stage_movie

ミュージカル『さよならソルシエ』主要キャスト&公演詳細決定!!

2015.10.28 <PASH! PLUS>

良知真次×平野良 ダブル主演!

Ⓒ穂積/小学館フラワーコミックスα Ⓒミュージカル『さよならソルシエ』プロジェクト

 2016年3月に舞台化が発表されたミュージカル『さよならソルシエ』の、主役キャスト2名と公演詳細が決定した。

 原作は『月刊フラワーズ』(小学館)にて2012~13年に連載された穂積の漫画で、『このマンガがすごい!』2014年オンナ編で堂々の1位を獲得しており、コミックスは全2巻で累計発行部数50万部を突破している。

 舞台は19世紀末のパリ。のちの天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、その弟で画壇界を席巻する天才画商のテオドルス・ファン・ゴッホ。兄と弟、2人のゴッホの確執と宿命、そして絆を描いた奇跡と感動の物語。

“2人のゴッホ”を演じるのは、テオドルス・ファン・ゴッホ役に東宝『ダンス オブ ヴァンパイア』などの大作から、ドラマ・映画・アーティスト活動などでジャンルを問わず幅広く活躍中で今、大注目の良知真次(らち・しんじ)。

sorcier_テオ_ma_R_20151028

《良知真次コメント》
 この作品は僕の役者人生で主演5作品目となります。主演としての責任と期待感を胸に、原作の表紙を開けたことを、役者として光栄に思います。『さよならソルシエ』のファンの皆様の世界観を壊さずに、アートとして、エンターテイメントとして、この舞台に1つずつ魂を吹き込んでいきたいと思います。1人の役者として、エンターテイナーとして、テオドルス・ファン・ゴッホを大切に演じきりたいと思います。

 最後に、劇場という空間を『さよならソルシエ』の世界に色を染めて、客席にいる皆様の心もまた鮮やかに染められたらと思います。ソルシエ(魔法使い)として…。お待ちしております。

 そしてフィンセント・ファン・ゴッホ役には、国民的TVドラマ『3年B組金八先生』第5シリーズで映像デビューを果たし、TVドラマ、映画にとどまらず現在は朗読劇『ハンサム落語』シリーズなどに出演し、多彩な才能を発揮する平野 良(ひらの・りょう)が務める。

sorcier_フィンセント__20151028

《平野 良コメント》
 まず、人気漫画原作のミュージカルに出演させていただくことに喜びと興奮を覚えています。ストーリーは、誰もが抱えている焦燥だったり羨む気持ちが交差するので一つずつ嘘をつかず誠を積み重ねていかないと伝えられないと思います。しかしその根本は愛だと感じているので、僕も愛情たっぷりに作品と向き合っていきたいです。

 課題は、フィンセントは太陽のような大らかさがある人物なので、芝居や振る舞いはもちろん歌でも表現できるようにすること。しかし今は、期待で胸がふくらむばかりです。

 本作は、第一線で活躍する屈指の歌唱力を持つ2人の、ダブル主演にして初共演の作品となる。そして豪華スタッフ陣として、劇団・AND ENDOLESS主宰で舞台『戦国BASARA』シリーズを手がけ、ダイナミックでエモーショナルな演出に定評がある気鋭の劇作家・西田大輔が脚本・演出を担当し、音楽を蜷川幸雄演出『オセロー』や、手塚治虫原作のミュージカル『虹のプレリュード』を手がけ、映画・TVアニメでの実績にとどまらず、コンクールでの受賞歴もある稀代の音楽家・かみむら周平が担当。

 若者たちのほとばしる芸術へのエネルギーを、人を愛する気持ちを、音楽を通し、観ている人の心を揺さぶるミュージカルとして来春お届け! ピアノと歌で紡がれる“ふたりのゴッホ”の物語を、ぜひ観にいこう!


DATA
ミュージカル『さよならソルシエ』

劇場:Zeppブルーシアター六本木
 東京都港区六本木5-11-12
公演日程:2016年3月17日(木)~21日(月・祝)

HP:http://www.marv.jp/special/m-sorcier/
Blog:http://ameblo.jp/m-sorcier/

STAFF:
脚本・演出=西田大輔
音楽=かみむら周平

CAST:
テオドルス・ファン・ゴッホ=良知真次
フィンセント・ファン・ゴッホ=平野 良 ほか

タグ