千葉翔也、ランズベリー・アーサーらが“濡れて”作品を表現!『CARNELIAN BLOOD』EROSIONのPV撮影に独占密着【コメントあり】

2020.07.29 <PASH! PLUS>

 Rejetが「漫画[COMIC]×音楽[MUSIC]×ライブ[LIVE]によるメディアミックスプロジェクト」として展開している『CARNELIAN BLOOD(カーネリアンブラッド)』に登場するEROSION(エロージョン)が、7月22日(水)にデビューシングル「Underdogs」を発売。そのPV撮影の現場に、PASH!PLUSが潜入! 撮影の様子をたっぷりと紹介する。

cv

 すでに公式YouTubeやComic PASH!にて漫画も公開され、人気を集めている『CARNELIAN BLOOD』。漫画ではカーネリアンの生涯が描かれているのだが、その息子たちのバンド「EROSION(エロージョン)」が7月22日に満を持してシングルデビューを果たした。

 メンバーは、トキシン(CV:千葉翔也)、ヨル(CV:ランズベリー・アーサー)、ネィト(CV:鈴木崚汰)、ビャクヤ(CV:広瀬裕也)、クレハ(CV:豊永利行)の5人。なお、本撮影は、新型コロナウイルス感染対策として、別々に収録が行われた。

カメラを煽る煽る!広瀬裕也、体全体で楽曲を表現

 トップバッターは、五人兄弟の四男で、感性がとても豊かなビャクヤを演じる広瀬。

20200729_cb_008

 今回の撮影では、黒をベースに、それぞれのキャラクターのイメージカラーを取り入れた衣装を着用。広瀬は、ビャクヤのカラーである緑のワンポイントが入った衣装だ。また、ステージでの照明も、イメージカラーを意識。緑の照明に照らされた広瀬は、本曲のイメージに合わせ、カメラを煽るパフォーマンスを見せつける。

 さらに、本PVで重要となってくるのが、“汗“を演出するシーンだ。したたる汗のスタンバイが整ったところで、さっそくそのシーンの撮影へ。

20200729_cb_012

 その他のシーン同様に、カメラを煽りながらも、頭を大きく振って飛び散る汗をアピールする広瀬。しかし、カットがかかると一変。「ちゃんときれいに(汗が)飛び散りましたかね?」と不安げな表情を浮かべて、ギャップを感じる場面もあった。

20200729_cb_010

男性スタッフもメロメロ!? 熱気あふれる千葉翔也のパフォーマンス

 「よろしくお願いします!」と元気よくスタジオにやってきた千葉が演じるのは、五人兄弟の三男・トキシン。カリスマ的な魅力があり、優しく繊細だが、常に揺れ動いており、物への八つ当たりが多いキャラクターだ。

20200729_cb_019

 イメージカラーの赤を取り入れた衣装に着替えるやいなや、「広瀬くんの映像を見ても良いですか?」とリクエスト。「なるほど、こういう風に仕上がるんですね」「こうした方が良いですか?」と、演出と入念に世界観や動きなどをすり合わせる。

20200729_cb_015

 いざ撮影へ。広瀬に負けないようにと、熱く激しいパフォーマンスを繰り広げる千葉。その熱気に応えるように、撮影スタッフにも気合が入ってしまったよう。スモークを焚き過ぎてしまい、スタジオ中がスモークに包まれてしまうといったハプニングも。

20200729_cb_017

 撮った映像を確認する際には「こうした方が絶対かっこいいですね!」と魅せ方をチェック。「ここにはこういうフリをつけよう」などイメージを膨らませて、テイク2に挑む。

20200729_cb_018

 千葉の熱いパフォーマンスには、男性スタッフもメロメロ。「かっこいい!」「首筋の汗が美しいね!」を連呼。男性をも魅了する、千葉の表情、さらに首筋に注目だ。

カメラマンを恋に落とせたら撮影終了? 鈴木崚太、“汗“で色気を演出

 鈴木が演じるのは、五人兄弟の⾧男・ネィト。学校では生徒会⾧も務め、全国区でもトップの偏差値を持つ天才。異様な洞察力を持ち、バンド全体を見渡せるリーダー格だ。

20200729_cb_025

 褐色で色気があるキャラクターなことから、“汗”のシーンでは、色気を表現することとなった鈴木。羽織っているジャケットの片方を肩が出るまで下げ、そこも汗で濡らすという大胆なアプローチ! 演出から「カメラマン(男)を恋に落とせたら今日の撮影は終わりだよ!」という指示が入り、「頑張ります!」と気合十分な様子だ。

20200729_cb_029

 見事、カメラマンの魅了に成功した鈴木。魅惑のシーンは、PVにてぜひ確かめていただきたい。

20200729_cb_028

豊永利行、歌声でスタッフを驚かす!

