interview

『江口拓也と神尾晋一郎のお休みイタダキマシタ!』ファッションのことからカレーのことまで江口拓也さん&神尾晋一郎さんにインタビュー!

2019.12.07 <PASH! PLUS>

 dTV「ブーメラン」配信作品に出演している声優がさまざまなことにチャレンジする番組に江口拓也さんと神尾晋一郎さんが登場!(12月8日 10:00 から2を放送予定。)『江口拓也と神尾晋一郎のお休みイタダキマシタ!』のテーマは「休日」。セレクトショップでのファッションコーディネートや、雑貨・カレー屋などをめぐり楽しんだおふたりにロケの裏側からファッションへのこだわりなど語っていただきました。

eguchikamio_001

江口拓也さん&神尾晋一郎さんインタビュー

――番組内で「デートコーデ」をご自身で選ばれたそうですがどのように選ばれましたか?

神尾:“デート”っていうテーマしかないので、自分で何デートにするかっていうのを決めました。僕は夜にちょっといい店にご飯に行けるように、襟つきのトップスにしました。いいなと思ったシャツを店員さんに見せて、「これに合うアイテム持ってきてください」と(笑)。提案されるものに「それいいですね」と言いながら決めました。

江口:僕はアウターに合わせる服を選びました。だからアウターがメインですね。自分の好きな服を着て、ルンルンデートしたいなって。……全部自分のことしか考えてない(笑)。神尾くんは気を遣ってるのに。

神尾:「襟ついてればいいだろ」って感じでしたけど(笑)。普段着ないものを選んでみようというのは意識しました。

――お互いにコーディネートもしたということですが、テーマやポイントなどを教えてください。

江口:神尾くんはすごく男らしいというイメージがあるので、その男らしさを前面に出したやんちゃな感じのファッションにしつつ、可愛らしさも取り入れてみました。インナーのプリントがペットボトルの写真なんですけど、プリントがバックにもあるんですよ。そのプリントが見えて可愛い。

神尾:アウターの背中のところが開くんです。

江口:後ろにプリントがあるインナーを使って、それが見えたら「すごい、遊び心のある人」ってなるんじゃないかなと。可愛さがあるから、全体的に大き目のだぼっとしたサイズ感でまとめてみました。僕としてはすごく満足のいく作品です。

神尾:素晴らしい作品でした。トータルで買いたかったです。江口さんは髪の色が明るいイメージなんですが、今日は黒髪だからこそのオールホワイトコーデにして、“王子様感”を出したいなと。ホワイトコーデはやったことがないと思うので。羽織ってるシャツあるじゃないですか。シャツに見えてダウンジャケットなのが可愛かったんですよ。それをビッグシルエットで着てもらって、さらに萌え袖もやってもらおうと。あとはキャメルのこの靴が可愛かったので、アクセントに持ってきました。テーマは王子様です。

江口:なんかね、オールホワイトにしたらすごくエッチな感じになって、「これ大丈夫かな?」って思った。

神尾:「全然エッチじゃないですよ!」「めっちゃ王子様ですよ!」って(笑)。

江口:ほんと? 夜の王子様って感じが……。

神尾:いいじゃないですか! 昼の表参道、夜の王子様。

江口:二面性出ちゃってる!(笑)

神尾:普段江口さんが着ないようなイメージ、それとキャラから離れないようにしてみました。

――ファッションにまつわる失敗談はありますか?

江口:失敗だらけですよ。失敗から学ぶことの方が多いですね。

神尾:それこそ自分で服を買うってなったときに、高校1年生とか。間違いの宝庫ですよ。あの頃は雑誌とかで服を見ていいなと思っても、髪型がついて来てないんですよ。それで服だけ欲しがるから、合うわけないんですよね。トガった服を買って「全然ダメだこれ」ってなる。

――今は髪の色も含めファッションを楽しまれてますね。

江口:今は真っ黒になっちゃいましたけどね~。舞台のために黒色にしたので、今年いっぱいは黒かなぁ……。黒なりの遊び方を追求していこうかなと。髪の色が地味だから、軟骨にピアス開けちゃおうかな。

神尾:僕は、来年の3月にライブがあるので、そこでガッツリやると思います。それまでは今の色を足しながら遊ぶと思います。3月まであと半年くらいありますけど、黒くはできないし。グレーで保っていこうかな。

江口:いいな~。

ゆったりなニットでトールのホットコーヒーを持っている女の子が気になる!?

――おふたりが好きな女性の秋冬コーディネートを教えてください。

神尾:ライダースジャケットを上手く使ってる子とか、好きですね。甘辛でも辛辛でもいいんですけど、ライダースを着てカッコよくキマってる子はいいなと思います。

江口:本人に似合っていればなんでも好きなんですけどね。「これが好き!」っていうのは特にないけど、結局タートルネックでだぼだぼのニット着て、マフラーを巻いてホットコーヒーでも持っててくれれば……。

神尾:両手でね。ベンティじゃなくてトールですよね(笑)。さらに萌え袖。

江口:そうそう!それにさらにニット帽とか合わせてくれれば、それだけでもう。

――カレーのお店にも行かれましたがご自身でカレーは作られますか?
 
江口:作ります、カレーの妖精なので。僕は作るのは好きなんですよ。でも材料揃えるのも面倒くさくて、作るのはよくて、後片付けも面倒くさい。タチ悪い……。作るときのこだわりは煮込む。野菜がとろとろにならないと嫌なんですよ。あと、玉ねぎはみじん切りにします。

神尾:僕は季節に合ったスパイスを使いますね。

江口:出た! 季節に合ったってなんだよ。夏に使っちゃいけないスパイスとかあるの?

神尾:ないですよ(笑)。ないんですけど、ちょっと疲れがあるなってときには六角を入れようかなとか。ちょっと暑さでバテ尾:てるなってときはケシの実を多めにしてゴリゴリすりつぶします。

江口:自分ですりつぶすガチぶり。

神尾:それをやっても、カレーが出来上がるまでかかる時間は50分とか。ルーが事前にあれば20分かな。煮込まないんですよ。スープカレーっぽく、根菜類とか後乗せにします。

江口:僕と逆ですね。素材本来の味を使う派。

――最後に放送を楽しみにしている皆さんへのメッセージをお願いします。

江口:それぞれの嗜好が垣間見える番組になっていると思います。ちょっとした選択にも、それぞれの感性が見え隠れしているので、そこは観ていて楽しいんじゃないかな?と思いますので、ぜひご期待ください。

神尾:普段は見せない、ほぼプライベートな姿をお見せすることになるので、少し気恥ずかしいです(笑)。そんな僕たちのレアな姿を、ぜひご覧いただければと思います。

 

『江口拓也と神尾晋一郎のお休みイタダキマシタ!』 12月8日 10:00 から2を放送

Twitter:@cartoon_jpn

TM & (c) 2019 Cartoon Network. 

タグ