『B-PROJECT~絶頂*エモーション~』スペシャルライブイベント“SPARKLE*PARTY”イベントレポート

2019.08.20 <PASH! PLUS>

 TVアニメ『B-PROJECT~絶頂*エモーション~』スペシャルライブイベント“SPARKLE*PARTY”が、7月14日に武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで開催された。また、翌15日には、全国の映画館にて本ライブイベントのディレイビューイングも行われた。

05

 本イベントには、北門倫毘沙役の小野大輔さん、是国竜持役の岸尾だいすけさん、金城剛士役の豊永利行さん、阿修悠太役の花江夏樹さん、愛染健十役の加藤和樹さん、増長和南役の上村祐翔さん、音済百太郎役の柿原徹也さん、王茶利 暉役の森久保祥太郎さん、野目龍広役の大河元気さん、釈村帝人役の増田俊樹さん、寺光唯月役の西山宏太朗さん、寺光遙日役の八代 拓さん、不動明謙役の千葉翔也さん、殿 弥勒役の江口拓也さんが出演。

 北門倫毘沙役・小野大輔さんと是国竜持役・岸尾だいすけさんのグループ“キタコレ”がステージに立つのは、実に3年ぶり。『B-PROJECT~絶頂*エモーション~』でアニメ初登場となった“KiLLER KiNG”の寺光唯月役・西山宏太朗さん、寺光遙日役・八代 拓さん、不動明謙役・千葉翔也さん、殿 弥勒役・江口拓也さんが加わり、作品史上初となるメインキャスト14人勢ぞろいのライブイベントは、熱狂的な盛り上がりを見せた。

0714_00278 0714_00292 0714_00113 0714_00158 0714_00172 0714_00462 0714_00468 0714_00139 0714_00120 0714_00134

 ライブはアニメ第2期のオープニングテーマ『絶頂*エモーション』からスタート。グループからソロまで、それぞれの個性が光る多彩な曲目が一挙に披露された。MCでは、リハーサルでのエピソードなども交えつつ笑いの絶えないトークが展開。メンバー同士の仲の良さや絆が感じられる感動的なライブとなった。


 真っ赤な布で飾られた舞台の大画面には、グループロゴとメンバーのイラストが映し出され、その後“SPARKLE*PARTY”を彷彿とさせる爽やかな海の映像へ。メンバー14名が登場すると客席は大興奮! 衣装を白いジャケットで揃えたメンバー14名がアニメ第2期のオープニングテーマ主題歌『絶頂*エモーション』を熱唱し、ライブはスタートした。

0714_00417 0714_00403 0714_00399

 続く2曲目『鼓動*アンビシャス』では、メンバーがそれぞれのグループごとにゴンドラに乗り込み、手を振りながら会場中央へ。歌詞中の“JIN-JIN”はメンバーと一緒に観客も声を合わせてコール! 愛染健十役の加藤和樹さんが「小鹿ちゃんたちのかわいい声、もっと俺に聞かせて?」と甘い声で語り掛け、会場を沸かせていた。

0714_00831 0714_00874

 この後は画面上で各グループごとのメンバー紹介が行われ、北門倫毘沙役・小野大輔さんが「14人が一丸となって最高のパフォーマンスを届けていくので、最後まで楽しんでいってくださいね」と呼びかけた。

 3曲目はKiLLER KiNGによる、かわいらしいポップなナンバー『Love Winner』。殿 弥勒役・江口拓也さんが「もっとみんなの熱を感じさせてほしい!」と叫び、会場からは大歓声が! フレッシュさあふれる歌声で会場を盛り上げ、曲のラストには、4人が腕でハートマークを形作るポーズを決めた。

0714_00464 0714_00468

 ここからは、6曲続けて怒涛のソロ曲パフォーマンスがスタート! “Bang!”という爆発音からド派手にスタートしたのは、金城剛士役・豊永利行さんの『Stand to the top』。クールでハードなナンバーを、キレのあるダンスと歌声で魅せてくれた。続く音済百太郎役・柿原徹也さんの『m agic JOKER』では、舞台前方から炎が噴き出す演出が! 真っ赤なライトと艶やかな歌声に会場中が染められた。

0714_00541 0714_00881 0714_00516

 続いては、釈村帝人役・増田俊樹さんが椅子とテーブルのセットに座っているところからスタートした、『2.5次元でつかまえて』。ステージは一転、ミュージカル風のオシャレでコミカルな雰囲気に。増田さんが手にしていたトランクからパラソルやリボンが飛び出すなど、マジックのような演出も加わり、会場はすっかり“2.5次元”の不思議で楽しい世界に迷いこんだ。

