interview

『ミュークルドリーミー』話題の「杉山先輩」を演じる小越勇輝に独占インタビュー!

2021.05.22 <PASH! PLUS>

 TVアニメ『ミュークルドリーミー みっくす!』が、この4月からテレビ東京系にて毎週日曜午前10時30分から放送中。本作は、中学2年生のゆめと空から落ちてきたこねこのぬいぐるみ・みゅーが一緒にドリーミーストーンを集めていくファンタジーアニメ『ミュークルドリーミー』の続編。ハローキティやシナモロール、アニメでは『ジュエルペット』などでおなじみのサンリオが原作を手掛けています。この度、『ミュークルドリーミー』と『ミュークルドリーミー みっくす!』で「杉山先輩」こと杉山遼仁(すぎやま はるひと)を演じる、小越勇輝さんにPASH!PLUSが独占インタビューを実施しました!

ogo

 『ミュークルドリーミー』で杉山先輩は、ゆめの通う「一五学園中等部」の生徒会長であり、男子テニス部の部長。学園にファンクラブがあるほどの人気を誇っている人物。そんな爽やかさを持つ一方で、実の弟・亮仁(あきひと)にコンプレックスを抱いており、そこを悪夢の女王・ライラに付け込まれ、悪夢活動に加担してしまう…といった闇のあるキャラクターでもありました。

20210521_md_001

 その活躍やギャップに、毎回放送後にはTwitterに「杉山先輩」がトレンド入りすることも。今回、小越さんには、そんな杉山先輩を1年間演じてみての感想を直撃。二面性のある杉山先輩を演じる上で「楽しかった」、そして「怖い」と語る理由とは?

小越勇輝インタビュー

――『ミュークルドリーミー』放送開始から1年。この1年を振り返ってみて、いかがですか?

 「もう1年経ったのか!」という、本当にあっという間だった気がします。1年前を振り返ると、サンリオさんの作品に参加できることが本当に嬉しかったことを覚えていますね。僕自身、幼い頃に『マイメロ』(『おねがいマイメロディ』2005年~放送)が好きで観ていたので。『マイメロ』の他にも朝のアニメはよく観ていたし、お子さんがたくさん見てくださる時間帯のアニメに出演できたことを光栄に思いました。

20210521_md_008

――『ミュークルドリーミー みっくす!』へ続くと聞いた時の印象は?

 初めて地上波のアニメで声優をやらせていただいた作品ですので、続いてくれて本当に嬉しいです。観て、応援してくださる皆さんがいてのことだと思うので、改めてそんな素晴らしい作品に参加できたことをありがたく感じました。

20210521_md_007

――改めて、『ミュークルドリーミー』という印象に抱いている印象を教えてください。

 色合いがすごくかわいいですよね。内容もすごく見やすくて面白いですし、またその中に良い意味での“悪ふざけ”も含んでいて、子どもたちだけじゃない、大人も楽しめるものになっているのが魅力だと思っています。

――では、1年間演じ続けた「杉山遼仁」については、どのような印象を持っていますか?

 さわやか、キラキラ、かっこいい! 女の子向けの作品には欠かせないキャラクターですよね。だからこそ、最初に杉山遼仁を演じると決まった時は「怖い」という気持ちになりました。幼い頃に観たアニメやキャラクターって、ずっと記憶に残るじゃないですか。僕が子どもたちの記憶に残る“憧れの先輩”を演じられるのだろうか…というプレッシャーは、今でもありますね。それでも、今観てくれている子どもたちが少し成長した時に「あの先輩かっこよかったな」って思ってくれるようにしたいと、日々色々考えて演じています。

20210521_md_009

――王子様的キャラクター、しかもテニス部という点が、小越さんにぴったりだと感じました。(小越さんはミュージカル『テニスの王子様2ndシーズン』で越前リョーマ役を務められました)これまでの経験で、演じやすかった部分もあったのでは?

 そうですね(笑)。キラキラしてかっこいいキャラクターを演じる機会は多かったので、その経験を踏まえて演じた部分はありました。しかし、ほぼ初めてに近い声のお仕事だったので、思い通りにいかなかったのがほとんどです。同じ「お芝居」でも、お芝居の仕方がまったく違うので…。“気持ちのやり取りをする”という根本にあるものは一緒なのですが、表現の仕方が違うので、本当に難しいです。今でも苦戦しています。

20210521_md_002

――杉山先輩はキラキラしている一方で、闇の要素も大きかったキャラクター。その演じ分けについてはいかがですか?

 僕はまだまだ声のテクニック的な部分が追い付いていないので、気持ちで切り替えて演じました。下手に低くしようとすると、自分の声質的に出なかったり、杉山先輩が暗く見えてしまったりしたので。「声を低くしよう」などのテクニックよりも、気持ちで闇を表現した部分が多かったです。

――そんな中でも、演じやすいと感じた部分や、杉山先輩に共感した部分はあったのでしょうか?

 演じやすかったというか、楽しかったのは「ナイト仮面」になった時。ある意味ふっきれました(笑)。

 共感したのは、悩みを人に見せないところ。ため込んでため込んで…杉山先輩は最終的にああいう形になりましたけど(笑)。僕もあまり人に相談せず、自分の中にため込むタイプなので、そういう部分は似ているかもしれないです。

20210521_md_004

――『ミュークルドリーミー』アニメ放送後に「杉山先輩」とTwitterのトレンドに入っていたことは知っていましたか?

