interview

内田雄馬、江口拓也らが印象に残っている撮影現場についてトーク!『DIG-ROCK』収録後インタビュー

2019.10.23 <PASH! PLUS>

 10月23日発売の『DIG-ROCK Impish Crow Vol.2』より、キャストインタビューが到着した。

20191022_dig_001

――収録を終えてのご感想をお願いいたします。

内田さん:ツグミは元気のあるキャラクターなので、演じている僕も元気をもらえますね!2巻目の収録を経て、そういう魅力があるキャラクターだなと改めて感じました。

江口さん:インクロの空気感がより感じられるような収録現場だったので、改めてこのメンバーで一緒に作品を作れることが嬉しかったです。前回よりもノって収録も出来たと思うので、楽しかったですね。

羽多野さん:バンドならではの空気感や絆がたくさん感じられたので、ドラマの中で彼らの楽しい瞬間や悩みを共有できるっていうのは嬉しかったですし、収録もとても楽しかったです!

立花さん:今回はインクロメンバー4人の日常と仲の良さ、悩むところや頑張るところも一緒という青春感がより強くなった印象がありましたね。楽しく収録を終えられました!

伊東さん:「DIG-ROCK」の飛倉はストーリーテラーになることが多いのですが、今回はバンド作品ならではのライブやイベントのシーンで飛倉の「いってらっしゃい」と「お疲れさまでした」で始まって、間が敢えて描かれていないのが個人的にとても印象的で好きなポイントでした。

――インクロとしてドラマCD 2巻目となりましたが、前回と比べてご自身のキャラクターやバンドメンバーへの印象の変化などは御座いましたか?  演じる際に意識したポイントも御座いましたら、合わせてお聞かせください。

内田さん:今回はインクロのデビューが決まったその後のお話だったので、デビューしたばかりのの熱量や前向きさ、現状に期待や不安でドキドキしているような部分が伝わったらいいなと思いながら演じさせて頂きました。デビューしたばかりで分からないその状況を楽しんだり、最初だからっていうことにも甘えず、今よりもっとよくなるにはどうしようと考えるメンバーの姿勢は熱いなぁとも思いました。インクロのいいチーム感が表れていて好きなシーンでした!

江口さん:薄々気付いてはいたんですけど、僕の演じるトキはクールでかっこいいリーダー設定だったはずが、蓋を開けてみたら他のメンバーがボケ過ぎていてツッコミが増してきたなと……(笑)。このキャラでどこまでいっていいんだ!と思いながら今回は遠慮なくツッコませていただきました。これからどんどんキレを増していきたいと思います(笑)。

羽多野さん:物語が進んでとても楽しいなと思いながら、僕の演じるミツルは朴訥と喋っているキャラクターなんですけど、実はそのセリフの中に言われた人がはっとするような深い意味をもつ言葉があるんですよね。デビューしたインクロが頑張るためにミツルとヒバリが過去の自分と向き合うシーンはすごく気持ちが入りましたし、いいシーンだなと思いました。

立花さん:前回の続きということで、ヒバリとミツルの昔のバンドメンバーとの話も少し描かれていて、インクロメンバーの話だけではなくそういった過去の部分も回収していくんだなと印象に残りました。ヒバリに関しては感情の振り幅が難しいキャラクターだなと改めて感じましたね。彼がどこで楽しくなって、どこで素になっているのかっていうのを上手く表現出来ていたら嬉しいなと思ってます。

伊東さん:飛倉を演じながら、素直なツグミ、思い切りツッコんでくれるトキ、意外と熱い部分があるミツル、場を明るくしてくれるヒバリっていう4人の一面をより知ることが出来て楽しかったですね。飛倉についても正式に事務所へ所属となったインクロに対して奔走する姿や、彼なりの仕事の仕方を知ることが出来て非常に嬉しかったです。

――本編にてジャケット撮影をしていたインクロですが、雑誌などの撮影現場の出来事で 印象に残っている事などが御座いましたらお聞かせください。

内田さん:写真撮影中におにぎりを食べてたんですけど、髪やメイクもばっちりで「よし、撮るぞ!」って何枚か撮ってチェックしたら歯に海苔がついてました……。あぶね!っていう(笑)。自分では意外と気付けないですよね……。撮影の合間にご飯は食べないほうがいいなって学びました。

江口さん:ある雑誌の撮影で元々病院だった場所に行ったんですけど、僕はその日高熱を出してまいて……。僕は元々体調が悪かったんですが、スタッフさんたちも現場に来た瞬間から気分が悪くなったり「なんか嫌だ」って言い始めて、地下の撮影に入ったらいよいよ「ここはダメだ、入りたくない」って状態に……。一応無事に撮影は終了したんですけど、数日後にその建物が「心霊スポット」として紹介されてました(笑)。みんなの勘は本当だったんだなとびっくりしましたね。

羽多野さん:パンフレットの表紙用に冬の臨海公園で芝生の上に寝転がって目を瞑っている横顔を撮ったんですけど、僕すごく冷え性なんです。あまりの寒さに目を瞑ったままスー……っと「俺このまま死ぬんでは……!?」状態で段々意識が遠くなっちゃいまして。途中でスタッフさんに「羽多野さん!?羽多野さん……!?」と起こされました(笑)。今後寒すぎるところでの撮影はなるべく避けたいですね。

立花さん:パンフレットの撮影だったと思うんですが、白くて綺麗な半地下のスタジオに行ったんです。入った瞬間からちょっと嫌だなって思ってたんですけど、メイクさんがスタジオ内を探索した際に一番暗い奥の扉一面にお札が貼ってあったそうです……。撮影を始めたら誰もいないところで音が鳴ったりと本当に心霊現象にあいましたね!非常に印象に残りましたし、良い写真が撮れました(笑)。

伊東さん:夏の撮影で時間が遅くなってくると光源にすごい虫が寄ってくるんです。その中で豆電球くらいの明かりで撮影しなきゃいけないときがありまして、しばらく虫と格闘しながら写真を撮りました……!カメラマンの方も虫がいっぱいで楽しくなってきたのかテンションも高くて、とても愉快な撮影現場になりましたね(笑)。

――今回もマネージャーとして活躍していた飛倉ですが、日頃忙しい飛倉を労わってあげるとしたら、どんなことをしてあげたいですか?