 豊永演じるクレハは、五人兄弟の末っ子、常に黒いマスクをした不愛想な少年。何かをあきらめてる様だが、その胸には熱い想いを宿している。楽器は不得意だが、抜群のヴォーカルと独特の作詞センスを持つ、というキャラクターだ。

20200729_cb_023

 そのクレハのイメージカラー・紫を取り入れた衣装で登場した豊永。廊下での撮影シーンでは、別の場所で待機している撮影クルーにまで聞こえるほどの音量で歌っており、スタッフを驚かす場面も。

20200729_cb_024

 また、前の3人の映像を確認した豊永は、“汗”のシーンで「俺をもっと濡らしてください!」と自ら志願。濡れに濡れた豊永は、体全体を使って、さらに歌声でも本作の世界観を表した。

20200729_cb_022

「もっとやっちゃって!」“俺様気質”を動きで表現したランズベリー・アーサー

 最後の収録となったのは、ヨル役のランズベリー・アーサー。

20200729_cb_001

 ヨルは五人兄弟の次男で、機転が利くが致命的に口が悪く、目つきが生意気で絡まれやすいキャラクター。他人からはどう思われているか、まったく意識しないオレ様気質、という設定から、テイクを重ねるごとに「もっとやっちゃって!」という指示が飛ぶ。

 それにより、激しさを増すアーサーの動き。ヨルをイメージした青を取り入れた衣装の上には、長いカーディガンをはおっており、それを使ってダイナミックな表現を魅せるアーサーに目を奪われる。

2

 お待ちかねの“汗”のシーンでは、演出から「長髪だから、汗が映えるね!」という絶賛の声があがり、他4人よりも多く濡れることとなったアーサー。「照明にあたり続けていて、もうかなり濡れてるんですけどね……(笑)」と笑顔を見せつつ、「アクション!」という掛け声で真剣な表情に切り替わるメリハリも。

20200729_cb_002

 5人全員に言えることだが、激しい動きに相まって、飛び散る水しぶき。照明に照らされてキラキラと光る汗のシーンは必見だ。

 現在、CARNELIAN BLOOD公式YouTubeチャンネルにて、PVのフルサイズが公開中。公開から約1週間で3万回を超える視聴数を叩き出すほど話題となっている。このPVを見て、ぜひ作品の世界観に浸ってみてはいかがだろうか。

 5人から撮影の感想コメントが到着!

 撮影終了後、それぞれにPV撮影の感想や、一番頑張ったシーンなどを伺った。

■千葉翔也
 曲を流して自由にパフォーマンスするという事だったので、自分のパート以外も好きに動き回れて、何度繰り返しても楽しかったです。体力を気遣っていただきましたが…むしろ楽しすぎて、本当は終わるのが寂しかったくらい。

 ずっと実際に声を出して歌ったり叫んでしまう自分に、ライブハウスの空気感が本当に好きなんだと実感しました。その臨場感が良い方に伝わったらいいな。

 ポップな役柄の時は、曲中の煽り等は頑張って我慢しますが、今回はとにかくロック! 満員の客席を想像して終始やらせて頂いたので、皆さんも画面の前で拳を上げていただけると!(笑) 繰り返し見て、やがて来るLIVEに備えてくれたら嬉しいです!

■ランズベリー・アーサー
 PVなので音源は既に収録済のものなんですが、それでも実際に歌って激しく暴れて…とにかく首も体もぶんぶん振り回して楽しくやらせてもらいました(笑)。完成したPVはまだ見られていないのですが、きっと最高に格好良い仕上がりのはず!

 この熱量を更にあげて、早く生のライブで皆さんと共有したい!楽しみにしててくださいね!

■鈴木崚汰
 熱っ!漢っ!というのがピッタリの熱量で撮影していただきました。楽曲のカッコ良さもさることながら、PVの方もバチバチにキメてます(笑)。特に前衛的な部分と、ネィトらしい大人の色気が出る部分のメリハリを効かせられるよう工夫しました。

 どのように曲のリズムをとるかなど、キャストそれぞれの個性も出ているのかなと思いますので注目してご覧いただきたいです。
よろしくお願いします。

■広瀬裕也
 このような形の撮影は初めてだったのでとても緊張しました。しかしスタッフさん方が優しく導いてくださったので、自由に伸び伸びとできました。

 注目はやはり『熱量』と『汗』ですかね。熱量を身体全体で感じていただき、5人それぞれの表情やパフォーマンスを、まるでその場でLiveをしているような感覚になって楽しんでいただけたら嬉しいです。

 ビャクヤとして僕自身としてLIVEを楽しんだので、みんなと一緒に盛り上がりたいです。よろしくお願いします!!

■豊永利行
 アピールポイントは皆様に是非見つけて楽しんでいただきたいですが、久しぶりに激しく身体を動かしたので、体が産まれたての小馬みたいになりました(笑)。若者達とのエネルギッシュなロックをご堪能いただけたらと思います♪

作品情報

■5-Vocal-Band “EROSION”1stSingle「From a Spicy Peak」from CARNELIAN BLOOD
2020年7月22日(水)発売
価格:¥2,200(税抜)

【CD詳細】
00. (INTRO) Vigilante/EROSION
01. From a Spicy Peak /EROSION
02. Underdogs/EROSION
03. Voice Drama “Dangerous Brothers”

【出演】
トキシン:千葉翔也
ヨル:ランズベリー・アーサー
ネィト:鈴木崚汰
ビャクヤ:広瀬裕也
クレハ:豊永利行

Rejet公式Twitter:https://twitter.com/Rejet_info
Rejet公式LINE:https://line.me/R/ti/p/%40rpq5160o
Rejet公式サイト:http://rejet.jp/
Rejet公式通販サイト「SKiT Dolce」:http://skitdolce.jp/
ピタゴラスプロダクション公式サイト:http://marginal4.net/
CARNELIAN BLOODTwitter:http://rejetweb.jp/carnelianblood/

タグ