interview

和田雅成さん&岸本卓也さんが『たびメイト』の男5人のハワイの思い出を語るスペシャルインタビュー

2018.11.05 <PASH! PLUS>

 10月3日からTOKYO MXで放送が始まった、若手俳優たちが旅する番組『たびメイト』。本番組では3つのSectionに分かれ、それぞれが様々な名所を巡ったりアクティビティに挑戦しています。

20181105_tabi_005

 Section1は小澤廉さんと横井翔二郎さんの香港・マカオのほっこり旅。Section2は太田基裕さんのオトナなハワイ旅。そしてSection3は植田圭輔さん、和田雅成さん、松村龍之介さん、白柏寿大さん、岸本卓也さん5人のハワイ旅。

 今回はそのわちゃわちゃハワイ5人旅組の和田さんと岸本さんに旅の思い出をうかがって来ました。大所帯、しかも一軒家で共同生活という見どころたっぷりなSectionということで、和田さんも岸本さんも思い出がたくさんあるようでした。そんなおふたりには一緒に旅をしたメンバーのことや、ハワイ旅の裏話をお楽しみください!

「ハワイがそうさせる」の意味とは!?

――まず、今回の『たびメイト』という企画を聞いたときのご感想をお願いします。

和田:舞台をやっているときに「こういうこともできたらいいね」みたいな話はしてたんですよ。だから「本当にやるんだ」という気持ちと、「ハワイに本当に行けるの?」という気持ちがありました。行き先はハワイって決まっていたんですが、ハワイに行ける機会なんてそうそうないので良かったです。

岸本:意外とないよね。だからもう「感謝」の一言に尽きますね。しかも弾丸旅だったんですけど、5泊とかゆっくり行かせていただけましたし。本当に恵まれてたよね?
和田:好きなことやらせていただいて、ハワイを堪能できるようにスタッフさんが色々考えてくださって。僕らはそれをただただ楽しむだけという。

岸本:たとえば舞台の共演者とふたりでどこかに出かけるということはあるんですけど。今回は5人だったので、絶対楽しいだろうなと思いましたね。実際面白かったですし。僕は元々他の4人を知っていたので、なんの心配もなく。知ってたからこそ、このメンバーなら大丈夫だと思っていました。

和田:僕もほとんど知ってるメンバーでしたが、寿大の面白さを深く知れて良かったですね。寿大が本当に面白くて! 言葉のチョイスとかとっさの行動がとにかく面白すぎました。キシタクさんとかは計算して笑いどころを作れるタイプなんですけど、寿大はいきなり爆発する感じですね。

岸本:パッて言った一言が面白いんだよね。

和田:一番印象に残っているのは、キシタクさんが開発した“テンションノック”っていうやつで振られた「手が無重力の人」のお題です。あれは一番笑った。

岸本:お題を言われたら俳優たるもの即座に演じて、野球の千本ノックのようにポンポンお題を投げてどんどん返していくというものです。

和田:元々キシタクさんが自分の番組でやっている企画のひとつなんですけど、それをやってみようってことで。その寿大がマジで面白くて、腹がよじれるくらい笑ってましたね。

岸本:注目して欲しい回のひとつですね。

20181105_tabi_004

――他のメンバーの印象的な出来事はありますか?

和田:のすけにはないです。

一同:(笑)

和田:でものすけの可愛いところはあるんですよ。ロケが終わってから「俺は何も残せなかった……」って言っていたらしくて。僕はのすけとの仕事は今回の旅が初めてで、真面目な子だなっていう印象がありましたが、やっぱりその通りでしたね。嫌味がなくていい青年でした。それはきっと番組を見てくれる方にも伝わるんじゃないかなと思いました。

岸本:本当に嫌味がないよね。この中での一番の癒しでしたね。

和田:植ちゃんはもう計算男ですよ。

一同:(爆笑)

岸本:植ちゃんの代わりに言うけど、ヤバイよ (笑)。

和田:彼はいい意味で一番視聴者の方に提供できる人。

岸本:ロケにおける正解というのを植ちゃんとのすけが一番やってくれました。今どういうことをしているか、ふたりが言葉にして伝えてくれるんですよ。だから俺たちはそれに後から補足するようにコメントを入れたりしてましたね。

和田:こんなにいいメンバーがいるなかで、僕は本当に最悪でした! 朝起きないし……。

岸本:起きて来ないことをあらかじめ予想していたので、それを逆手に取って「カメラで撮るといいと思いますよ」と言いました。なので寝起きドッキリじゃないですけど、起こしに行くところなんかもお見せできます。

――5人それぞれの役割はありましたか? たとえばリーダーはどなただったのでしょうか。

岸本:リーダーは植ちゃんじゃない?

