『AD-LIVE 2021』下野紘&前野智昭の10月9日昼公演レポート。出演のたびにキレを増すふたりの予測不能な衝撃即興舞台劇!!

2021.11.27 <PASH! PLUS>

 鈴村健一さんが総合プロデューサーを務める、すべてをアドリブで紡ぐ舞台劇『AD-LIVE(アドリブ)』。13年目となる今年のテーマは“if~建前と本音~”。例年と違い舞台は二幕構成で、メインキャストたちは同じ設定で一幕では“建前”を、二幕では“本音”を演じます。さらに事前のくじ引きで5つの演出ギミックと、一幕目のオチが決められます。このように新しい試みが盛り沢山の『AD-LIVE 2021』は、これまでより一層、熱量を増して上演されています。

AD2021_key_KV-1

 公演ごとに全く違った物語が紡がれるので、どの公演も見逃し厳禁ですが……、ここでは今年の公演で唯一の出演経験者同士のペア、下野紘さんと前野智昭さんによる10月9日昼公演の様子をレポートします。『AD-LIVE』のベテランと言っても過言ではないふたりによって紡がれる物語はどんな展開を見せるのか。想像するほど期待に胸が膨らみます!!

 物語の舞台はホテル王“叶夢之助”が創業した“あなたの夢をサポートする会社”、“夢之助本舗”。そこへ夢を叶えに来たお客さんと夢之助本舗のスタッフが物語を紡いでいきます。

 お客さんが“建前”の夢を語る第一幕と、“本音”を解放する第二幕。同じ設定で始まっても建前と本音のどちらを選ぶかによって全く違った結末に向かう二段構えの物語は、本音を探るミステリーのようでもあり、ドキドキしながら見入ってしまいます。

 サイト上で公開された開幕直前コメントでは、ちょっと不安そうな下野さんとアドリブワードの引きを良くするために“徳を積んできた”と自信を見せる前野さんの姿が対照的でしたが、“今回も必ず面白くする”という意気込みはふたりとも同じ。ますます期待が高まります。

 事前のくじ引きでは、“カウントダウンが始まる”、“爆発音が聞こえる”、“どこかが発光する”、“警報が鳴る”、“館内アナウンスが流れる”と何となく不穏な5つのアクシデントと“部屋を出て行く”という一幕目のオチが決まりました。これらをふまえてふたりがどんなキャラクターを作ってくるのかが大きな見どころになりそうです。

1009

※レポート内“【】”はアドリブワード

アドリブワードを華麗にさばく下野紘と前野智昭。そのたびに物語は予測不能の展開を見せる。何が起こるか分からない衝撃の第一幕!!

 今回の配役は夢之助本舗に訪れるお客さん役と夢之助本舗のスタッフ役があり、昼と夜の公演で役割を入れ替えて演じられます。昼公演では下野紘さんがお客の“安達優介”を演じ、前野智昭さんはスタッフの“久我ミツヒロ”を演じます。

 また、夢之助本舗のマスコットキャラクター兼サポートAIの“ユメノスケ”のキャラクターボイスとして鈴村健一さんも参加し、物語の展開をサポートします。

 暗く幻想的な舞台で、「ありがとー!!」と安達優介(下野紘)が熱く叫びます。これはある日の結末なのだそうです。その一日の物語を初めから見ていくという形で第一幕の幕が上がります。

 舞台中央には“起、承、転、結”と書かれた奇妙な時計と叶夢之助の肖像画があります。今日から夢之助本舗で働き始める久我ミツヒロ(前野智昭)は肖像画に一礼し、スタッフマニュアルを見ています。そこにやって来たのがお客さんの安達。彼はどこか気弱そうな青年で、おどおどとした様子で店に入ってきます。

 久我はさっそくアドリブワードを引き、「【レッツ合言葉!】」と安達に合言葉を求めます。安達は「【消えちまえ悲しみ】」とアドリブワードで答えますが、どうやら正しい合言葉は夢之助本舗の理念“夢を生きる 夢と生きる”だったようです。

 壁にはその言葉が書かれた掛け軸もかけられていて、まさに“夢をサポートする会社”という雰囲気が舞台から伝わってきます。

 夢之助本舗で叶えたい夢は“定職に就くこと”だと安達は言います。安達の夢が判明したところにサポートAIのユメノスケ(CV:鈴村健一)が登場します。初対面のユメノスケに、安達はまたおどおどとしてしまいます。

001

002

003

 緊張した安達に「とりあえず【踊らないか?】」と久我は緊張をほぐすリラックス法の一つを提案し、一緒に踊ります。微笑ましくてカワイイ“ぽんぽこダンス”に、会場からは盛大な拍手が沸き起こりました。

 踊っているうちに、「心がぐにゃんぐにゃんしてきた。【これいけんじゃね?】」と安達のテンションが高まっていきます。そして、いよいよ夢を叶えるための計画が始まります。

004

005

 しばらくすると久我は準備のため、ユメノスケと一緒に別室に姿を消し、代わりに“スーパー就職アドバイザー”の一 流太郎(イチ リュウタロウ/演:安田ユーシさん)がやってきます。個性的で圧が強い一に戸惑いながらも、安達は名刺の出し方やスタンプ早押しを教わります。

 夢之助本舗が用意した夢を叶えるためのドリームセットも駆使し、徐々に“定職に就く”という夢の実現へと向かう安達。けれども、あまり浮かない様子です。本当に就職は彼の夢なのでしょうか?

