interview

ハナエ PASH!5月号インタビュー全文掲載!

2016.04.09

桜の簪を贈るシーンで号泣。
その感動を詞に込めたかった

──9曲目『桜ミコトバ』はコミック『神様はじめました』24巻の限定版に付くOADのエンディング曲にも使われていますが、今までハナエさんがアニメ『神様はじめました』で歌ってきた跳ねるような懐かしい感じのポップな曲とは違い、バラードなのですね。

 テーマソングということでお話をいただきましたが、すでに素敵なキャラクターソングはたくさんあります。そこで私に任せてくださったのならば、私の作り出すもので、アニメの魅力をもっと別の形で表現することはできないかと思いました。そして、私が『神様はじめました』に捧げたい想いって何だろうなって考えたら、シンプルに“感謝”だと思ったんですね。だから出会った人やすべての出会いに感謝して…って言葉で言うと、薄っぺらくなっちゃうんですけど(笑)、でもその想いと共に何回でも春を迎えられたらいいなと思いながら書きました。私は天の邪鬼だから、こういうきっかけがなかったら、感謝の気持ちなんて書かなかったかも知れないです(笑)。 
 また、OADの物語が巴衛と奈々生の過去を描いたものになっていて、内容がとにかく切ないんです。それに、今までの伏線を回収する話にもなっているので、アニメ第1期や第2期も思い返せるよう、余韻の残る曲にしたいと思いました。

──歌詞を書くにあたり、原作でカギとなったシーンはありますか?

 巴衛が奈々生に桜の簪(かんざし)をプレゼントするシーンがあって、それが2人の約束を繋ぐ重要なアイテムになっているんですけど、実は過去にも巴衛が桜の簪を贈っていて。簪を贈ったのは遠い昔だけど、髪を結ってあげてるのは現在、その行為が1年に数日しか咲かない桜が、時を経ても春には変わらず花を咲かせることとリンクしてロマンティックに感じたので、どうしても歌詞やタイトルに「桜」という言葉を使いたいなと思いました。原作を読んでダラダラと大泣きしたシーンです。

hanae7

──そういえば、ジャケットにも桜が盛り込まれていますね。

 表のテーマは、ステージに立つ前の女の子の舞台裏の姿をイメージしています。可愛さのなかに少し毒を含みたくて、メイクも強めにしてみました。裏テーマは「和洋折衷」。『神様はじめました』のときとは違う「日本らしさ」を表現してみたくて、洋のテイストも盛り込んでいます。あと、私物がいくつも登場しています。インナースリーブにある写真のネコミミや舞踏会の仮面も私物で、衝動買いしたものがここで役に立ちました(笑)。

──そして最後の曲「SHOW GIRL」で、明るいまま終わっていくんだなって思いました。

 明るいと見せ掛けてちょっと切ないんです(笑)。この曲は「何があっても生きていくんだよ」ってことを伝えたくて。だから切ないんですけど、ポジティブ な歌詞にしたかったんですね。デモのときからブラスが入っていて楽しい曲だったので、「イエーイ!」とか思いながら、家で踊りながら書きました(笑)。そういうフラットな気分のときに出てくる言葉って、むしろ自分の心から思ってることかもしれないです。毎日、ハッピーなんて無理だけど、それでも「It’s alright」って信じたい。切なさを抱きしめているからこその前向きな曲になったんじゃないかと思います。

──全曲解説ありがとうございました! では今後、アーティストとして、チャレンジしてみたい構想や夢はありますか?

 歌手としてはもっといろんな人にアルバムを届けて、もっともっと大きなところでライブがやりたいです。それこそショーみたいなセットを作り込んで、みんなを夢の世界に招待できるような、ライブができるようになりたいですね。あと、他の方に詞の提供をしてみたいですね。例えば、男性アーティストに歌詞を書くなら、また違うシチュエーションや言葉がいろいろ出てくるだろうし。もっともっと、いろんな歌詞を書きたいと思っています!

──最後に、ファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

 楽しくて可愛らしい曲をたくさん詰め込んでみました。まだ聴いていない方も聴いていただけたら嬉しいです。そして6月には東名阪でライブをします。ぜひ、遊びに来てください!

 

Text=佐久間裕子 Photo=洲脇理恵(MAXPHOTO)

 

hanae55
●PROFILE
福岡県出身。研音所属。13歳のときにGreat Hunting(現ユニ バーサルミュージック新人発掘育成セクション)で担当者の目に留まり、 2011年6月メジャーデビュー。6月より東京、名古屋、大阪でライブを開催。
公式サイト:http://www.hanae-web.com/

●CD DATA
名称未設定-2
発売中。ユニバーサル ミュージック/初回生産限定盤3,888円(税込)、通常盤2,916円(税込)。OAD『神様はじめました』のエンディングテーマ『桜ミコトバ』を含む10曲を収録。初回生産限定盤には『小さな恋のものがたり』のMVや、初の海外公演のメイキング映像を収めたDVDが付く。

●LIVE INFO
「HANAE LIVE 2016 ~There’s no girl like SHOW GIRL~」

【名古屋公演】
公演日:2016年6月18日(土)
会 場:RAD HALL
時間:開場17:30 / 開演18:00

【大阪公演】
公演日:2016年6月19日(日)
会 場:OSAKA MUSE
時 間:開場16:30 / 開演17:00

【東京公演】
公演日:2016年6月25日(土)
会 場:SHINJUKU ReNY
時 間:開場17:00 / 開演18:00

【各公演共通】
料 金:¥4,000(税込)
※オールスタンディング
※入場整理番号付
※ドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可
チケット:ホームページ先行(受付期間:2016年4月7(木)18:00 ~ 4月13日(水)23:00)
サイト:http://www.hanae-web.com/hanae-live-2016-06/index.php

タグ

オススメ
あわせて読みたい