和田:そうですね、回しの植田です。

岸本:そのサブに松村がいて。

和田:お笑い担当の岸本。

岸本:先輩たちの太鼓を持つ白柏。で、マイペース和田。

和田:はい。(笑)

――数々の思い出があるとは思いますが、一番印象に残っているシーンを教えてください。

和田:うわー、ありすぎて! でも僕が一番感動したのはウミガメですね。
岸本:俺もウミガメだ。とにかく海が本当に綺麗だったんですよ。日本では絶対に見られない色というか、コントラストをしていて。「こんなに近くにウミガメが泳いでるんだ!?」とか、感動を超えてカルチャーショックすらありましたね。

和田:もはや異世界でした。

――和田さんがブログに書かれていた岸本さんの名言「ハワイが俺をそうさせる」について詳しくお聞きしたいのですが。
岸本:それはオンエアを観てください!(笑)

和田:僕ら男子校みたいなノリだったんですよ。だからダメな時間というのもあって(笑)。「ハワイがそうさせる」って言いたいだけの時間というか、それしか言わないんですよ(笑)。たぶん放送されないと思うんですけど、自分が好きな『ONE PIECE』のネタを放り込み続ける時間もありました(笑)。

 高校生の頃、ハマった1個のワードを使い続けてたりしませんでした? そのワードをキシタクさんが生んだんですよ。「なんでそんなことするの?」って聞くと「ハワイがそうさせる」って答えるっていうのがお決まり。

岸本:ハワイという土地が俺をそうさせましたね……。

和田:そんなこと言っている人が船酔いでベロベロで、「やかましいわ!」って(笑)。

岸本:もちろん酒に酔ったんじゃなくて船酔いですよ。あのときは本当に気持ち悪かった。オンエアを観ていただいた方はわかると思うんですけど、ボッコボコのぐでんぐでんでしたね。旅の唯一のつらい思い出は船酔いです。

和田:僕はアスレチックのジップラインがつらかったです。

岸本:彼は高所恐怖症なので。

和田:楽しいんですけど、怖いんですよ! でも「仕事仕事」と思いながらやりました(笑)。

岸本:アスレチックの説明とかもちろん英語なんですよ。みんなわかってなくても「GO!」って行ってたんですけど、彼だけGOしないという。

和田:「なになに? ちゃんと説明して!」「危険はどこ?」って(笑)。本当に命の危険を感じてダメでしたね。

岸本:あはは。

和田:めちゃくちゃ悪い顔で笑ってる! 隣でずっと「行けるって!」とか言ってましたよね?

岸本:ジップラインでは死なないから。

和田:ハワイは俺をそうさせませんでしたね、あのときばかりは。

――最後にファンの皆さまへのメッセージをお願いします。
和田:僕らは旅を楽しむだけだったので、皆さんに「楽しんでください」って提示していないんですよ。僕は『たびメイト』のような番組を観るのがすごく好きなんですけど、感想は観てくださった方に委ねます。あとは、ハワイのことを何も知らないまま行っても「こんなに楽しめるんだ」というのをお伝えできればいいなと思います。

岸本:回を重ねるごとに5人が親密になって、そのことからリラックスしているのがわかると思います。普段は舞台を中心に活動しているメンバーが多いので、そういうところをお見せすることはないんですよね。僕たちの素に限りなく近いものが観られるのではないでしょうか。元々他の4人のことは好きでしたが、回を追うごとにその気持ちが増していったので、番組を観てくださる方々も同じように好きになってくれたら嬉しいなと思います。

20181105_tabi_002

■パッケージ情報
【DVD】たびメイト 1巻
発売日:2018年12月14日予定
【収録内容】
●DISC1:第1話~第3話/●DISC2:未公開特典映像

【DVD】たびメイト 2巻
発売日:2019年1月25日予定
【収録内容】
●DISC1:第4話~第6話/●DISC2:未公開特典映像

【DVD】たびメイト 3巻
発売日:2019年2月15日予定
【収録内容】
●DISC1:第7話~第9話/●DISC2:未公開特典映像

【DVD】たびメイト 4巻
発売日:2019年3月15日予定
【収録内容】
●DISC1:第10話~第12話/●DISC2:未公開特典映像

【DVD】たびメイト 5巻
発売日:2019年4月12日予定
【収録内容】
●DISC1:第13話、特典映像/●DISC2:未公開特典映像

◆各巻アニメイトオリジナル特典:キャストブロマイド(全3種よりランダムで1枚)
◆アニメイト連動購入特典:全5巻購入特典・未公開特典映像DVD

価格:各5,184円(税込)/各4,800円(税抜)
発売元・販売元:株式会社ムービック

公式サイト:https://www.tabimate.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/tabimate

© MOVIC

タグ