0714_00603 0714_01987

 阿修悠太役・花江夏樹さんはラブリーなウサギ&クマの着ぐるみと一緒に登場し、『Happy Ending』を披露。ファンシーでキュートな楽曲を元気いっぱいに歌い、間奏では客席に向かって“桃”を投げてプレゼントするファンサービスも! 最後にはウサギ&クマと3人でハイタッチ♪

0714_00672

 続いては、スモークが焚かれたステージから、是国竜持役・岸尾だいすけさんが優雅にカウチに腰かけた姿が! ペンライトを片手に『コアクマ Game』をセクシーに歌い上げた。寺光遙日役・八代 拓さん『絶頂的 WANTED!』では、ステージに髑髏マークの巨大な旗を持ったダンサーが登場。ブレイクダンスやバク転も飛び出すアクロバティックなステージとなった。

0714_00710 0714_01292 0714_00717 0714_00778

 続いては、舞台上に勢いよく炎が噴き出し、THRIVEの3人が登場! 3人が登場するアニメ映像を背景に『YOLO 〜Act Now〜』をパフォーマンス。スピーディーでハードな楽曲に、3人のキレのいいダンスが重なる。終盤には3人がステージ中央に集結し、煽りながら踊る姿に客席も大興奮の様子だった。

0714_00925

 そして、THRIVEの3人はそのままに、舞台にKiLLER KiNGの4人が現れ、2グループで『Juggler』を披露。2つのグループが並び立って歌うパートでは、アニメ本編と同じく愛染健十役・加藤和樹さん&殿 弥勒役・江口拓也さんがWセンターのポジションに! さらに、THRIVE、KiLLER KiNGが向き合って指をさし合いながら歌う演出も。切磋琢磨するライバル感がアツいパフォーマンスとなった。

0714_01106 0714_01118

0714_01088 0714_01098

 MCでは、豊永さんが「お前ら元気にしてたか?」と言うと、同じ台詞を他メンバー6人が次々に真似。トーンの違うそれぞれの個性豊かな「お前ら元気にしてたか?」に、豊永さんから「みんなやりたくなっちゃったの!?」というツッコミが入ると客席は爆笑の渦に包まれた。自己紹介の後、加藤さんの上着がはだけているセクシーな姿を目にしたメンバーから、次々と「脱ぎすぎですよ!」、「フェロモンでとろけるよぉ」、「目が離せない」という指摘が入った。

 

0714_01264 0714_012220714_01283

 そして、話題は先ほど歌った2曲のことに。THRIVEの『YOLO 〜Act Now〜』について、豊永さんは「感覚的にも物理的にも熱かった!」と炎の演出にも言及。THRIVE&KiLLER KiNGの『Juggler』では、アニメ本編でも殿 弥勒を中心にドラマがあったことを振り返り、全員が一緒に歌えてよかったという声が上がった。豊永さんから八代さんへのスキンシップについてなど、リハーサルでのエピソードについても盛り上がった。また、江口さんはライブ前夜にKiLLER KiNGメンバーにそれぞれ個別にLINEを送ったエピソードを明かした。豊永さんは「それぞれのグループ間の絆というか、仲良し度がどんどん上がっていて、楽屋行くとどんどんうるさくなっちゃってね(笑)。非常に楽しくやらせていただいていて、それがステージでも連携として出ているといいなと思います」と語り、「まだまだ盛り上がって行くぜ!」と観客に呼び掛けた。
 
 12曲目はキタコレの『哀愁→セレナーデ』。キタコレ2人がそれぞれ困難に直面したアニメ4話の映像をバックに、北門倫毘沙役・小野大輔さんは白いバラ、是国竜持役・岸尾だいすけさんは黒いバラを手にしながら登場。切なさあふれるメロディを歌い上げた。

0714_01314 0714_01362 0714_01411 

 13曲目は王茶利 暉役・森久保祥太郎さんによる『ありがとうの Harmony』。MooNsメンバーがアニメ本編で楽しそうに過ごす映像を背景に、思いのこもった歌声が響いた。14曲目は、打って変わって激しいナンバー『LONELY HEROES』を、野目龍広役・大河元気さんがアツくワイルドな歌唱で披露。ダンサーとの息の合った、本格的なダンスパフォーマンスも見せてくれた。続く15曲目は増長和南役・上村祐翔さんの『Color of Heart』。シリアスな楽曲を繊細に歌いあげ、バックダンサーとの美しい“千手観音”の振り付けも披露した。続いては、不動明謙役・千葉翔也さんがひまわりのブーケを手に登場。『ヒミツの恋』を優しくかわいらしく歌い上げた。ラストは人差し指を立ててキュートに“ヒミツ”ポーズ!

