other_content

『名探偵コナン』コミックス100巻お祝いタペストリーが登場! 展示されている場所は?

2021.10.18 <PASH! PLUS>

 鳥取県出身の漫画家・青山剛昌先生の作品「名探偵コナン」は、1994年に週刊少年サンデーで連載を開始して以来今年で28年目を迎え、コミックスは全世界25以上の国と地域で累計2億3,000万冊以上発行されるなど、大変多くの方々に愛されている国民的漫画です。

 そんな超人気漫画である名探偵コナンが、10月18日ついにコミックスの100巻発刊という偉業を達成されました。鳥取県では、この喜ばしい出来事を称えお祝いの気持ちを表すため「100巻お祝いタペストリー」を鳥取砂丘コナン空港に展示することとし、10月18日にお披露目式を開催しました。

02

 なお、これを記念して抽選でコナングッズが当たる「ツイッターフォロー&リツイートキャンペーン」を実施します。

01

▲お披露目式の様子(写真右から江戸川コナン君、鳥取県知事平井伸治。2021年10月18日鳥取砂丘コナン空港にて)

■名探偵コナンコミックス100巻お祝いタペストリーお披露目式

日時:2021年10月18日13:00~13:20
場所:鳥取砂丘コナン空港 国際線ターミナル1F「コナンホール」
出演者:鳥取県知事平井伸治、江戸川コナン君
内容:知事挨拶、コナン君登場、100巻お祝いタペストリー披露、怪盗キッドオブジェ移設発表

■お祝いタペストリーの見どころ

05

※タペストリーは2022年2月末まで展示します。
※タペストリーのサイズ:横幅6m、高さ3.3m

左半分:100巻記念ロゴ

 名探偵コナンコミックス100巻記念ロゴを使用しています。コナン君が100という数字を持ち上げる様子を描いたイラストで、小さな体で「100」という大きな数字を一生懸命に持ち上げるコナン君の姿に、愛らしさとともに100巻到達という偉業の重みが感じられます。

右半分:鳥取砂丘コナン空港の紹介

 鳥取砂丘コナン空港のメインビジュアル(制服姿のコナン君と蘭ちゃん)、メインビジュアルをオブジェ化した「シンボルオブジェ」、今春新たに登場した人気キャラクター「赤井秀一カラーオブジェ」を紹介しています。

 メインビジュアルは愛称化の折に青山先生が描き下ろしてくださいました。

■ツイッターフォロー&リツイートキャンペーン

 100巻お祝いタペストリーの登場を記念して「ツイッターフォロー&リツイートキャンペーン」を実施。詳しくはこちらをご参照ください。

■まんが王国とっとり/コナンにまつわる最新の話題

コナン空港「怪盗キッドカラーオブジェ」移設

 現在、国際線ターミナル3Fに設置されている「怪盗キッドカラーオブジェ」を、より多くの方々にご覧いただけるよう国内線ターミナル1Fに移設します。

 移設後は吹抜けの位置に設置するため、怪盗キッドの凛々しい姿を、上からも下からもご覧いただけるようになります。新たな怪盗キッドは11月17日公開の予定です。

03

コナン列車リニューアル「探偵車両」運行開始

 JR山陰本線の鳥取~米子間を中心に運行する「コナン列車」が新デザイン「探偵車両」にリニューアル。「探偵が勢揃い」をテーマに安室透や服部平次など8キャラが新たに登場しました。

 9月18日鳥取駅で出発式を開催、多くのファンから喜びの声が上がっています。

04

(C)青山剛昌/小学館

タグ