会(100名様)や、木村良平さん、榎木淳弥さん、沖野晃司さんの豪華声優陣をお呼びしたスペシャルボイスドラマが付属します。

 今回は、発売直前の『Recollection Note』に関するエピソードや注目ポイントを、メンバー6人にお聞きしました!

ヨコ告知2

『Recollection Note』いれいすメンバーインタビュー

――いれいすは今回での3枚目のフルアルバムCDリリースとなります。リリースが決まった時の率直な感想をお聞かせください。

りうら:いれいすアルバム何枚出すの!? 早すぎでしょ!? っていうのがりうらの率直な感想でした(笑)。

-hotoke-:僕も「えぇ!? もう出すの!? はやああああああああああああああああああ!!」って言ったよ(笑)。

ないこ:「ライブツアーをやるなら新曲出したいよね! じゃあアルバム作ろっか!」という流れで製作が決まったんですが、形になるとやはり嬉しさがこみあげてきますね。

 それにしても、結成1年と2カ月でフルアルバムを3つ出すというスピード感はイレギュラーですよね~。やっぱり“イレギュラーダイス”なんだなって思います。みんなアルバム収録頑張った!

初兎:ライブが決まってからすぐに作り始めたんですが、即断即決できる決断力は僕たちの強みやなと思いました。タイトなスケジュールの中で不安な気持ちも少なからずあったのですが、皆で走り切れました!

If:活動開始してからわずか1年と少しで1st、2ndアルバムとリリースして、ここまでくると正直もう最初ほど驚かなくなってきた自分が怖いです。

悠佑:ツアーが決まってから、それ用の曲や新しい曲をやりたいってどんどん曲が増えてきて、「アルバム作ったほうがいいんじゃね?」ってなりましたけど、普通だとありえないですよね。うちのいいところでもあるんですけど。

-hotoke-:おかけで収録スケジュールもパツパツで大変だったけど、とってもいい作品ができたので聞いてもらえることが楽しみで仕方ないです!!

If:社会人として働いている一方、こうして音楽活動を通して多くの方に歌を聴いていただける環境にいる自分は大変恵まれていると感じています。お仕事もしながら、収録頑張りました! 今回も最強です!

りうら:いれいすとして3枚目のアルバムになるけど、みんなで頑張って収録をたくさんして、ようやく完成した時の達成感は何回味わっても最高の瞬間だなって感じます! このアルバムが君の手元に届くのが楽しみです!

――ライブツアーを控えてのリリースとなりますが、制作やレコーディングにおけるエピソードなどありましたらお願いします。

りうら:実は、今回のアルバムではりうらが作曲したり、ギターを弾いたりしているものが数曲あって、どれも初めての経験すぎて試行錯誤しまくりだったのですが、みんなにいいものを届けたいって気持ちで制作に取り組ませていただきました!

 また、りうらの作曲した曲はあにき(悠佑)が作詞しているものも多く、2人であーでもないこーでもないと言い合いながら制作したのが思い出です(笑)。

悠佑:りうらも僕も音楽にうるさいから、ペア曲の制作では結構ぶつかりましたね(笑)。その分、りうらとの思い出が詰まったアルバムになったと思います。

-hotoke-:たくさん歌を覚えたり収録したりと忙しくしていたのでもう記憶がスカスカなんですが、その中でも作詞を相方のしょうちゃんとできたのがとてもいい経験になりました!!

初兎:僕たち“-hotoke-×初兎”は、『ぼくらがいちばんっ!』という楽曲を作詞し収録しました。僕たち2人は表向きな活動以外でも一緒にいることが多く、6人の中でも一番仲が良いと思っています。お互い似たような悩みや壁に直面することがあり、数々の苦節を一緒に乗り越えてきました。

 そういった2人の関係性を大事に作った一曲になるので、同じような“今”に悩んでる子の背中を押せるような一曲になると嬉しいです。

-hotoke-:作詞自体は意外と好きなんですが、お互いにいつも思ってることを歌詞に詰め込みながら制作したので大切な1曲になりました! あとは、今回のアルバムにはバラード系が多くて録音に苦戦しましたね(笑)。

ないこ:今回はメンバー2人のデュオ形式で歌う曲がそれぞれ収録されているのですが、“ないこ×If(通称:ないふペア)”の『君だけの騎士』は気合いを入れて作詞しました。

