stage_movie

『機動戦士ガンダム』実写映画化が決定!『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツが監督に

2021.04.13 <PASH! PLUS>

 株式会社サンライズと、数々の映画を世界的大ヒットに導いてきたLEGENDARYが、この度、 史上初となるネットフリックス向け映画として『機動戦士ガンダム』シリーズの実写映画を共同制作すると発表。ジョーダン・ヴォート=ロバーツ氏が監督を務めることがわかった。

20210413_gundam_001

 「機動戦士ガンダム」シリーズとは、1979年にTV放送された作品。ロボットを「モビルスーツ」という「兵器」として扱ったリアルな戦争描写や宇宙を舞台にした緻密な科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマで、それまでのロボットアニメの潮流であった勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立し、一大ブームを巻き起こした。それから約40年にわたり、時代に沿ったテーマを内包しながらTVシリーズ、劇場版、OVA(オリジナルビデオアニメ)とさまざまな形で発展し、ガンダムシリーズとして熱い支持を得ている。

 実写映画の脚本はブライアン・K・ヴォーン氏、エグゼクティブプデューサーを LEGENDARYのケールボイター氏が務める。そして監督に『キングコング:髑髏島の巨神』(2017 年公開/LEGENDARY 制作)で長編映画デビューをしたジョーダン・ヴォート=ロバーツ氏を迎え、実写映画として新たな魅力を創出する。

 実写映画の内容はまだ明かされていないが、『機動戦士ガンダム』シリーズの歴代作品で描かれてきた、対立と愛、そして人型兵器「モビルスーツ」を操縦するパイロットたちの戦いを通じた人間ドラマを本作でも踏襲しながら制作中。ネットフリックスが映画を全世界(中国以外)にてリリースし、レジェンダリーが中国 でディストリビューションを行うことで全世界へ向けてガンダムの新しい魅力をア ピールする。

©創通・サンライズ

タグ