梶 裕貴が著書『いつかすべてが君の力になる』で下積み時代の苦悩や仕事への思いを語る

2018.05.10 <PASH! PLUS>

アフレコ収録時の様子をレポートした撮り下ろしグラビアなども収録

 梶 裕貴さん初となる著書『いつかすべてが君の力になる』が、5月10日に河出書房新社より発売される。

kaji_002

 本書は、河出書房新社のYAシリーズ“14歳の世渡り術”の新作。14歳で声優を目指し始めたという梶さんの下積み時代の苦悩から“声優”という仕事への思いまでを語った、夢に向かう全ての人にエールを送る1冊だ。

 本書は全編、著者による書き下ろし。その他、スタジオでのアフレコ収録時の様子をレポートした撮り下ろしグラビアや、恩師とも言える存在の三間雅文音響監督のスペシャルインタビューなども収録される。

梶さんからのコメント

 僕が声優を目指し始めたのも、ちょうど14歳の時。これも何かのご縁だと思い、執筆させていただく運びとなりました。本のタイトルは、僕自身、とても大切にしている言葉です。

 (その他、刊行記念コメントは河出書房新社のTwitterで公開中。)

『いつかすべてが君の力になる』
著者:梶 裕貴
発売日:5月10日
仕様:四六判/188ページ
価格:1,300円+税
ISBN:978-4-309-61713-8
Cコード:0376

【目次】
第1章 僕が14歳だった頃
第2章 夢に向かって進むということ
第3章 「声優」って、どんな仕事?
第4章 プロフェッショナルとは
第5章 選ばれ続けるために

タグ