 はい! 公式Twitterでつぶやいていたり、ファンの方が教えてくださったり、マネージャーさんから「入ってるよ」と連絡がきたり(笑)。それだけ『ミュークルドリーミー』という作品が注目されていて、杉山先輩が多くの方に興味を持たれているのを知れて、本当に嬉しかったですね。

――トレンドに入るほど、杉山先輩の名シーンは多かったように感じます。小越さんが『ミュークルドリーミー』の中で一番印象に残っているシーンはどこですか?

 やっぱり「ナイト仮面」になったところですね。ビジュアルもかなりインパクトがあったので(笑)。あとは、ゆに、つぎ&はぎとのやりとりが僕にとっても癒しでした。間違えて持ってきたフルーツを一緒に食べたり、良い子良い子しているシーンが印象に残っています。

20210521_md_005 20210521_md_006

――『ミュークルドリーミー みっくす!』では、弟・亮仁が活躍します。小越さん自身の亮仁への印象や想いも聞かせてください。

 「とうとう出てきたか!」という感じです。しかし、天才少年であり、アメリカに留学していたのに急に日本に帰ってきて、まさかの一五中に入ったのは「なんで!?」と驚きました(笑)。ここからどう杉山先輩と関わっていくのか、楽しみで仕方ないです。

――弟にコンプレックスを抱いていることなど、細かな設定は最初から知らされていたのでしょうか?

 弟がいること、弟の方が天才だということは聞いていたのですが、詳しいことはまったく聞いていませんでした。ストーリーが進むにつれ、色々とわかっていった形になります。弟の存在がわかった「杉山先輩のひみつ」(第37話)は、台本を読んで「杉山先輩、なんてかわいそうなんだ……」と悲しくなりました。放送された回を見ても、かわいそうすぎて…。でも、そんな亮仁の存在のおかげで、杉山先輩の感情がはっきり見えて、僕的にはすごくありがたいと思いましたね。

――小越さんは本作で初めてTVアニメの声優を務められました。1年間やってみて感じた、「声優」の仕事の魅力は?

 俳優業でも、現実ではありえないことを表現できることが楽しいと思っているのですが、アニメではよりありえないことを表現できるので、すごく楽しいです! そして、声優さんのすごさを改めて実感しました。どんなシーンでも、声1つで表現できるってすごいですよね。

――先ほど、「朝のアニメを良く観ていた」とおっしゃっていました。どんなアニメを観て育ってきたのか気になります!

 『マイメロ』は本当に好きでしたし、あとは『ONE PIECE』『おジャ魔女どれみ』『プリキュア』『金色のガッシュベル』『コロッケ!』……本当にたくさんのアニメを観て育ちました。今でもリアルタイムで観ているのは『名探偵コナン』。最近は配信でも観ることが多くなりました。『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『約束のネバーランド』も観ましたよ!

――小越さんは、多数の2.5次元舞台にも出演されました。『ミュークルドリーミー』はオリジナル作品ですが、原作がある作品は事前にチェックしてから演じられることが多いのでしょうか?

 原作を見て、演技のプランを練ることが多いですね。ただ、それは「漫画・小説原作」に限ります。アニメは自然と(声優さんの演技に)寄せてしまう気がして、見ないようにしています。文字や絵だけだと「このキャラってこういう声だろうな」と頭の中で想像して読むじゃないですか。僕の頭の中で繰り広げた表現をそのまま演技で再現できるようにしています。

――なるほど、ありがとうございます。最後に、アニメの放送を毎週楽しみにしている方に向けて、メッセージをお願い致します。

 『ミュークルドリーミー』が始まって、早1年。ここまで続いたのは、応援してくださる皆さんのおかげです。『ミュークルドリーミー みっくす!』も間違いなく皆さんをワクワク、楽しませてくれると思うので、引き続き応援よろしくお願いします!

(取材・文/米田果織)

作品情報

■TVアニメ『ミュークルドリーミー みっくす!』
テレビ東京系列にて毎週日曜午前10時30分から放送中

【スタッフ】
原作:サンリオ
監督:桜井弘明
シリーズ構成:金杉弘子
キャラクターデザイン:古木 舞
アニメーション制作: J.C.STAFF
企画協力:今 千秋

【キャスト】
みゅー:豊崎愛生
ちあ:市ノ瀬加那
ぺこ:久保ユリカ
すう:金元寿子
ねね:高野麻里佳
れい:田村睦心
ゆに:釘宮理恵
つぎ:久野美咲
はぎ:藤原夏海
日向ゆめ:村上奈津実
月島まいら:伊藤彩沙
今井ことこ:幸村恵理
安西ときわ:ファイルーズあい
南川朝陽:小林裕介
杉山亮仁:藤井ゆきよ
杉山遼仁:小越勇輝
ルシア:井上喜久子

TVアニメ『ミュークルドリーミー みっくす!』 公式サイト:mewkledreamy.com
公式Twitter:@mewkle_a
公式Instagram:https://www.instagram.com/mewkle_a/?hl=ja
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCLcfDoS5Vqa6Y9nM9P5im2g

©2021 SANRIO CO.,LTD. ミュークルドリーミー製作委員会 ・テレビ東京
©2021 SANRIO CO.,LTD. ミュークルドリーミー みっくす製作委員会・テレビ東京

 

タグ