other_content

『ガンダム』の主人公たちが“地球の人々”にメッセージ!アムロや刹那、三日月、ヒイロなどが集結

2020.08.05 <PASH! PLUS>

 誕生から40年を超え、日本国内にとどまらず世界で愛されるアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズから、新型コロナウイルス感染症拡大をはじめ、苦境が続く現代に対しふたたび“いまを乗り越える”力を呼び覚ますべく、全世界のファンに向けてスペシャル映像が公開された。

Message From GUNDAM|(c)創通・サンライズ

 1979年に放送を開始した『機動戦士ガンダム』は、ロボットを「モビルスーツ」という「兵器」として扱ったリアルな戦争描写や緻密な科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマで、それまでのロボットアニメの潮流であった単純な勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立。一大ブームを巻き起こした。 以後、現在に至るまでシリーズとして、TVアニメーション21作品、劇場・上映22作品、OVA18作品、配信・イベント映像・TVスペシャル等7作品が製作されており、国内外を問わず長きにわたって高い支持を獲得している。

 この度公開された映像では、アムロ・レイ、シャア・アズナブル(『機動戦士ガンダム』)の呼びかけに続き、バナージ・リンクス(『機動戦士ガンダムUC』)、三日月・オーガス(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』)、刹那・F・セイエイ(『機動戦士ガンダム00』)、ヒイロ・ユイ(『新機動戦記ガンダムW』)、カミーユ・ビダン(『機動戦士Ζガンダム』)、ハサウェイ・ノア(『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』)らが応え、地球の人々にメッセージを送る内容に。

 また映像には『機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の劇中曲とともに、LUNA SEAによるガンダム40周年のテーマ曲「THE BEYOND」も添えられており、これまで長きにわたり人類の悲しみや愚かさをテーマにしつつ、決して失われない希望を常に描き続けた「ガンダム」だからこそ伝えられるメッセージが込められている。

 映像は現在ガンダム公式YouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」にて配信中だ。

©創通・サンライズ

タグ