神回といえる奇跡の展開に!森久保祥太郎さんと仲村宗悟さんの登場した「AD-LIVE ZERO」夜公演レポート

2019.11.16 <PASH! PLUS>

 今年で11年目の「AD-LIVE」。11年目を迎える今年は、10年で築いた『AD-LIVE』のフォーマットを一度“ZERO”に戻し、よりエンターテインメント性を強めるため、キャラクターの特徴や物語のオチ、演出ギミックなどすべてを「くじ」に委ねるという構造で『AD-LIVE ZERO』として上演されます。

 9月21日(土)に千葉の幕張国際センターで行われた「AD-LIVE ZERO」。昼公演に続き、キャストは森久保祥太郎さんと、今回「AD-LIVE」初登場の仲村宗悟さん。昼公演と奇跡的につながった夜公演のレポートをお届けします。

ADZ_w-B1board_all_fix2_ol

※後述内でくじ引き結果は【】で表記しています。

 くじの結果、今回のキャラクター設定は【ゾンビから逃げる】ためにここに来た【潔癖症】で【ひきこもり】の“シンペイ”(森久保さん)、【自分を蘇らせるために】ここに来た【「夢が無い】【流行りに敏感】な“腐りかけた男”(仲村さん)に決定しました。

 「潔癖症」で「ひきこもり」という、もはや持っているとしか言えない神懸かり的な引きを見せる森久保さん。対して、「腐りかけた男」という謎に包まれた名前の仲村さん。

 【誘拐現場】が舞台となり【二人が友達になるまでの】物語に決定。ゾンビから逃げるのが目的のシンペイと腐りかけた男が友達になるという、矛盾に満ちたハートフルな物語を紡ぐべく、最初から不安度MAXのまま舞台はスタートしました。
 
誘拐現場に閉じ込められ、不安そうなシンペイ。雑多な部屋は周りを探すも出られる扉はなく、潔癖症のシンペイとしては一刻も早くこの不気味な部屋から出たい状況です。と、ここで腐りかけた男の襲撃が。逃げ惑うシンペイですが、つかまってしまいます。もうだめだ、と思った矢先、急に腐りかけた男が快活に話し始めます。「なんつって!・・・びっくりした?」、やけに明るい男です。

2019116_ad04_001

2019116_ad04_015

2019116_ad04_014

2019116_ad04_013

2019116_ad04_012

2019116_ad04_011

 腐りかけた男はシンペイの血を研究するために誘拐したそうなのですが、シンペイには男に構っている余裕はありません。何故なら1日前に別なゾンビに噛まれて、「24時間以内に10回人を笑顔にさせないとゾンビになってしまう」という、危機的状況だったのです。

 シンペイがひきこもっている間に、世界はゾンビだらけになっていました。「俺と一緒に世界を変えてみないかい?」とかっこいいセリフをいう腐りかけた男。170年間、夢のない男として徘徊していた腐りかけた男。相手の壮絶な過去にシンペイは同情します。何故ならシンペイも似たような境遇だったのです。

 昔、売れない芸人、レッツゴー仲村・加藤のマネージャーをやっていたシンペイ。しかし、加藤が死んでレッツゴー仲村も独立。同時期に会社をクビになり、夢を失ったのでした。

シンペイが過去を告白したところで、腐りかけた男がおもむろにレッツゴー仲村とマーシャルのその後について語り始め、上に羽織っていた服を脱ぎ始めます。その下には・・・あのレッツゴー仲村の白シャツが!!!なんと、腐りかけた男はレッツゴー仲村だったのです。この演出に、シンペイと、そして観客席からも驚きの声が湧き上がります。

 再開を喜ぶシンペイと、腐りかけた男ことレッツゴー仲村。レッツゴー仲村曰く、この後地球はゾンビだらけになり、人類が一人もいなくなってしまうのだそうです。そんなレッツゴー仲村の話を半信半疑で聞いていると、部屋にある扉のひとつから男(演:鈴村さん)が出てきました。この男も抗体があるかもしれないと攫われるも、結局抗体が無くて監禁されており、他にも同じ手口で多くの人が監禁されていたのです。「あの人のこと信じない方がいい。」と警告する男。何が正しくて何が正しくないのか。辺りに疑心暗鬼の気配が漂い始めます。

 とにかくシンペイの血を抜く準備を進めていると、急に大地震が。すると、レッツゴー仲村の様子がおかしくなります。薬の効果が切れ、ゾンビに戻りつつあったのです。必死に過去のネタや演出ワードの「あっちむいてほいほいほい」で正気に戻そうとするシンペイ。レッツゴー仲村は薬を飲みなんとか自我を取り戻しますが、残された時間は僅かです。とりあえずふたりは歌を作ることに。タイトルは「やっぱいいや」。

2019116_ad04_010

2019116_ad04_009

2019116_ad04_008

2019116_ad04_007

2019116_ad04_006

2019116_ad04_005

2019116_ad04_004

2019116_ad04_003

2019116_ad04_002

 芸人よりも歌う方が似合うのでは?と語りかけるシンペイにマーシャルの姿が被るレッツゴー仲村。BGMも今しがた歌った「やっぱいいや」をアレンジした曲となり、演出とシンペイに隠されたまさかの秘密に観客席のボルテージは最大に。あらに奇跡的なリンクは続いて…!?

 仲村さんが念のため長袖を切ってまで着用していたレッツゴー仲村シャツから派生した、まさかの昼公演の正当な続編となった夜公演。レッツゴー仲村の話題を振ったのは森久保さんからでしたが、森久保さんも仲村さんがこのシャツを着ているとは夢にも思わず、「設定だけもらうつもりが、まさかの本人が出てきちゃった。鳥肌が立った。俺、もうそこで終了だもん、今日の仕事。」とコメント。ひとつのきっかけから誰も予想していなかったとんでもない結末が訪れる、即興劇の妙が遺憾なく発揮された舞台でした。

  相性の良いふたりが織りなす素晴らしい公演もこれにて終幕。バトンは翌日の寺島さんと豊永さんに渡されました。

「AD-LIVE ZERO」は全公演が2020年2月26日(水)より順次Blu-ray&DVDの発売、アンコール・ビューイング「あとりぶ」(日程等詳細後日解禁)の開催が決定していますのでぜひチェックしてみてくださいね!

【公式ホームページ】 https://ad-live-project.com/
【公式ツイッターアカウント】 @AD_LIVE_Project

© AD-LIVE Project

タグ