0714_01418 0714_01485 0714_01490 0714_01600 0714_01577 0714_01662 0714_01722

 続く愛染健十役・加藤和樹さんの『LOVE IN SECRET × SEXY NIGHT』で、会場は一気に大人な雰囲気に。上着をはだけるセクシーな振り付けがあるたびに会場からは「キャー!」という黄色い声が飛んだ。曲が終わると、登場した小野大輔さんに向かって加藤さんが「しっかり決めろよ、トモ!」、小野さんが「OK、まかせて健十」と声をかけ合う一幕が。小野さんは大人っぽいミドルナンバー『Starrynight Cinderella』を、しっとりと歌い上げた。

0714_01801 0714_02200

0714_01845 0714_01808

 続いては、釈村帝人役・増田俊樹さんの「盛り上がって行きましょうー!」という掛け声から、MooNs『STARTIN’ SHINY FANTASY』がスタート! サビの振り付けも全員息ぴったりに、キラキラ楽しい楽曲を熱唱した。そこにキタコレの2人が登場し、曲はキタコレ&MooNs『Unite Contrast』に。グループの垣根を越えてゴンドラに乗り込み、会場の中へ。「手を振って皆さんで盛り上がってください!」という呼びかけに、会場も一体になって手を振り楽しんだ。

0714_02388 0714_02384

 

0714_01987

 キタコレ&MooNsによるMCでは、自己紹介で増田さんが釈村帝人の「トゥンク!」を連続で披露! すると、他メンバーも「トゥンク!」とつぶやきはじめ、岸尾さんは「トゥンク」のみで会話するという摩訶不思議な場面も。小野さんはその姿を見て一言、「かわいいから許す!」。

0714_02085
 小野さんは、「キタコレは最初のステージで皆さんとお会いしてから3年ぶり」と振り返り、「見守って、そして出迎えてくれてありがとうございます」と感謝の気持ちを語った。MooNsからはリハーサルを頑張ったエピソードが語られ、上村さんは「みんなを見ていると高められる」と語り、グループ内で切磋琢磨している様子が見てとれた。また、初披露となった『STARTIN’ SHINY FANTASY』では、森久保さんがサビの振り付けでの“ピースの向き”がどうしても逆になってしまったエピソードが、茶目っ気たっぷりに明かされた。

0714_02081 0714_02074 0714_019780714_02123 0714_02101
 
 そしてここからは、各グループのスペシャルメドレーに突入! まずはTHRIVE『Welcome to the GLORIA!』。3人のクール&セクシーな空気感に会場が包み込まれた。そして次の曲は、KiLLER KiNG『DIVE INTO THE WORLD』。前半に見せたかわいらしい雰囲気からは打って変わって、骨太なナンバーをかっこよく歌い上げる。拳を突き上げるポーズも4人の息はぴったり。

0714_02200  

0714_01025

 続いては、MooNs『夢見る POWER』。希望を感じさせる明るいナンバーを元気いっぱいに聴かせてくれた。そして、メドレーのトリでは、“Bang!”という爆発音とともにキタコレが登場し『ワンダー☆フューチャー』を披露。2人ともタオルを手に登場し、小野さんが「タオルを回して!」と観客を煽りながらタオルを振りまくる! アップテンポなナンバーで“熱いキタコレ”を見せてくれた。

0714_02411 0714_02426

 メドレーが終わると、画面にはメンバーたちのイラストが現れてそれぞれの想いを語り、次の曲が最後だと紹介。『あえて言葉にするなら』のタイトルコールとともにB-PROJECTメンバー全員がステージへ! アニメ最終回のCGライブ映像を背景に熱唱し、会場のボルテージは最高潮に! ラストは全員でステージ前方に並び立ち、それぞれに思いを込めて力いっぱいの歌声を届けてくれた。曲が終わると客席からは今日一番の大歓声が! メンバーは口々に「ありがとう!」と感謝の気持ちを述べてステージを去った。

