music_cd

関智一が「バビロニア創世神話」「ギルガメシュ叙事詩」を読む!オーディオブック発売が決定

2020.08.27 <PASH! PLUS>

 古代オリエント博物館が監修・制作する朗読シリーズ第2弾として、「朗読エヌマ・エリシュ~バビロニア創世神話」と「ギルガメシュ叙事詩~洪水物語」のオーディオブック発売が決定。声優の関智一がナレーターを務めることがわかった。

20200827_seki_001

 「エヌマ・エリシュ」で描かれるのは、バビロニアを舞台とした人類の始まりの物語。私たちが住むこの世界はどのようにして造られ、人間はどこから来たのか。古代より誰もが思うこの問いに、古代オリエントの人々はさまざまな神話をもって答えた。その中で最も有名な神話であり、最大の物語が「エヌマ・エリシュ」。今回のオーディオブックにあわせて、同館館長月本昭男によりアッカド語の原典から日本語へと翻訳された。

 およそ3200年前に編まれた物語が、関による情感たっぷりのナレーションで、1時間超の本格的なオーディオブックとして生まれ変わる。

20200827_seki_002

 あわせて同時収録されているのが、古代オリエントの英雄物語であるギルガメシュ叙事詩の中で語られる「洪水物語」。「エヌマ・エリシュ」は、神が世界と人間を創造する話であるのに対し、「洪水物語」はその後増えすぎた人類を神が滅ぼさんとする話に。二作品を通して、まさに神と人間の物語として楽しめるものとなっている。

■一部先行公開

 今回の発表を受けて、関よりコメントが到着。以下にて紹介する。

■関智一
 前作から応援してくださっている方もそうでない方も楽しめる内容になっておりますので、ぜひ傍に置いてバビロニアの歴史を身近に感じていただけると嬉しいです。もちろんゲームやアニメからバビロニアの世界観に興味を持った方でも楽しめる内容になっていますので、ぜひお願いします。

 オーディオブック発売を記念して、古代オリエント博物館(豊島区)では9月5日から10月25日の期間にコーナー展示「エヌマ・エリシュ:古代メソポタミアの天地創造ものがたり」が開催。ポスターや神話ゆかりの都市バビロンの遺跡模型などで本神話が紹介される。

 また、今回の神話の翻訳者であり同館館長である月本昭男による特別講演「エヌマ・エリシュ 古代メソポタミアの天地創造神話とその現代性」(申込み制、無料)のオンライン配信が9月21日に実施される。

 朗読CD「エヌマ・エリシュ~バビロニア創世神話」&「ギルガメシュ叙事詩~洪水物語」は、本日よりECサイトにて予約販売を開始。CD版は池袋サンシャインシティ文化会館ビル7階の古代オリエント博物館ミュージアムショップでも9月28日以降取り扱うとのこと。また、同じくスマートフォンアプリ「Pokke」上でアプリ版の同コンテンツを購入・視聴できるように。「Pokke」では音声コンテンツをアプリ内にダウンロードできるので、何度でも聴くことができる。

■「朗読エヌマ・エリシュ~バビロニア創世神話」&「ギルガメシュ叙事詩~洪水物語」

【CD版(台本冊子付き)】
価格:3,000円(税込)
予約発売日:8/27
発売日:9/28(予定)
購入方法:古代オリエント博物館内で購入または特設サイト(https://pokkeweb.thebase.in/
内容:朗読CDおよび台本冊子
台本冊子:約44ページ。本ナレーションの全朗読文が記載されています。
※アプリ版は視聴できません
※初回500部に関しては初回限定特典として限定ポストカードが付属します。

20200827_seki_003

【アプリ版】
価格:価格1,480円(税込)
予約発売日:8/27
発売日:9/28
購入方法:Pokkeアプリをダウンロード後、アプリ内課金
iPhone版:https://bit.ly/2yYrUE1
Android版:https://bit.ly/2NZeIEp
※台本冊子は付属しません
※スマートフォンまたはタブレットが必要です
※一度アプリ内で購入すればアプリ上で何度でも聴くことができます。
※アプリ内ダウンロードをすることでオフラインでも聞くことができます。

20200827_seki_004

■古代オリエント博物館 概要

◆常設展
【一般】:600円
【大・高校生】:500円
【中・小学生】:200円

◆期間
【コーナー展示】
古代メソポタミアの天地創造神話「エヌマ・エリシュ」
9月5日(土)〜10月25日(日)

◆開館時間
10:00~16時30分(最終入館16時まで)

◆場所
東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館ビル7階

公式サイト:http://aom-tokyo.com/index.html

タグ