舞台版『戦刻ナイトブラッド』上杉景勝役・荒牧慶彦インタビュー

2017.12.30 <PASH! PLUS>

キャラクタービジュアル撮影を終えた荒牧さんを直撃! 舞台版への気合いは十分

 2018年8月に舞台化が発表された『戦刻ナイトブラッド』のキャラクタービジュアル撮影現場にPASH!が潜入! ゲームから始まり、TVアニメでも上杉景勝を演じた荒牧慶彦さんが舞台にも!この日の撮影の感想や舞台への意気込みをうかがいました。

senbura_002

senbura_001

ケモミミデビューしました(笑)

──はじめに、衣装を着た感想からお聞かせください。

 まず耳ですよね(笑)。本作がケモミミデビューになりました。果たして似合っているのかなと。…どうですか?(笑) みなさんに喜んでいただけたら嬉しいです。触り心地はもふもふで気持ちいいんです。尻尾は「あ、ついてる」くらいで、そんなに違和感はありません。

 気になるところでいえば、刀の扱いがちょっと難しそうだなと感じています。刀は2本刺しているのですが、立ち回りが大変そうだなと。でも、きらびやかな衣装に仕上げていただいていて、素敵です。

──キャラクタービジュアル撮影はいかがでしたか?

 今回はこだわりすぎというくらい、こだわって撮っていただきました。やっぱり初めて声を担当させていただいたキャラクターなので、あらゆるところにこだわりたくて。それこそ前髪の角度だったり、耳の大きさだったり、メイクの仕方だったり…そんな小さなところまでこだわって撮影させていただきました。

 準備に時間をかけたぶん、肝心の撮影時間が短くなってしまい、スタッフさんには申し訳ないです。これまで原作ゲームもアニメも舞台もすべて自分が務める役柄というのはなかったので、思い入れは特に強いですね。

舞台では“温室育ち”ふうの優美な景勝を

──舞台版への出演が決まったときのお気持ちは?

 素直に嬉しくて、ぜひやってみたいと思いました。ほかのキャラクターのキャストも気になりますね。僕のように舞台俳優がキャラクターボイスを担当しているキャラクターは、そのまま同じ人が演じるのかな?と思うのですが、それ以外のキャスティングはどうなるんだろう?と、今からワクワクしています。

 特に僕にとって一番重要になるのは謙信なので、誰が演じるのか楽しみです。自分のなかでこの人が合うんじゃないかなーと想像したりもしていますが、まだ僕も知らされていないので!

──舞台では景勝をどう演じようと考えていますか?

 景勝はすごく礼儀正しい子なので、姿勢だったり歩き方だったりの所作をキレイに見せたいなと思います。“温室育ち”なイメージで(笑)。戦闘シーンでは、僕は刀をブンブン振り回すのが得意なんですが、景勝は多分そっち系じゃないなと。

 演出次第ですからまだ分からないところではありますが、彼はスッと斬って、そのままスラーッと納刀するようなキャラクターだと思うので、振り回すのは抑えめに、優美な動きにしようと思っています。

──最後に、舞台への意気込みをお願いします!

 広く展開している『戦刻ナイトブラッド』が、このたび舞台化となりました。ゲームやアニメでもキャラクターボイスを担当している僕が、舞台でもそのまま上杉景勝を演じさせていただくということで、めちゃくちゃ気合いが入っています。

 作品の世界観を崩さずに、『戦ブラ』ファンの方はもちろん、ゲームをプレイしたことがない方もアニメを観たことがない方も、作品に引き込めるよう頑張っていきたいです。劇場でお待ちしております!

DATA
■舞台『戦刻ナイトブラッド』

公式サイト:http://stage.senbura.jp/

©2017 Marvelous Inc./KADOKAWA/IDEA FACTORY
©2018 Marvelous Inc.・KADOKAWA・IDEA FACTORY/『戦ブラ』舞台化プロジェクト