 その後、ファンの熱心なアンコールの声に応え、衣装から各グループのTシャツに着替えたメンバーたちが再び登場! 『光と影の時結ぶ』、『永久*パラダイス』を熱唱し、大盛り上がりのなかライブイベントは幕を閉じた。

0714_02811 0714_02623 0714_02697 0714_02564 0714_02774 0714_02760 0714_02684 0714_02627

<セットリスト>
M01. 絶頂*エモーション(B-PROJECT)
M02. 鼓動*アンビシャス (B-PROJECT)
M03. Love Winner(KiLLER KiNG)
M04. Stand to the top(金城剛士)
M05. m Magic JOKER(音済百太郎)
M06. 2.5次元でつかまえて(釈村帝人)
M07. Happy Ending(阿修悠太)
M08. コアクマGame(是国竜持)
M09. 絶頂的WANTED!(寺光遙日)
M10. YOLO 〜Act Now〜(THRIVE)
M11. Juggler(THRIVE&KiLLER KiNG)
ーTHRIVE&KiLLER KiNG  MC-
M12. 哀愁→セレナーデ(キタコレ)
M13. ありがとうの Harmony(王茶利 暉)
M14. LONELY HEROES(野目龍広)
M15. Color of Heart(増長和南)
M16. ヒミツの恋(不動明謙)
M17. LOVE IN SECRET × SEXY NIGHT(愛染健十)
M18. Starrynight Cinderella(北門倫毘沙)
M19. STARTIN’ SHINY FANTASY(MooNs)
M20. Unite Contrast(キタコレ&MooNs)
ーキタコレ&MooNs  MC-
M21. Welcome to the GLORIA!(THRIVE)
M22. DIVE INTO THE WORLD(KiLLER KiNG)
M23. 夢見るPOWER(MooNs)
M24. ワンダー☆フューチャー(キタコレ)
M25. あえて言葉にするなら(B-PROJECT)

EN1. 光と影の時結ぶ(B-PROJECT)
EN2. 永久*パラダイス(B-PROJECT)

「B-PROJECT ~絶頂*エモーション~」SPARKLE*PARTYがパッケージ化!

  7月14日(日)に武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナにて開催のされたスペシャルライブイベント『SPARKLE*PARTY』が映像パッケージ化!

20190820_bo_001

【完全生産限定版】2020年1月15日(水)発売
価格:Blu-ray 8,000円+税(ANZX-10153)、DVD 7,000円+税(ANZB-10153)
収録内容 :7月14日(日)に武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナにて開催のスペシャルライブイベント『SPARKLE*PARTY』の映像パッケージ化。

出演:小野大輔・岸尾だいすけ・豊永利行・花江夏樹・加藤和樹
上村祐翔・柿原徹也・森久保祥太郎・大河元気・増田俊樹
西山宏太朗・八代拓・千葉翔也・江口拓也

完全生産限定版特典 :特製ブックレット、映像特典(内容未定)※特典映像の内容は後日発表いたします。

店舗別購入特典の情報など詳細はこちらhttps://bpro-anime.com/event/bddvd/

DATA
■TVアニメ『B-PROJECT~絶頂*エモーション~』
公式サイト:https://bpro-anime.com/
公式Twitter:@BPRO_anime

STAFF:

原作=『B-PROJECT』(MAGES.)
総合プロデュース=西川貴教
企画・原作=志倉千代丸
原作イラスト=雪広うたこ
監督=森脇真琴
シリーズ構成=大島のぞむ MAGES.
キャラクターデザイン=原 由美子
総作画監督=川島 尚 安田京弘
美術監督=吉田ひとみ
色彩設計=上村修司
CGディレクター=町田政彌
CG=ドワンゴ
撮影監督=千葉洋之
編集=柳 圭介
音響監督=田中 亮
音楽=中西亮輔
制作=BN Pictures

CAST:
澄空つばさ=瀬戸麻沙美
北門倫毘沙=小野大輔
是国竜持=岸尾だいすけ
金城剛士=豊永利行
阿修悠太=花江夏樹
愛染健十=加藤和樹
増長和南=上村祐翔
音済百太郎=柿原徹也
王茶利 暉=森久保祥太郎
野目龍広=大河元気
釈村帝人=増田俊樹
寺光唯月=西山宏太朗
寺光遙日=八代 拓
不動明謙=千葉翔也
殿 弥勒=江口拓也
大黒篤志=興津和幸
大黒修二=浪川大輔

©MAGES./Team B-PRO2 ©B-PROJECT

タグ