伊東さん:美味しいものをたくさん食べてほしいですね!高いお肉とか!とにかく飛倉がやりたいことを好きなようにやらせてあげたいです。

内田さん:自分に出来ることってなるとご飯に連れていってあげる……かなぁ。インクロも売り出し中でトビちゃんはマネジメントするのにめちゃくちゃ忙しいと思うんです。美味しいご飯を食べながら、なるべく色々な話を聞いてあげたり、インクロをどうしていこうっていう未来の話もしたいですね。これからも一緒に頑張ろうぜ!ってトビちゃんの中の熱量を共有してあげたいです。

江口さん:お金か休みかどっちかだな!と思ったんですけど、男だったら……(伊東さん:鎌倉ですか?)……あ!鎌倉かな!?そうね、鎌倉!大仏を拝みに行ったり、そういう歴史的な建造物を見ると心が洗われるんじゃないかなって思います。一緒にいくことによって僕も癒される気がしますしね(笑)。

羽多野さん:マネージャーさんを見てると、忙しすぎてお金を使う時間もそんなにないんじゃないかなって思うんです。なんとかこちら側で出来ることは分担してあげて、長めのお休みをプレゼントしたいですね。温泉旅行だったり実家に帰ったり、好きなことに使える時間が労いになるといいかな。

立花さん:飛倉さんもそうですけど、我々の業界でもマネージャーさんは常に忙しいですもんね。うちの会社ではボーナスを多めにあげてます!(笑)モチベも変わりますしね。ちゃんと対価を払って労ってあげたいです。

――最後にファンの皆様へコメントをお願いいたします。

内田さん:第二巻ということで、今回も新しい曲を歌わせていただいております。インクロがデビューしてからの出来事を通して段々と彼らもプロ意識が出てきたことにより、これから更に進化を遂げていくんじゃないかなと僕自身も思ってます。是非皆さんにもたくさんの彼らの活躍と、インクロの新しい音楽を楽しんでいただけたら嬉しいです!

江口さん:前回に続いてデビューしたインクロがどんな風に世の中に繰り出していくのか、メンバーの絆を深められるようなシーンが散りばめられているので、この先の彼らの活躍を想像しながら本編を聴いて頂きつつ、合わせて楽曲も楽しんで頂けたら幸いです!

羽多野さん:2巻目はより各キャラクターの個性が深堀りされていて、会話劇としてもとても楽しく聴ける形に仕上がっていると思います。江口くんも言ってましたが、トキが苦労人ポジションというのも今回遺憾なく発揮されておりますので(笑)そちらも期待して頂きながら、是非これからの応援もよろしくお願いします!

立花さん:インクロ2巻目ということで、1巻から続いてより4人の青春や絆が物語として展開されております。シリーズとしてはもう1巻御座いますので、更なる彼らの活躍を楽しみにして頂きつつ、引き続き応援をよろしくお願いします!

伊東さん:プロのバンドとして歩み始めたインクロの活躍とデビューしたからこそメンバーが経験できたことが本編では描かれております。バンドとして嬉しかったり悔しかったりするシーンも共感できると思いますので、インクロ4人と飛倉の成長を見守って頂きつつ、もう1つのバンドとのリンクしている部分も楽しんで頂けたらと嬉しいです。よろしくお願い致します!

20191022_dig_002

20191022_dig_003

20191022_dig_005

20191022_dig_004

20191022_dig_001

内田雄馬さん Impish Crow『Pump it!!』収録後インタビュー

――今回の楽曲を聴いた時、歌詞を読んだ時の印象についてお聞かせください。

 「RISE」よりもお祭りっぽい雰囲気がありました。デビューしてからの2曲目ということで、勢いを落とさないようにテンションを思いっきり上げて攻めていけたらいいかなと思いながら歌わせて頂きました。俺たちならどこまでもいけるっていう気持ちがツグミにはあるので、その心情を表しているような歌詞だなと思いましたし「やっちゃえばいいじゃんか」って部分は彼の性格もすごく出ていますよね。みんなで盛り上がって楽しく聴けるような歌だと思います!

――実際に歌ってみていかがでしたか? 歌う際に意識されたことや聴きどころ等をお聞かせください。

 テンポよくノリがいい曲なので、全体的にノリ感は大事にしましたね。最初のカウントも完成された曲ではどうなっているのか僕も楽しみにしてます(笑)。

■DIG-ROCK Impish Crow Vol.2
キャスト :
野中つぐみ(CV.内田雄馬)
水川叶希(CV.江口拓也)
葉山充弦(CV.羽多野 渉)
 柴咲雲雀(CV.立花慎之介)
 飛倉奏空(CV.伊東健人)
品番 :XFCD-0119
POS :4560372453683
価格 :3,000円+税
発売日 :2019年10月23日(水)
発売元 :ティームエンタテインメント

公式ツイッター:@digrock_ml
公式サイト:http://www.team-e.co.jp/mintlip/digrock/
『DIGNITY PRODUCTION』公式サイト:http://www.team-e.co.jp/mintlip/digpro/

©MintLip

タグ