stage_movie

『劇場版 声優男子ですが・・・?』諏訪部順一インタビュー到着!初日舞台挨拶&“映画館を活かした”特典実施が決定

2020.01.13 <PASH! PLUS>

 『劇場版 声優男子ですが・・・?これからの声優人生の話をしよう』に、番組でもお馴染みのナレーション“アンドリュー”役を務める諏訪部順一からインタビューが到着!また、シネ・リーブル池袋にて“映画館を活かした”様々な特典実施が決定。

20200113_seiyudansi_002

 まず本編上映前アナウンスを諏訪部順一が担当することに。さらに期間中は、本編には入りきらなかったスペシャルな未公開映像を、毎上映終了後に日替わりで上映するほか、オリジナルマナー動画の上映など、映画館がまさに“声優男子”一色に!

 そして2月14日(金)にはシネ・リーブル池袋にて河本啓佑、白井悠介、山本和臣登壇の初日舞台挨拶も決定。劇場に何度も足を運ぶファンにとってもたまらない、“劇場版”に相応しいイベントが目白押しとなっている。

20200113_seiyudansi_003

20200113_seiyudansi_004

諏訪部順一 オフィシャルインタビュー

――劇場版になることを聞いた時はどうでしたか?

 本気かっ!?と思いました。一体どんな内容になるのだろう?と。想像もつきませんでしたが、やれば出来るものですね(笑)。

――作品をご覧になっていかがでしたか?

 メンバーたちが大自然を舞台に楽しんでいましたね。そんな中、真面目な表情なども。声優という仕事をする中、彼らもいろいろと考えることや、悩みなんかも抱えているんですよね。たき火を囲んで語り合うシーンでは、そういう素の部分が垣間見ることができるのでは。自分は年齢も芸歴も上で、彼らの先を歩いている感じなので、あのくらいの頃の自分はどうだったかな?と改めて思ったりもしました。

――諏訪部さんご自身は“声優男子”メンバーたちと同じ年齢の頃はどんなことを思っていましたか?

 TVアニメは3ヶ月で終了となる作品が昨今多く。その時点で声優は失業となるわけです。新しい作品に出演できる保証は一切ありません。つまり、頻繁に失業と就職を繰り返すような極めて不安定な仕事と言えるでしょう。「どうすればもっと表現力を上げられるのか?」「この先、生き残っていくためにはどうしたらいいのか?」など、自分もいろいろ考え、試行錯誤していました。彼らの今の様子は過去の自分を見るようでもあり、「みんなまだまだ若いな!」と親目線のような感じになってしまいますね(笑)。

――そんな諏訪部さんが“声優男子”メンバーにアドバイスをしたらどんな言葉をかけますか?

 まぁ、シンプルに「頑張れ!」でしょうか。しかし、自分自身も常に研鑽を続けていかなければいけない身ですので。負けずに頑張
らないと!ですが(笑)

――『声優男子ですが・・・?』番組自体は5周年、パイロット版から“声優男子”メンバーを見守っていらっしゃるアンドリュー役をされていました が、5年間を経て成長したな!という姿はありましたか?

 積み重ねた経験によって、良い意味で緊張しなくなったのではないかと思います。当初と比べて精神的に余裕が生まれたのではないかと。メンバー同士の距離も近くなり、グループとしてのまとまり感も増したように思います。

――“声優男子”メンバーにこれから挑戦してもらいたいことはありますか?

 7人であることを活かした何か、でしょうか。何かはわかりませんが(笑)。今まで以上に、視聴者の皆様に向けて、チームワークの良いところを見せていって欲しいと思います。全員、声優という仕事をしている人間ですから、本業の技術を活かしたようなものも良いかもしれません。

 年齢の幅はありますが、7人は仲間でもありライバルでもあるわけで。お互い刺激し合って、全員成長出来たら素晴らしいですね。こういう企画に参加できるのは、より多くの方に自分を知ってもらえる良い機会です。より一層、真摯な気持ちで取り組んでいただければと。番組を支えてくださっている、スタッフの皆さんや、視聴者の皆さんの想いに応えるべく。

――“アンドリュー”として今後番組にどんな関わりをしていきたいですか?

 生きている虎の “アンドリュー”に御登場いただいて、7人と絡んでいただきたいですね。とんでもなくお腹を空かせた状態のアンドリューとの掛け合い(笑)。その映像に、後日上手にアドリブで言葉を入れさせていただきます。

――これから劇場版を見る人へメッセージをお願いします。

 どうぞ気楽にお楽しみください。さまざまな彼らの表情を御覧いただける映像になっていると思います。アンドリューは・・・見て
のお楽しみです(笑)。 番組開始当初はこんなに続くと正直思っていませんでした。7人の成長をアンドリュー目線でこらからも応援していきたいと思っておりますので、ぜは ゙彼らのファンの皆様、引き続き応援のほどよろしくお願い致します。本当に感謝の気持ちでいっぱいだ“トラ”!

20200113_seiyudansi_005

DATA
■『劇場版 声優男子ですが・・・? ~これからの声優人生の話をしよう~』

公式サイト:https://www.fami-geki.com/seiyu-danshi/themovie/
ROAD SHOW:2020年2月14日よりシネ・リーブル池袋にて公開

STAFF:
監督=鈴木あゆみ
脚本=奈佐はぢめ ゴージャス染谷
撮影=倉島健一
録音=石井博文
照明=石井久友

企画プロデュース=服部洋之(ファミリー劇場)
プロデューサー=斎藤充崇 福田昌彦
宣伝=眞野りん 小柳大

主題歌:『7人の妖 with 特撮』(EVIL LINE RECORDS)

2020年/日本/カラー/5.1ch
製作・配給:東北新社
提供:ファミリー劇場

CAST:
上村祐翔 梅原裕一郎 河本啓佑 小林裕介 白井悠介 本城雄太郎 山本和臣
ナレーション:諏訪部順一

©東北新社