「信長は脱ぐのが趣味なんですか!?」のツッコミも! 小林裕介ら登壇のTVアニメ『胡蝶綺』先行上映会レポート到着

2019.07.04 <PASH! PLUS>

 7月8日より放送開始のTVアニメ『胡蝶綺 ~若き信長~』より、6月23日(新暦での織田信長誕生日)に開催された先行上映イベントのオフィシャルレポートが到着した。

kochouki_001

 当日は第一話~第三話先行上映に加え、織田信長役の小林裕介さん、帰蝶役の花守ゆみりさん、沢彦宗恩役の立花慎之介さん、三名のキ ャストが登壇し、キャストトークも行われた。

■『胡蝶綺 ~若き信長~』織田信長生誕祭第二弾! 第一話~第三話先行上映イベント
日程:6月23日
時間:16:30開演
場所:シネマート新宿
登壇者:小林裕介(織田信長役)、花守ゆみり(帰蝶役)、立花慎之介(沢彦宗恩役)

先行上映イベントオフィシャルレポート

 第一話~第三話本編の上映終了後、本作のプロデューサー米森Pが司会進行を務め、それぞれの挨拶の後、トークショーがスタート!

 上映話の場面写を見ながら話をする“振り返りコーナー”からスタート。第一話の振り返りは「信長は脱ぐのが趣味なんですか!?」と立花さんのツッコミから開幕。肌色要素が強い第一話はアフレコ時からキャスト陣の中でも話題になっていたとのこと。織田信長を演じた小林さんは、「今まで自身が抱いていた“信長”のイメージで はなく、可愛くわんぱくな“信長”を演じたので、今日観た方でギャップを感じた人も多かったのでは」と語った。

kochouki_001

 第二話では、花守さんの演じる帰蝶がトークテーマに。 美しい外見の帰蝶と、帰蝶の父親である斎藤道三の外見の乖離について小林さんが追求すると、「お父さんのことを悪く言わないで!! お父さんは強いんだぞ!!」と花守さんのフォローがあった。

kochouki_002 

 第三話は、石川界人さん演じる織田信勝(信長の弟)が注目ポイントに。小林さんは、戦国時代の兄弟・主従関係の面白さについて話った。さらに、第三話には寺島拓篤さん演じる前田利家が初登場。初登場時は幼い見た目のため、寺島さんは年齢を下げた演技に苦戦されていたとキャスト陣から明かされた。また、本作の面白いポイントとして「話数を重ねる毎にキャ ラクターの年齢や人間性が変わっていく事」と立花さんが挙げていた。

kochouki_004 

 続いて、“一問一答”のコーナーへ。 ここでは、「○○するなら登場人物のうちの誰??」といった質問に対して、3名が答えてくれた。

kochouki_003 

 信長と恒興の主従関係が本作のポイントでもあるということで、一問目は「上司にするなら誰??」という質問に。回答タイムでは一番に立花さんが回答。自身の演じる沢彦宗恩を挙げ、「常に優しくサポートしてくれる。裏で悪いこともしてくれて成功に 導いてくれますからね(笑)」と裏のありそうな見た目を話し、笑いを誘っていた。

kochouki_005 

 続いて、花守さんは信長の異母兄である織田信広を選択。信長の事を愛し、優しく接してくれる信広は上司というより も兄として欲しいとのこと。そして小林さんは平手政秀を選び、「敏腕上司。信長の甘い部分も良いところとしてとらえてくれる人」とコメントした。

kochouki_006 

 三問目は、信長と帰蝶の夫婦関係も本作の注目ポイントということで、「結婚するなら誰??」という問いに。画面上に現れたキャ ラクターの選択肢が男性キャラしかいないことに、「男しかいねぇじゃねえか!!」と男性陣からの総ツッコミがあり、会場が笑いに包まれた。

 立花さんは一問目からずっと選んできた、自身の演じる沢彦宗恩をここでも選択。「内助の功で何でもやってくれそう。お隣さんがうるさかったら次の日消してくれたり(笑)」との立花さんのコメントに会場からは再び笑いが起こった。 花守さんは齋藤道三を選び、「女の子はお父さんに憧れるもの!」とコメント。最後に小林さんは信長の弟の織田信勝を選択。今後の本編内での信勝の綺麗な“髪”に注目してもらいたいと話した。

kochouki_007 

 続く告知コーナーでは突然のスペシャル告知! 2020年2月16日のスペシャルイベントが発表!! 観客席から割れんばかりの拍手が鳴った。Blu-ray&DVDの発売情報も発表され、告知コーナーは終了した。

kochouki_008 

 最後に織田信長のイラストが描かれたこも樽が登場!! キャストと観客全員の「出撃!!」の掛け声に合わせて、作品のヒット祈願として鏡開きが行われた。樽の中にはお酒の代わりに小さいこも樽とサインボールが入っており、観客へのサインボールのサプライズプレゼントがあった。

kochouki_011 kochouki_009

kochouki_010

 盛り上がってきた『胡蝶綺 ~若き信長~』第二弾先行上映イベントも終盤となったところで、登壇キャストそれぞれから本日の感想が語られ、終演となった。

DATA
■胡蝶綺 ~若き信長~
公式サイト:wakanobu.com
公式Twitter:@wakanobu_anime

ON AIR:AT-X:7月8日より毎週月曜21:30~
【リピート放送】
7月10日より毎週水曜13:30~
7月13日より毎週土曜5:30~
7月14日より毎週日曜8:00~
TOKYO MX:7月8日より毎週月曜 22:30~
BSフジ:7月8日より毎週月曜 24:30~
WOWOW:7月10日より毎週水曜 24:00~(全話無料放送)
※放送日時は予告無く変更になる可能性がございます。

STAFF:
監督=阿部記之
シリーズ構成=山口亮太
脚本=笹野 恵/澤田 薫
キャラクターデザイン=中嶋敦子
プロップデザイン=宮川治雄
色彩設計=桂木今里
美術監督=三宅昌和
撮影監督=浜尾繁光
編集=松原理恵
歴史設定監修=下山修博
音響監督=名倉 靖
音楽=白戸佑輔
音楽制作=フライングドッグ
OPテーマ=りぶ「疾走」
EDテーマ=May’n「牙と翼」
プロデュース=GENCO
アニメーション制作=スタジオディーン

CAST:
織田信長=小林裕介
池田恒興=内田雄馬

織田信勝=石川界人
帰蝶=花守ゆみり
前田利家=寺島拓篤
沢彦宗恩=立花慎之介
滝川一益=榎木淳弥
おはな=沼倉愛美
お市=東山奈央
生駒吉乃=鈴木みのり
佐々成政=高橋 信
村井貞勝=前野智昭
津々木蔵人=日野 聡

あらすじ:
 明日をも知れぬ戦国の時代を駆け抜けた織田信長。彼の元には常に乳兄弟であった池田恒興が控えていた。ただ生き残るために、ひたすらにあがき続ける。史実を点として押さえつつ、信長を中心としたキャラクターたちが、それを乗り越え新たな物語を紡ぎだしていく。

©揚羽母衣衆/胡蝶綺製作委員会