music_cd

内田雄馬、古川慎、石川界人ら最新作「DIG-ROCK ―DUEL FES― Vol.3」の聴きどころを語る!オフィシャルインタビュー到着

2020.08.26 <PASH! PLUS>

 ドラマCDレーベル「MintLip(ミントリップ)」にてリリース中の【バンド物語】『DIG-ROCK(ディグロック)』から、待望の両バンドが出会う続編ドラマCD「―DUEL FES―」シリーズの最新作「DIG-ROCK ―DUEL FES― Vol.3」が8月26日(水)に発売。この度、内田雄馬、羽多野渉、立花慎之介、古川慎、石川界人のオフィシャルインタビューが到着した。

20200826_dig_006

 本作は、数々の人気タレントが所属する芸能事務所「DIGNITY PRODUCTION(ディグニティ プロダクション)」を舞台に、人気インディーズバンドとして活躍し事務所所属となった「Impish Crow(インピッシュ クロウ)」と、若者から圧倒的支持を集め、今一番勢いのある「RUBIA Leopard(ルビア レパード)」の二組のバンド物語を描くドラマCDシリーズ。

 今回発売されるVol.3には「RUBIA Leopaed」の新曲「Identity」も収録される。

インタビュー

――収録を終えてのご感想をお願いいたします。

内田:今回はルビレとの会話が多かったですね。アカネとボーカル同士で色んな交流をして、すごいと思う反面やっぱり負けたくない!という気持ちがあったりと、ツグミの可愛いところも結構見れて良かったと思います。周りもそういう関係を認めて見守ってるところがあって、なんだかんだ仲良いな……ってすごく嬉しかったです!

羽多野:シリーズを通して、ミツルくんは色んなキャラと会話をさせると面白いということがわかりました!新たな発見です。

立花:「DUEL FES」最後の一枚という事でしたが、今回もいろいろなキャラと会話できて物語を紡ぐことができたので楽しかったです。それに緊急事態宣言後の収録だったので、何人かキャストにも会えてうれしい収録になりました。

古川:アカネが丸くなってきている印象があります(笑)。同じバンドのメンバーに対しても思いやりとかやさしさがうっすら見えてきた気がするし、インクロメンバーに対しては対等な目線でありつつフォローをする場面も多くあり……。シリーズを通して、自然と面倒を見ることができる人っていう側面が見えてきたんじゃないかなと! この印象の変化も、新しいルビレを作っていくにあたって必要なものなのかもしれないですね。今後の彼自身の変化と、ルビレの楽曲や関係性、インクロとの関係性に注目していきたいなと思いました。

石川:今回の収録でクロノがどれだけこの一年で成長してきたのか肌で感じることができました。始まったばかりの頃はアカネさんしか見えていなかったのに、今では後輩に優しくできるほどになって感動を覚えています。また、マシロとの関係も険悪ではなく、喧嘩するほど仲がいい状態になっていて今後の活動が楽しみになりました。

20200826_dig_004

――今回の台本を読んでみて、気になったキャラクターの組み合わせはありましたか? また、ご自身が演じられているキャラクターともっと会話してほしい!というキャラクターはいますか?

内田:クロノさんは結構闇が深そうだったので気になります!個人的にクセが強そうだなって感じていて、意外に依存体質っぽいのかな?と……。なんでもやってくれそうに見えて、意外と一人だと生きていけなさそうな感じが気になりました(笑)。

羽多野:やっぱり同じベーシストのマシロですね。たじたじのマシロを攻めぬきたいです!(笑)

立花:僕的にはヒバリとクロノの話がもっとみたいですね。結構対照的な二人だと思うので、打ち解けるのか?それともわかり合えないままなのか?それをもっともっとみたいですし、演じてみたいです。

古川:ヒバリとの会話が面倒見の良さを一番感じて、結構好きな絡みでした。機会があれば、ミツルともっと絡んでみたいですね!

石川:今回のCDでミツルくんと会話した時にそこはかとない充実感を感じたので、もっと会話してみたいです。なんだかちょっと噛み合ってないのに、なんでか噛み合ってるような雰囲気が今後どうなって聞くのか楽しみです。

20200826_dig_001

――羽多野さん、立花さん、石川さんへの質問です。今回はVol.1でルビレのライブツアー「BLAST」が舞台になっておりましたが、もし好きな相手と好きなイベント(ライブでも可)が出来る!としたら、どんなイベントにしたいですか?

羽多野:インクロのメンバーと古代遺跡を巡るツアーをやりたいですね!

立花:ドリフターズの「8時だよ全員集合」みたいな、大がかりなコントをやってみたいですね。なので2人とかではなく、もっと大勢でやりたいです!!結構アカネとかノリノリでやりそうじゃないですか(笑)。

石川:現状ではみなさんの前に立てることだけで幸せですが、もし可能なら朗読をさせてもらえたら嬉しいです。それこそDIG-ROCKのメンバー全員で会場限定の朗読コーナーがあればそれだけでも感謝感激雨霰です。

20200826_dig_005

――内田さん、古川さんに質問です。今回のVol.3でインクロ、ルビレとしての各楽曲が「6曲」となりました!お互いの楽曲や歌の印象について御座いましたら、お聞かせください。

