other_content

「週刊少年ジャンプ」史上最強のギャグ漫画はどの作品!?『斉木楠雄のΨ難』『こち亀』を抑えて1位になったのは…

2021.06.21 <PASH! PLUS>

 gooランキングにて、1968年の創刊の人気漫画誌『週刊少年ジャンプ』(以下、 ジャンプ)をテーマに、ジャンプ史上最強のギャグ漫画はどの作品なのかについて調査・ランキング化された。

20210621_jamp_001

 以下、リリース文をそのまま掲載。

【集計方法】
gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、 gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,253票
集計期間:2021年1月15日~2021年1月29日

■1位は 『銀魂』

 2019年6月、 惜しまれつつも約15年半の連載に幕を下ろした人気漫画『銀魂』。 宇宙から襲来した異人「天人」の台頭と廃刀令によって侍が衰退の一途をたどる江戸を舞台に、 侍の魂を心に宿す男・坂田銀時の活躍を描くSF時代劇です。本作は、 万事屋の主人・銀時と従業員の神楽、 志村新八の3人を軸に物語が展開しますが、 脇を固めるキャラクターも皆くせ者ばかり。 彼らのハイテンションなやり取りと、 次々と飛び出す下ネタやパロディーは、 一度ハマるとくせになってしまいそうですよね。掲載先を変えながら完結予定を二度にわたって延期するなど、 最後まで読者をハラハラさせ続けた人気作、 『銀魂』が1位となりました。

■2位は 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

 1976年9月から連載を開始し、 40年間一度も休載することなく2016年9月に完結した伝説的作品『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。 刊行された単行本は200巻におよび、 「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されています。本作の主人公・両津勘吉は、 お金もうけが大好きという型破りな派出所勤務の警察官。 お目付役の上司・大原部長や同僚の中川、 麗子ら派出所のメンバー、 下町の住民たちと共に繰り広げるドタバタとした日常が、 人情味たっぷりに描かれます。メインキャラクター以外にも特殊刑事課の刑事や爆竜家など、 魅力的なサブキャラクターを挙げればきりのない名作。 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が2位となりました。

■3位は 『斉木楠雄のΨ難』

 2012年~2018年にかけて連載され、 アニメ化のほか、 人気俳優・山崎賢人の主演で実写映画も制作された『斉木楠雄のΨ難』。 生まれながらの超能力者である主人公・斉木楠雄と、 彼を取り巻く人々の日常を描いた学園コメディーです。超能力を「自らに災難を呼び込む不幸の元凶」と考えている楠雄。 超能力者と悟られないようにひっそりと暮らすことを望んでいますが、 脳天気な両親や一風変わったクラスメートなど、 周囲が起こす騒動に毎回巻き込まれてしまいます。自身の望みとはほど遠い、 にぎやかな日々に苦悩する主人公の姿につい笑ってしまう『斉木楠雄のΨ難』が3位となりました。

4位以下はこちら:https://ranking.goo.ne.jp/column/7150/

※記載されているサービス名および商品名などは、 各社の登録商標または商標です。

タグ