 そのとき、警報が鳴り、壁にある棚が発光します。棚の戸を開いた安達は驚きます。中には、安達の父と祖父の写真が入っていたのです! 「【そこだ!】」と、いまこそ本心をさらけ出すときだと安達に迫る久我に、安達は「僕、自分の心にフタをしてました。それを【鉄パイプ】でぶち破って、そしたらまたここに来ます!」と夢之助本舗を出て行ってしまいます。

006

007

鉄パイプでぶち破った下に隠れている本音は? そして、舞台冒頭の“ありがとー!!”の意味とは? 本当の夢を追いかける第二幕!!

 カチカチ、カチカチと再び針が動き出し、二幕がスタート。一幕同様に緊張して夢之助本舗にやってきた安達に、久我は「【とりま、ガンバ】」とエールを送ります。しかし、安達は口に出せない本音を飲み下そうとするように、ペットボトルの水を一気飲みします。

 そこへユメノスケが現れます。ユメノスケは安達が何かを押し隠しているのを感じ取っているらしく、久我に頑張って安達を支えてやるよう言います。

 久我は安達から詳しい話を聞こうとします。すると、安達は家族の話を始めます。安達には自由奔放な祖父がいて、真面目な父はそんな祖父と対立していたというのです。

 その反動で安達は厳しく育てられ、“祖父のような人間にはなるな”という親の意向で定職に就こうとしていたことが判明します。“建前”の一幕目ではずっと“定職に就く”のが夢だと自分を偽っていた安達ですが、“本音”の二幕目ではそれが本当の夢ではなかったと認めます。果たして、安達の本当の夢とは…?

 また二幕ではおなじみの即興ソングも!この即興ソングには曲名を含め、8枚ものアドリブワードが盛り込まれました。引いたワードを瞬時に歌に組み入れていく下野さんと即興で裏で曲を弾くスタッフの神ワザに震えがこみ上げます!!

008

009

010

完全燃焼した出演者たちが公演を振り返るアフタートーク

 公演後のアフタートークでは、鈴村健一さん、下野紘さん、前野智昭さん、彩-LIVEの安田ユーシさんが公演を振り返りました。「やり切ったね」と言う鈴村さんに、「やり切りました」と満足げな下野さん。

 二幕目のために本心を隠し続けていた下野さんに対して、前野さんは下野さんの考えている展開を深読みしながらパスを送り続けていたそうです。そのパスの的確さに下野さんは何度も感謝を口にしました。また、鈴村さんは“名刺返し”という技を編み出して会場中の笑いをさらった一流太郎を絶賛していました。

 『AD-LIVE』はベテランの域に達しつつある下野さん(出演4回目)と前野さん(出演3回目)。ですが、安定するのではなく、どんどん型を破って新たな境地に突き進んでいくふたり。即興でありながら計算されつくした舞台は、ドキドキ、ワクワク、見ごたえ抜群でした。

 また、ところどころに過去の公演の物語やキャラクターが絡んでいたりもするので、どのように物語がリンクしているのか過去の公演もじっくりと見返してみたくなる10月9日昼公演でした。

“AD-LIVE 2021”Blu-ray&DVD発売決定!

■2022年3月16日(水)発売
第1巻(木村 昴×杉田智和)/第2巻(諏訪部順一×吉野裕行)
■2022年4月20日(水)発売
第3巻(畠中 祐×八代 拓)/第4巻(榎木淳弥×森久保祥太郎)
■2022年5月18日(水)発売
第5巻(下野 紘×前野智昭)/第6巻(蒼井翔太×安元洋貴)

通常版

仕様:本編ディスク2枚組
価格:各7,500円+税(Blu-ray/DVD共通価格)
特製ブックレット/オーディオコメンタリー(夜公演)/特典映像(CM、PV)※各巻共通

アニメイト限定セット

仕様:通常版+特典DVD
価格:各8,000円+税(Blu-ray/DVD共通価格)
「CAST AFTER TALK”:各公演終了直後の出演者による対談映像
「YUMENOSUKE MAKING TOUR”:ユメノスケ(CV.鈴村健一)が、各公演の舞台セットや準備の様子をお届け!

第1巻:Blu-ray:ANSX-10221~2/DVD:ANSB-10221~2
第2巻:Blu-ray:ANSX-10223~4/DVD:ANSB-10223~4
第3巻:Blu-ray:ANSX-10225~6/DVD:ANSB-10225~6
第4巻:Blu-ray:ANSX-10227~8/DVD:ANSB-10227~8
第5巻:Blu-ray:ANSX-10229~30/DVD:ANSB-10229~30
第6巻:Blu-ray:ANSX-10231~2/DVD:ANSB-10231~2

※商品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。/パッケージジャケットは後日公開

■特典情報

アニメイト限定セット早期予約特典

 2022年1月10日(月)までに、アニメイト店舗(オンライン含む)でアニメイト限定セットをご予約いただいたお客様に、“AD-LIVE 2021”B3ミニポスターをプレゼント!(公演出演者ごと・全6種)

01

※ご予約いただいた巻数と同じ出演者のポスターをお渡し致します。
※特典のお渡しは商品お引取り時になります。

アニメイト各巻購入特典

公演衣装ブロマイド【昼公演】(公演出演者ごと・全6種)
※特典のお渡しは商品の発送と同時になります。

ANIPLEX+各巻購入特典

 公演衣装ブロマイド【夜公演】&木製コースター(公演出演者ごと・全6種)
※特典のお渡しは商品の発送と同時になります。

文/渡辺晴陽

(C) AD-LIVE Project

タグ