 “ないふペア”の世界観って、幼児退行したIfをないこが宥めるみたいな感じだと思うんですけど、ちゃんと“きみ=リスナー”のことを守り抜くような王子様の側面もあるんだよって、伝わるといいなぁ。

If:なぜかないこくんに心外なことを言われている気がしますが、私はあくまでいれいすにおいては“社会人爆イケエリートお兄さん”で通っておりますので読者様に勘違いされないように訂正しておきます(笑)。

 やっぱり今回のアルバムにて注目すべきはペア曲! 初の試みだったのではないでしょうか。ないこが作った作詞を基に、世界観を壊さないようにRap詞を書かせてもらいました。たくさん聴いてもらえたら嬉しいな。

――本アルバムでお気に入りの楽曲がありましたら、理由も含めてお聞かせください。

りうら:りうらのお気に入りの楽曲は『この指とまれ!』、『teardrop』の2曲です! さっき少し触れたのですが、この2曲はりうらがいれいすの楽曲の中で初めて作曲した曲で、“いれいすでこういう曲調の曲があったらいいな~”っていうりうらの願望を詰め合わせた2曲になってます! ぜひ聴いてみてもらえたら嬉しいです~!!

悠佑:『teardrop』は僕もお気に入りですね。ずっとアニソンが好きでそういう音楽をやりたいな、できたらいいなと思っていたところで上がってきた曲を聴いて衝撃を受けました。

 嬉しいことにこの曲の作詞も僕が担当させてもらっています。めちゃくちゃかっこいい曲なのでぜひ聴いてください!

-hotoke-:ぼくは『恋の方程式』という曲が好きです!! シンプルに曲調が好きというのもあるんですが、歌詞が特に素敵なところですかね!

 「好き」という気持ちについて書かれてるんですが~~~~~っておっとっと、これはあんまり言わない方がいいのかな!!(笑) 聞いてからのお楽しみです!

If:僕も『恋の方程式』好きです! -hotoke-の言う通り、歌詞がめちゃ可愛いんですよ。学生の頃の自分を思い出すような、なんか甘酸っぱい気分になるような曲ですね。あの、僕いふまろって呼ばれるんですけど、まだおじまろじゃないです。

 もうひとつのお気に入りに『Blue Moon』がありまして、この曲は“いれいす総選挙”でリスナーさんの力を借りて1位を勝ち取ったご褒美で、僕がセンターになった曲なんです。作詞もやらせていただいて、得意の英語もバチバチに入れて、セクシーな仕上がりになっています!

初兎:どの曲もRapを作る際に感情移入してしまうので大好きになるのですが、強いて決めるのであれば『RAID OF DICE』です。セリフが入る曲が大好きで、かねてからセリフが入る曲を歌いたいとメンバーや関係者の方に話していたので、やっと叶ったと思えた一曲です。

 しかも、Rapが個人的にもかなり好きで音ハメの部分等こだわっているので是非僕に注目してみてください!

ないこ:ないこが作詞した『君だけの騎士』、『きみのいないワンルーム』、『Summer Diary』の3曲はお気に入りです!

 どれも全く違う雰囲気の曲なので、作詞もそれぞれ思い入れがあるかな。制作秘話みたいなものも、いつかみんなにお話したいな。

――今までのアルバムには、メンバー様自身が作詞したソロ曲が収録されていました。今回はソロ曲ではなくデュエット曲となりますが、作詞や収録に際する感想や作曲時のエピソードなどをお願いします。

ないこ:お話したいなって言ったらこの質問きて草ですね(笑)。今回3曲の作詞をさせてもらったんですが、それぞれ世界観がバラバラなので、3つとも楽しく作詞させてもらいました!

If:詞を通じてないこの世界観がふわっと垣間見れた気がして、面白かったな~!

ないこ:昔から読書がすごく好きなので、好きな本からフレーズやセリフ、単語とかを探してきて歌詞に当てはめてるところが結構あります。ないこの世界観を味わってくれたら嬉しいです! また作詞したいな~!

If:僕自身の思い出だと、とにかく雰囲気を壊さないことを意識しながら、メロディの乗ったラップも考えて入れてみたりして、少しでもブラッシュアップして聴いてくれる君に良いものを届けられれば、という思いで考えました~! 楽しんでほしいね!

