stage_movie

実写映画『東京リベンジャーズ』公開10日間で興行収入15億円突破!『るろうに剣心 最終章 The Final』と並ぶ勢い

2021.07.19 <PASH! PLUS>

 実写映画『東京リベンジャーズ』が、公開から10日間で動員110万人、興行収入は15億円を突破した。

20210719_tr_001

 今最も男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」。3月に累計発行部数1000万部を突破したばかりだが,重版に重版を重ね累計発行部数が2500万部超。週刊少年マガジンで連載されるやいなや、かっこ良すぎる登場人物たちや、人生にリベンジするため過去に戻るたびに成長を遂げていく主人公タケミチの姿、共に力を合わせ立ち向かう熱い仲間たちとの絆、心揺さぶる名言の数々など、今最も男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックスだ。

 新型コロナウイルス影響での公開延期を乗り越えついに封切りとなった映画は、7月9日~7月11日までの3日間で動員50万人を超え、興行収入約7億円のロケットスタートを切り、2021年に公開された実写映画の土日2日間の週末オープニングの観客動員&興行収入No.1を獲得した。

 驚異的な原作の発行部数の伸び、アニメ放映が4月から始まるやいなや定額制配信サービスで上位に位置し続け、Netflixでは『全裸監督 シーズン2』を抑えてランキング1位、YouTubeでの予告編再生数は1800万再生超。Twitter20.4万フォロワー超、Instagram28万フォロワー超、TikTokでの#東京リベンジャーズ 関連動画は11億視聴超。さらにはJC、JK流行語大賞モノ部門2位・コトバ部門3位など、全方面を熱くさせている。

 9日(金)に全国350のスクリーンで公開となった本作は、17 日(土)に全国のスクリーンをライブビューイングで繋いで吉沢亮と山田裕貴による大ヒット御礼舞台挨拶を実施する等、公開記念舞台挨拶に続いて作品の持つ熱量を全国の観客と共有。9日~18日で動員1,107,238人、興行収入1,503,037,850円という驚異的な数字を記録した。今年の邦画実写映画では公開から10日間で15億円突破は、『るろうに剣心 最終章 The Final』と並び、1位タイのスピードとなっている。

作品概要

原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』連載中)
監督:英勉 ◇脚本:髙橋泉 
出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮
主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:tokyo-revengers.jp
公式Twitter:@revengers_movie #東京リベンジャーズ
公式Instagram:@revengers_movie

©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

タグ