『AD-LIVE ZERO』梶 裕貴、前野智昭が出演!次々と展開が変わる夜公演をレポート

2019.10.31 <PASH! PLUS>

 9月7日(土)、千葉・幕張国際研修センターにて『AD-LIVE ZERO』が開幕。梶 裕貴さん、前野智昭さん出演の9月7日夜公演をレポートします。

ADZ_w-B1board_all_fix2_ol

 『AD-LIVE』とは、鈴村健一さんが総合プロデュースを務める即興劇プロジェクト。決まっているのは時間や世界観など大枠のみで、それ以外の物語の展開などはキャストがその場で紡いでいかなければなりません。さらに、会話はアドリブワード(公募されたさまざまな言葉が書かれた紙)を引きながら行うほか、物語に応じた追加キャストが登場することも。まさに“アドリブスキル”が試される演劇なのです。

 また今回、森久保祥太郎さんがクリエイティブプロデューサーとして参加。この10年で築いた『AD-LIVE』のフォーマットを一度“ZERO”に戻し、よりエンターテインメント性を強めるため、キャラクターの特徴や物語のオチ、演出ギミックなどすべてを「くじ」に委ねるという構造に!いっそう予測不能な即興劇が展開されることに……!

 夜公演の舞台となったのは、【地図に無いBAR】。事前に明かされるくじの結果に基づく役柄の説明では、前野さんは【オラオラ系】で【テレビに出たい人】で【黒歴史のタイムカプセルを探すために】やって来た”カンゾウ”。梶さんは、【どんなことでもポジティブ】で何かの【被害者】で【本当の忍者になるために】来た”てらだたましい”を演じることに決まったと発表されました。

※くじ引き結果は【】で表記しています。

20191030_adlive02_001

 いかにも忍者!という黒の忍者コスチュームに身を包んで登場した、たましい。カンゾウのことを「殿」と呼び、慕っている様子です。また、このBARには伝説の忍術書を探しにやって来たと明かし、森久保さん演じる店員の服部パンゾウに聞くと、「本当の忍者であるマスターに聞けばわかるかも」とのこと。

20191030_adlive02_006 20191030_adlive02_002 20191030_adlive02_003 20191030_adlive02_004 20191030_adlive02_005

 しかし、この忍術書……なんとカンゾウも探していることが発覚。カンゾウの祖父が書いた忍術書かもしれないらしく、「その道に目覚めたときに必要になってくる書」だと幼い頃言い聞かされていたのだと言います。
またこのカンゾウ、 “ある言葉”を言うと気を失ってしまうそう。ふとした瞬間にその言葉を発してしまい、急に意識を飛ばすカンゾウ。心配するたましいの前に、カンゾウに憑いているシャドウが姿を現します。

 そして、忍術書やシャドウ、カンゾウの過去について次々と明らかになる中、急にたましいも“本当の姿”を現して……!?

20191030_adlive02_015 20191030_adlive02_007 20191030_adlive02_008 20191030_adlive02_009 20191030_adlive02_010 20191030_adlive02_011 20191030_adlive02_012 20191030_adlive02_013 20191030_adlive02_014

 終了後、キャラクター設定上、森久保さんにきつめにあたっていた梶さんは「数々の無礼をお許しください(笑)」と謝罪。また、「組み合わせが難しかった。くじで引いた時はどうしようかと思った」と開始前の不安を明かします。

 鈴村さんも「ステージではストーリーがどんどん進むので、何の役になって登場するか裏ですごい相談してた」と裏の忙しさを吐露し、演者に合わせて効果音や照明を変えるなどステージを支えるスタッフを労っていました。

 また「AD-LIVE ZERO」は今回の公演のほか、全公演が2020年2月26日(水)より順次Blu-ray&DVD発売、アンコール・ビューイング「あとりぶ」の開催(日程等詳細後日解禁)が決定していますのでチェックしてみてくださいね!

【公式ホームページ】 https://ad-live-project.com/
【公式ツイッターアカウント】 @AD_LIVE_Project

© AD-LIVE Project

タグ