other_content

アニメ『忍たま乱太郎』原作まんが『落第忍者乱太郎』連載終了。33年の歴史に幕

2019.10.01 <PASH! PLUS>

 朝日学生新聞社が発行する日刊紙『朝日小学生新聞』で連載の尼子騒兵衛さんのまんが『落第忍者乱太郎』は、2019年10月1日から12月までの“傑作選”をもって朝日小学生新聞での33年の連載を終了する。

20191001_nintama_001

 朝日学生新聞社と、コミックスを発行する朝日新聞出版は『落第忍者乱太郎』の連載終了とコミックス65巻・完結版(11月30日発売予定)刊行にあわせて“乱太郎イラストコンテスト”を実施。

 尼子さんは、ことし1月に脳梗塞を発症。4月にスタート予定だったパート64の連載を延期してリハビリテーションにはげんできた。朝小編集部は、復帰を願い“傑作選”に切りかえて連載を続けてきたが、「毎日の連載は難しい」との尼子さんの判断を尊重して終了を決めた。

 傑作選は12月末まで。尼子さんの回復は順調で、来年4月からは月1回のペースで、落第忍者乱太郎のキャラクターによる新連載を準備中。

 1986年に朝日小学生新聞で連載が始まると、たちまち人気を集め、1993年にはNHKでアニメシリーズ『忍たま乱太郎』がスタート。映画やミュージカルにもなりました。コミックスの発行部数は、64巻で計930万部を突破している。

タグ