ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』『AnimeJapan 2016』ステージイベント速報レポート到着!

2016.03.26 <PASH! PLUS>

豪華声優陣登壇! Wアニメ化に1,500人のファン熱狂!

ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』『AnimeJapan 2016』ステージ

 2016年3月26日(土)、東京国際展示場にて開催された『AnimeJapan 2016』REDステージにて、『刀剣乱舞-ONLINE-』のイベントステージの速報レポートが入ったので、さっそく紹介しよう!

 ステージには、ボイスキャストを務める鳥海浩輔(三日月宗近役)、前野智昭(山姥切国広役)、石川界人(歌仙兼定役)、興津和幸(蜂須賀虎徹役)、濱 健人(陸奥守吉行役)、市来光弘(大和守安定役)と、当日のサプライズゲストで増田俊樹(加州清光役)ら7名の豪華キャスト陣が登場。約1,500人のファンがステージに集結し、大歓声が起こりました。

『刀剣乱舞-ONLINE-』についての紹介コーナーでは、DMMゲームズの花澤雄太(エグゼクティブプロデューサー)と、ニトロプラスのでじたろう(原作プロデューサー)がゲストで登壇。サービス開始から1周年を迎える本作について、花澤プロデューサーより、ファンへの感謝の言葉を含め、心境が語られました。でじたろうプロデューサーは、本作と神社や博物館など、さまざまな分野でのコラボが実現し、たくさんの方に企画を楽しんでいただいたことを振り返り、1周年を迎えての感謝が語られました。

 刀剣男士を演じるキャスト陣からは、収録時の様子を振り返りつつ、キャラクターを演じての感想や、演じる際に気をつけたことなど、キャスト陣の視点からみた刀剣男士たちの魅力を伝えました。「安定は見た目は穏やかですが、戦闘になると気性が激しく“首落ちて死ね!”という台詞には驚かされました」(市来さん)、「かわいくしていないと使ってもらえないんじゃないかという、セリフの背後にある清光が持つ不安な気持ちを想像しました」(増田さん)。

toukenibe20160326_02

 本作の紹介がたっぷりと語られたあと、ゲームのナビゲートキャラクターの「こんのすけ」がステージに登場。でじたろうプロデューサーとともに本日最大の告知コーナーへと移ります。ステージに映し出されたのは、『刀剣乱舞』アニメ化の告知映像。本作のWアニメ化の制作が決定し、まず『刀剣乱舞-花丸-』は、2016年10月よりテレビアニメが放送、さらに『刀剣乱舞(仮題)』が、2017年に放送決定となりました。このサプライズニュースに、集まったファンが大きく沸きました。

Ⓒ2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会 紙 Ⓒ2015 DMMゲームズ/Nitroplus Ⓒufotable

Ⓒ2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会 紙 Ⓒ2015 DMMゲームズ/Nitroplus Ⓒufotable

 今回のWアニメ化に関しては、「さまざまな刀剣乱舞を楽しんでいただき、好きなものを選んでいただきたい。私も敬愛する2つの制作会社さんがどのような本丸を描くのか、皆さんもぜひ期待してください」と、2作品の映像化が実現した背景が、でじたろうプロデューサーから語られました。

 最後に、会場に集まったファンへの感謝と、今後の応援への期待を込めたキャストによる挨拶へ。「皆さんの応援のお蔭でアニメ化が実現しました、引き続き刀剣乱舞の応援をよろしくお願いします」(鳥海さん)、「動いている彼らを演じていけるのは、本当に声優としてうれしく思っています」(石川さん)など、キャストのコメントのたび大きな拍手が起こり、大盛況のうちにステージは終了しました。

タグ