舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇・東京公演ゲネプロレポートが到着!

2017.03.06 <PASH! PLUS>

囲み会見でのキャストコメントも公開

■舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~
<東京公演>2017年3月4日(土)初日公演レポート

 冒頭、ママチャリで登場した小野田坂道(醍醐虎汰朗)に、満席の客席からは大きな拍手が起こります。総北高校自転車競技部の2年生となった坂道が、ロードバイクとの出会いから2年目のインターハイ予選まで、これまでの出来事を振り返るところから物語はスタートしました。新キャストとなった坂道を始め、今泉俊輔(和田雅成)、鳴子章吉(百瀬 朔)が“2年目”であることを強調して、観客の笑いを誘います。
pedasute_20170306_07

 昨年インターハイ優勝を成し遂げた総北は、より強くなるために4日間で1,000kmを走りきる合宿レースへ。そこでキャプテンの手嶋純太(鯨井康介)と、2年前にインターハイに出場したものの、ケガをして完治するまでメカの整備担当に甘んじていた古賀公貴(田川大樹)が、インターハイ出場メンバーの枠を巡ってデッドヒートを繰り広げます。2年前のインターハイでの出来事が明かされるとともに、これまで“チーム2人”として走ってきた手嶋と青八木一(八島 諒)の絆、それに新しくインターハイメンバーとなった1年生・鏑木一差(江口祐貴)と、旧知の仲である段竹竜包(植田慎一郎)との結び付きも描かれ、総北がさまざま想いを背負って立つチームであることがあらためて伝わる名場面となっていました。
pedasute_20170306_03 pedasute_20170306_08 
 合宿を乗り越えた総北メンバーは、いよいよインターハイへ。インターハイが行われる栃木県宇都宮市の解説や、会場の様子がコミカルに描かれます。『ペダステ』の楽しみどころのひとつでもある、キャストたちが別の役である“モブ”を演じるシーンも満載。

 スタートが迫り、昨年総北に王者の座を奪われた箱根学園のメンバー、優勝を狙う京都伏見の御堂筋 翔(林野健志)と岸神小鞠(天羽尚吾)もアップ完了。緊迫感の漂うなか、スターティングゲートへ向かう坂道たち。スタートのカウントは会場一体となって行います。一斉にスタートを切る爽快感は、生の舞台ならでは!
pedasute_20170306_04 
pedasute_20170306_02 pedasute_20170306_06
 まずスプリントラインのファーストリザルトを狙うのは、“道の怪物”とあだ名される箱根学園の銅橋正清(兼崎健太郎)と、必殺技を身に付けた青八木、そしてスプリンターの自覚がない鏑木。3人が己の全てを賭けて勝者の証・グリーンゼッケンを獲りに行きます。片時も目が離せないスプリント戦の決着には、客席からすすり泣く声も聞かれました。
pedasute_20170306_05
 山岳リザルトを目前に控え、舞台はエンディングへ。今作から新エンディング曲となった劇中アニメ『ラブ☆ヒメ』のオープニングテーマ『ヒメのくるくる片思い』の振付は、公式サイトに振付動画がアップされているので、客席も一緒に踊れる楽しいエンディングです。
pedasute_20170306_10
 7つの歯車を背景に、舞台装置のスロープが大きく移動していくレースシーンの迫力、ハンドルのみでロードレースを体現する“ペダリング”による全力疾走の感動はもちろん、初々しい新キャストの真っ直ぐさを継続キャストがしっかりと支えており、チーム全体の強い絆が感じられる舞台となっていました。
pedasute_20170306_09

 また7月19日(水)にはBlu-ray/DVDの発売も決定。特典映像にはバックステージ映像や千秋楽カーテンコールが収録予定となっています。さらに動画サイト「GYAO!」では3月12日(日)に上演される大千秋楽の模様を生配信! 大千秋楽生配信では特典映像として公演終了後のバックステージを生中継する予定とのこと。なおこちらの特典映像は大千秋楽生配信限定の特典なので、『ペダステ』ファンの皆さんはお見逃しなく!

DATA
舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~

公演日程/劇場:
【大阪公演】2017年2月25日(土)~2月26日(日)/オリックス劇場
【東京公演】2017年3月4日(土)~3月12日(日)/TOKYO DOME CITY HALL

STAFF:
 原作=渡辺 航『弱虫ペダル』(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
 演出・脚本=西田シャトナー
 音楽=manzo

CAST:
●総北高校
 小野田坂道=醍醐虎汰朗
 今泉俊輔=和田雅成
 鳴子章吉=百瀬 朔
 手嶋純太=鯨井康介
 青八木 一=八島 諒
 鏑木一差=江口祐貴
 古賀公貴=田川大樹
 段竹竜包=植田慎一郎

●箱根学園
 泉田塔一郎=河原田巧也
 葦木場拓斗=東 啓介
 黒田雪成=秋元龍太朗
 真波山岳=谷水 力
 銅橋正清=兼崎健太郎
 新開悠人=飯山裕太

●京都伏見高校
 御堂筋 翔=林野健志
 岸神小鞠=天羽尚吾

パズルライダー
 Chief、一瀬 悠、掛川僚太、河野智平、重岡峻徳

チケットスケジュール:
<一般発売>:2017年1月28日(土)12:00~

チケット価格:
 一般指定席・サイド指定席:6,800円

チケット取り扱い:ローソンチケット
HP:http://www.marv.jp/special/pedal/
Blog:http://ameblo.jp/y-pedalstage/
Twitter:@y_pedalstage
主催:マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント

■『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~Blu-ray/DVD

発売日:2017年7月19日(水)
価格:
 Blu-ray/9,800円+税
 DVD/8,800円+税

仕様:2枚組
収録内容:
 Disk1/本編
 Disk2/ボーナスディスク
 特典・ブックレット

●特典映像
 バックステージ映像(稽古場、舞台裏)
 千秋楽カーテンコールなど

発売元=マーベラス
販売元=東宝

■『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~大千秋楽公演のLIVE配信

大千秋楽LIVE配信:3月12日(日)
期間限定アンコール配信:3月17日(金)~3月21日(火)

視聴方法:
 <プレミアムGYAO!>
 利用料金:月額800円(税抜・初月無料)

 <GYAO!ストア>
 販売価格:2,500円(税込)
 販売期間:2月27日(月)~3月12日(日)公演開始まで

●特典映像
 「大千秋楽生配信」では特典映像として公演終了後のバックステージ生中継を予定。こちらの特典映像は「大千秋楽生配信」限定の特典となり、「期間限定アンコール配信」では視聴できません。

GYAO!特設サイト「ニゴステ(2.5次元ステージ)」:http://gyao.yahoo.co.jp/special/25stage/