内田:インクロはわかりやすく「猪突猛進」というか、魂と勢いを感じる雰囲気があって、ルビレはどっちかというとフィールドが広い印象があります。どちらもそれぞれ良いのですが、ルビレの各セクション、パートがきちんと立っている空間の広いイメージが、色気に繋がっているんだろうな……とか思ったりしながら聴いています。

古川:ツグミのポジティブな歌声は、爽やかで突き抜けるような疾走感があるインクロの楽曲に非常に合いますよね。インクロだからこそできる楽曲表現だな、と思いながら聴かせていただいています。Vol.2に収録されたルビレが書いた曲をインクロが演奏したものが、今までよりも少しアダルティな印象がありましたよね。新しいインクロやツグミのパフォーマンスが見れたんじゃないかなと。ルビレの曲もどんどんテクニカルに難しくなってきていますし、これから各パートがどういう風に遊びを入れてくるのか気になっています。

20200826_dig_003

――最後にファンの皆様へコメントをお願いいたします。

内田:あっという間に「DUEL FES」シリーズが完結しましたが、DIG-ROCK的にはまだここからスタート!という空気が全然ありますね。バンド内はもちろん、お互いのバンドメンバーとも交流を深めて関係をつくりながら進んでいますし、更にここから成長していくと思います。この先も皆さんと一緒にDIG-ROCKを楽しめるように、ぜひ応援していただけたら嬉しいなと思っております!これからもDIG-ROCKをどうぞよろしくお願いいたします。

羽多野:2つのバンドが入り乱れての会話劇はとっても刺激的です!これからも応援のほど、よろしくお願い致します。

立花:今回のお話でまた違った角度から、それぞれのキャラが深掘りされたのではないかと思います。「DUEL FES」最後となりますが、存分に楽しんでください!!そしてこれからも応援の程、どうぞよろしくお願いします☆

古川:DIG-ROCKシリーズは本当に長く続いていて……、別現場の収録で佐藤さんとご一緒した時にも「すごい続いてるね」と話題になりました。ゆくゆくは別の媒体にも色々広がっていけばいいな~なんて妄想して楽しんでいます(笑)。このシリーズをずっと追ってくださっている皆様には本当に感謝ばかりでございます。物語の展開もこれからまた面白い内容になるんじゃないかと思っていますので、ぜひ今後にも期待していただけたらありがたいです。

石川:時任黒乃を演じました、石川界人です。今作は今まであまり絡んでこなかったキャラクター同士の掛け合いや、そもそもの信頼関係などが見える作品になっていると思います。DIG-ROCKのこれからの可能性や、積み上げてきたものがもっともっと大きくなることを予感させてくれます。今後とも応援のほどよろしくお願いします!

♪楽曲「Identity」収録時 古川さん

――今回の楽曲を聴いた時、歌詞を読んだ時の印象についてお聞かせください。

アカネからかなり一方的に気に入られているツグミやインクロなので、もしかして何かの嫌がらせで渡してきたのかと思うくらい、難しい曲でした(笑)。既存の楽曲をぶっ壊すような、テクニカルなリズムラインの楽曲だったなと印象深いです。ヒバリが作詞ということで、「ヒバリから見たルビレ」という歌詞がところどころに散りばめられていましたね。「空」「存在証明」といった歌詞は、インクロの若いバンドならではの葛藤などが表れている単語だなぁと感じました。アカネを意識して書いてくれていそうな歌詞や、ルビレを受け入れてくれてるんだなと思える部分もあって、歌詞を読んでいて非常に嬉しかったです。

――実際に歌ってみていかがでしたか?歌う際に意識されたことや聴きどころ等をお聞かせください。

それは、皆さんがよくわかっていると思います!(笑)僕自身こういうリズム感の楽曲を始めて聴きました。パワーコードをわざとずらしていて、歌メロとそれぞれで走っているのがBメロでクロスするんですけど、それが本当に大変でした。でも、そういうところでルビレとインクロを表現してるのかもしれないなぁと……。最近のアカネの歌は、常にハイで歌うものが増えているので大変です(笑)。

20200826_dig_002

作品情報

■DIG-ROCK ―DUEL FES―Vol.3
キャスト:
野中つぐみ(CV.内田雄馬)
葉山充弦(CV.羽多野 渉)
柴咲雲雀(CV.立花慎之介)
日暮 茜(CV.古川 慎)
時任黒乃(CV.石川界人)
品番:XFCD-0142
POS:4560372455281
価格:¥3,000+税
発売日:2020年8月26日(水)
発売元:ティームエンタテインメント

■イベント「DIG-ROCK -DIZZY GIG-」開催!(生配信)
日時:2020年9月6日(日)
開演: 17:00 

【CAST】
野中つぐみ 役:内田雄馬
水川叶希 役:江口拓也
葉山充弦 役:羽多野 渉
柴咲雲雀 役:立花慎之介
冬木真白 役:佐藤拓也
飛倉奏空 役:伊東健人
巌原獅紀 役:駒田 航

プレミアム会員 4,000 ニコニコポイント(税込 4,000円)
一般会員 4,600 ニコニコポイント(税込 4,600円)

配信、チケット購入ページ:https://live2.nicovideo.jp/watch/lv327517337?ref=sharetw_large
※本番組は期間中に1度だけ、生放送終了後に番組を視聴することが可能。
※タイムシフト視聴権は、視聴を開始した時点から「放送時間+24時間」が経過すると失効する。

ⒸMintLip

タグ