anime

劇場アニメ『聲の形』の主題歌をaikoが担当することが決定!

2016.06.28 <PASH! PLUS>

aikoからのコメントも到着!

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

 劇場アニメ『聲の形』の主題歌をaikoが担当することが決定した。

 aikoは自他ともに認める大の漫画好きで、もともと原作漫画『聲の形』の大ファンだったこともあって、今回の主題歌を担当することになったという。彼女が劇場用作品の主題歌を担当するのは、2015年に公開された映画『先輩と彼女』以来のこと。さらにアニメーション映画の主題歌を務めるのは2005年に公開された映画『あらしのよるに』以来11年ぶりとなる。

 今回、aikoからのコメントも発表されたので併せてご紹介しよう。

aikoコメント
koeno20160627_01
 映画『聲の形』の主題歌のお話をいただき本当にびっくりしました! 私は『聲の形』の漫画が大好きで、読んだとき感動して自分のライブのMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほどなのです。なので、とても嬉しいのと同時にこの映画のそばにずっといられる歌をうたいたい!と強く思いました。
 最近1日中気合いが入っています、それが毎日続いています、大変ですがとてもとても幸せです! 本当にありがとうございます!
 うわぁああぁーーーーーーーー!!!!!
 やったーーーーーーーーーーー!!!!!
 すいません・・・取り乱してしもて。。。是非ともよろしくお願いします!


 今後の新情報にも注目だ!

DATA
映画 聲の形

ROADSHOW:2016年9月17日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー
HP:http://koenokatachi-movie.com
Twitter:@koenokatachi_M
STAFF:
原作=『聲の形』大今良時(講談社コミックス刊)
 監督=山田尚子
 脚本=吉田玲子
 キャラクターデザイン=西屋太志
 美術監督=篠原睦雄
 色彩設計:石田奈央美
 設定:秋竹斉一
 撮影監督:髙尾一也
 音響監督:鶴岡陽太
 音楽:牛尾憲輔
 音楽制作:ポニーキャニオン
 主題歌:aiko
 アニメーション制作=京都アニメーション
 製作=映画聲の形製作委員会
 配給=松竹


CAST:
 石田将也=入野自由
 西宮硝子=早見沙織

STORY:
“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。彼女が来たことを機に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。

 しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。やがて5年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。

“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。

タグ