りうら:『存在証明』って曲は、あにき(悠佑)が作詞、りうらが2Bのパートを担当したのですが、僕ら2人は特に音楽が好きで、音楽で生きていくことの大変さを知りながらも、僕らにとっての武器は『声』で、歌でこの世界に僕たちの存在を刻み込みたい! というアツい想いが詰まった曲になってます!

悠佑:『存在証明』は音楽にアツい想いを持った僕とりうらだからこその曲なんですよ。

 音楽で生きていくって簡単じゃないわけですよ。どうせむりだって笑われることもあるわけですよ。そんなの重々承知なわけですよ。うるせー! って気持ちと俺たちの存在を世界に轟かせたい。そんな気持ちを書きなぐった曲です(笑)めっちゃかっこいいのでぜひ!

-hotoke-:さっき少ししゃべっちゃたけど大丈夫かな?(笑) まあいっか!! そうですね、先ほども少し触れたんですが作詞をひとりでするんではなくふたりで相談して話し合いながら決めたんですよ!!

初兎:本当にふたりで半分ずつ作詞をしたんですよ(笑)。なので正真正銘僕たちふたりの言葉でできた楽曲です。

 「頑張れ」ではなく、僕たちなら「大丈夫」というメッセージを大事にしようと話し合いながら、一言一言想いを込めて音に乗せました。沢山愛される一曲になりますように。

-hotoke-:どこでどっちが書いたかわかるかな?(笑) お互いに思っていることやこれまでの僕らそしてこれからの僕らの気持ちを重ねながらリスナーの皆様へのメッセージを歌詞に込めさせていただきました! たくさん聞いてね~~!

――11月14日にYouTubeチャンネルの登録者数が20万人を突破しました。ここ最近でファンになった方へ、アルバムCDのオススメしたいポイントなどがあればご紹介いただけますか?

悠佑:なんといっても半分くらい僕が作詞したことですかね!!!! ……というのは冗談で(笑)、YouTubeにアップしてる曲ってアイドル系が多いんですよね。

 でも、アルバムだとメンバーが好きなジャンルだったり、切ないバラードだったりいろんないれいすが聴けるところが魅力の最高のアルバムです! たくさん聴いてね!

りうら:あにき(悠佑)の言う通り、いれいすのアルバムのおすすめポイントは、毎回言ってる気もするけどなんといってもいろいろな“いれいす”を楽しめるところかなと思ってます!

 かっこいいばちばちのロック、ちょっと切ないバラード、かわいくてポップな曲などなど、アルバム通して飽きることのない、盛りだくさんな内容となっております!

初兎:“いろいろないれいす”、“また新しいいれいす”を楽しんでもらえるよ、というところは僕もオススメしたいですね。

 四季と同じように1枚目、2枚目のアルバムとは雰囲気が変わった素敵なアルバムになっております。この季節にピッタリな楽曲が収録されているのでぜひいっぱい僕たちを聴いてください!

ないこ:“四季”ってキーワードだと、冬にリリースするアルバムということもあり、ちょっと切ないような、冬っぽい曲がたくさん収録されているよね。

 寒い日の登下校や通勤時に聴いてエモくなれるアルバムだと思うので、ぜひお買い求めください! ひとり5,000枚くらい! よろしく!!

-hotoke-:今回のアルバムでおすすめしたいところは何と言っても、メンバー6人が3組に分かれてペアで曲を歌っているところですかね!

 一組一組が個性的で自分の好きな曲や声を見つけることができるのではないでしょうか? 可愛いかったりかっこよかったりかっこよかったり……あれ、まあとにかく聞いてみてください!!(笑)

If:個人的に大好きな季節感のある切ない雰囲気の曲が多いことも挙げられますが、やはりペアで歌っている曲を楽しめるのも魅力のひとつだと思います。

 個性的な6人だからこそどの組み合わせも楽しめるんじゃないかなあと。制作している僕たちが心の底から楽しんでいるからこそ、絶対に楽しんでもらえる自信があります。たくさん聴いてね!

――最後に、ファンの皆様へメッセージをお願いします。

りうら:ずっと僕たちを、りうらを応援してくれてありがとう! 君の応援のおかげで、いれいすはここまでイレギュラーなスピードで走り続けてこれたし、これからも頑張り続けることができるよ!

 そんな君が僕は大好きで、この気持ちを君に届けるためにこれからも歌を歌うよ。君が僕の力になってるみたいに、僕の歌が少しでも君の力になれたら嬉しいなって思ってる。これから先も君のことがずーーーーーーっと大好きだよ!!

