interview

アニメ『名探偵コナン ゼロの日常』古谷徹さんにインタビュー! 安室の意外な一面が明らかに……?

2022.05.17 <PASH! PLUS>

 TVアニメ『名探偵コナン ゼロの日常』は、『名探偵コナン」原作者・青山剛昌さんの完全監修、新井隆広さんが描く公式スピンオフ作品。公安・探偵・黒ずくめの組織と、3つの顔(トリプルフェイス)を持つ安室透の誰も知らない日常が描かれています。

 本記事では、『PASH!』6月号に掲載された降谷零/安室透/バーボン役・古谷徹さんへのインタビューの一部を特別に掲載します!

ab27869416f849e79b46d08735fb5c82

『ゼロの日常』を通して、降谷 零という人物をより深く演じられるようになった気がします:降谷零/安室透/バーボン役・古谷徹さんインタビュー

――『名探偵コナン ゼロの日常(ゼロの日常)』のアニメ化が決定したときの感想をお聞かせください。

 『名探偵コナン』のなかでは脇役である安室透がスポットを浴びて、彼が主人公の漫画が公式スピンオフという形で描かれて。

 さらにそれが今回アニメ化されたというのは、やはり安室透は人気があるということですから、僕にとってはものすごく嬉しかったです。

 ただ、コミックスが本編(『名探偵コナン』)並みに大ヒットしているので、責任重大ですし、プレッシャーもありました。

――では、古谷さんにとって『名探偵コナン』や安室透はどんな存在でしょう?

 『名探偵コナン』は僕自身元々ファンでしたし、その作品でかなり重要な役目を担わせていただくことになったのが本当に自慢です。僕は安室透が出てくるまで『探偵たちの鎮レクイエム魂歌』(劇場版第10作目)や『疑惑の天体観測』(TVシリーズ第143話)にも出演したのですが、その際は犯人役で(笑)。もちろんそれでも嬉しかったですよ。

 でもその後に、こんなにカッコいいイケメンキャラクターをやらせていただけることになって。しかもコナンくんと相棒のように事件を解決することもあるのが本当に喜ばしいし、ある意味、僕の夢が叶いました。

 一方、安室透に関しては、現代のヒーローであり、男の理想型なのかなと。スキルが多くて何でもできてしまうのがスゴい。それから老若男女問わず気配りができるところも素晴らしいですよね。見習うべきところがたくさんあります。

――ちなみに、安室が持つスキルのなかで一番羨ましいものは?

 料理ですね。僕もチャレンジはするんですけど、効率よく作るのが難しくて、大体最初に作ったものがひえひえに冷めちゃうんですよ。あと包丁が苦手で、リンゴの皮を剥いたら身がすごく減っちゃうタイプです……。レンジのボタンを押すくらいしか完璧にできません(笑)。

――『ゼロの日常』だからこそ見られる安室の魅力をお聞かせください。

 任務や事件と関係ない日常が多く描かれているので、最初にコミックスを読んだとき、安室透の表情が穏やかでタッチがソフトだなという印象を受けたんですよ。

 そのうえで、冷静さを欠いた表情、復讐に囚われている表情、我を忘れて没頭している表情、すべてを許してしまっている表情……といろいろな一面を見せていて。それはきっと、他の人に見られていない“ひとりきりの場面”が多く描かれているからだと思うんですよね。

 そのあたりは、僕からすると魅力になっているんじゃないかなと思います。あとは彼のスキルにも注目してほしいですね。大型バイクに乗るテクニックが描かれていたり、ギターの弾き語りがあったり、柔道で片手で相手を投げたりと、さまざまなスキルが明らかになります。

――そんななかで、安室に対して新たに知った一面はありましたか?

 実は寂しがり屋なのかな? と思うところがいくつもありまして、それが個人的にはある意味ショックでしたが共感できました。

 例えば、警察学校組のことを思い出して寂しい表情を見せるシーンなどでは、『名探偵コナン』本編だとあまり見られない孤独感みたいなものが描かれていましたよね。今回『ゼロの日常』でそういう場面も演じたことによって、僕自身、降谷零という人物をより深く演じられるようになった気がします。

――個人的には、ここでも『機動戦士ガンダム』をオマージュして「ハロ」という名前にしたのがさすがだなと思いました。(※『機動戦士ガンダム』シリーズにも「ハロ」という架空のロボットが登場します)

 そうですよね! どうしても「ハロ」にしたかったんじゃないですか? そのため、キーが変えられなくなっちゃったんだと思います。そういえば収録のときに、もうひとつ裏話がありまして……。

 最終的に日本の音名「ハニホヘトイロハ」にあわせて「ドはハ」「シはロ」で「ハロ」に決まったじゃないですか。でも僕、本番でなぜか「ドはシ」で「ハはロ」って言っちゃったんですよ(笑)。もう爆笑されましたね。なぜそう言ってしまったのかはいまだに謎です。

“PASH UP!”では電子版購読サービスを実施中!

 『PASH!』本誌の電子版購読サービスや電子版定期購読、電子版+特別付録の送付サービスなどを行っています。“記事の内容をもっと読みたい!”という方はぜひチェックしてみてくださいね!

01

【電子版およびオンラインショップ販売概要】
PASH UP!(電子版)
楽天ブックス
セブンネット
ヨドバシ.com
紀伊國屋書店
honto
アニメイトオンライン
TSUTAYA オンライン

アニメ『名探偵コナン ゼロの日常』公式サイト
アニメ『名探偵コナン ゼロの日常』公式Twitter
(C) 新井隆広・青山剛昌/小学館・『名探偵コナン ゼロの日常』製作委員会

タグ

オススメ
あわせて読みたい