-hotoke-:いつも応援してくれるみなさんへ!! いつも僕たちのことを応援してくれて本当にありがとうございます! ぼくたちがこうして3rdアルバムを出せているのも、ライブができるのも毎日活動ができるのも応援してくれる君がいてくれるおかげなんです!!

 なので君がたくさん笑顔になれるように僕も頑張っていくので君は頑張って笑顔になってください!! これからも走り続けていく僕たちのことをよろしくね!! 一緒に笑いあってくれる君がすーーーき!!

初兎:みんなー! やほ! いつも応援ありがとう! 沢山応援してもらって、僕たちいれいす、異例の早さで3rdフルアルバムがリリースされたよ(TT)。

 ここまで読んでくれてるってことは、好きで読んでくれてると思うんやけど、言わずもがな僕も君が大っっ好きです。これから先もずっと、君に寄り添える、支えになれるように、歌って届けに行くから、どうかこれからも君の心にいれますように。君の笑顔を一生守ろるよ! 初兎でした~! ばいば~い

ないこ:いつもいれいすを、ないこを応援してくれて本当にありがとう! 1年ちょいで3rdフルアルバムを出すっていう超スピードで活動ができてるのは、みんながたくさん応援してくれてるおかげです!

 絶対に武道館まで連れてくから、これからも俺たちのそばで、一緒に、大きくなってこうね! だいすしだよ~~~!!!

If:いれいすを応援してくれて本当にありがとう。まだ僕らのことを知らない人たちへ、1年前は本当に何も知らなかった小さな6人が描く、創る物語を、まずはこのアルバムをきっかけにでも、覗いてみてほしいな。そして一ミリでもいいかもって感じたら、まずは少しでも配信を覗きにきてください。

 最年少とは思えない格好良い声、少年みたいなちょっとうるさいけど可愛らしい声、意志の詰まった流れるようなラップを奏でる安心出来る低音ボイス、ザ・正統派アイドルボイス(超おもろい)、英語も出来ちゃう爆イケお兄さんボイス、突き抜けるようなハイトーンパワフルボイス、声だけでこんなにバラエティに富んだ面白そうなグループ、なくないですか!?

 そしていつも応援してくれている君へ。本当に本当に大好きで、僕が今を生きる理由です。ついてきてくれてありがとう。凄い景色、一緒に見に行こうね。

悠佑:応援してくれてるみんなへ。よく配信で言ってるんだけど、こうやってみんなが応援してくれてることって当たり前じゃないんだよ。ほんとにいつも感謝してます。

 そんなみんなを裏切らないように、ずっと楽しませられるように、ずっとワクワクさせ続けられるように俺たちはまだまだ突き進むから!一緒にすげー景色みような!!!! 大好きなみんなに会うために47都道府県の全国ツアーやりたいです! こんな俺たちやけど、これから先も末永くよろしくね!

――ありがとうございました!

いれいす初の全国ツアーライブ“RAID OF DICE”開催!

 いれいす初の全国ツアーライブ“RAID OF DICE”が12月19日より開催。会場は福岡、宮城、愛知、大阪、東京の5会場で、各会場2部制となっています。

 チケットの三次受付は12月13日からスタート。一般販売も順次開始予定で、ライブグッズも発表されています。詳細は公式Twitterをチェック!

001

関連リンク

いれいす公式サイト
いれいす公式YouTubeチャンネル
いれいす公式Twitter
りうら Twitterアカウント
-hotoke- Twitterアカウント
初兎 Twitterアカウント
ないこ Twitterアカウント
If Twitterアカウント
悠佑 Twitterアカウント
いれいすオンラインライブ“Irregular Summer! Online”配信ページ
いれいす1stフルアルバム『Irregular record』販売ページ(animate A版/animate B版/BOOTH/いれいすとあ
いれいす2ndフルアルバム『Memorial Dice』販売ページ(animate A版/animate B版/いれいすとあ

 PASH+では、2ndワンマンライブや1stフルアルバム『Irregular record』のリリースに向けたメンバー6人へのインタビューも掲載しています。気になる人はチェックしてみてください!

“いれいす”2ndワンマンライブインタビュー
りうらインタビュー
-hotoke-インタビュー
初兎インタビュー
ないこインタビュー
Ifインタビュー
悠佑インタビュー

(C) 2021 Irregular Dice All Rights Reserved

タグ