寺島拓篤×豊永利行『AD-LIVE ZERO』夜公演をレポート!くじの引きが「強敵」、ポップでカラフルな妖怪の物語

2019.11.17 <PASH! PLUS>

 鈴村健一さんが総合プロデューサーを務める『AD-LIVE』。11年目を迎える今年は、10年で築いた『AD-LIVE』のフォーマットを一度“ZERO”に戻し、よりエンターテインメント性を強めるため、キャラクターの特徴や物語のオチ、演出ギミックなどすべてを「くじ」に委ねるという構造で『AD-LIVE ZERO』として上演されます。ここでは豊永利行さんと寺島拓篤さんが参戦した9月22日夜公演の様子をレポートします。

ADZ_w-B1board_all_fix2_ol

 開演前、ステージに現れたのは総合プロデューサーの鈴村健一さんとクリエイティブプロデューサーの森久保祥太郎さん。この日の昼公演は、あつらえたように物語を展開しやすく、それぞれのつながりをイメージしやすいくじが引かれたある意味「神回」でした。ところが夜公演は「くじって嫌だね…」「強敵を引きましたね」とお二人。森久保さんに至っては、「この回の出演じゃなくて良かった」と感じたほどだったと語られたあと、設定と演出の一部が会場に明かされました。

2019116_ad06_001 2019116_ad06_002 2019116_ad06_015

※後述内でくじ引き結果は【】で表記しています。

 寺島さんが【自分がイケていると思っている】【正義感溢れる人】の“ZACKT(ザクト)”、豊永さんが【都会での生活に疲れている】【カウンセラー】の“エチゴ”という設定と役名であることが明かされます。「強敵」なくじの設定を乗せつつどうやってオチに向かうのか、まったく予想がつかないままに『AD-LIVE』がスタートしました。

 ステージ開始直後、ナレーションが入ります。「ここは【合コンパーティー会場】、ZACKTは【追手から逃げるために】、エチゴは【ご飯派とパン派の戦争を終わらせるために】ここにやってきた。これは【心温まる妖怪の】物語である」。あまりにカオスな設定に冒頭から客席は大爆笑。

 明転した舞台には、鼻の長い仮面を付け、キラキラした衣装を身に着けた鈴村さんが合コンパーティーの司会者として登場。まだ誰もいない舞台で合コンの司会の練習をしているところに、茶色のフサフサした耳を付けた袴姿の豊永さん演じるエチゴが、カラフルな打掛を羽織って登場。ゴージャスかつアンニュイな雰囲気で狐の妖怪を演じます。

 一向に誰も来ない合コン会場で他の参加者を待ち続けるエチゴの元にやってきたのが、迷彩服の上に縦縞の着物、大きなサングラス姿の寺島さん演じるZACKT。妖怪退治にやってきたというZACKTでしたが、エチゴからは敵意を感じないことから彼は対象外と認定します。

2019116_ad06_003 2019116_ad06_004 2019116_ad06_005 2019116_ad06_006 2019116_ad06_007

 演出やアドリブワードで小気味よい笑いを織り交ぜつつ物語が進む中、森久保さんが、エチゴと顔見知りの合コンに来た客として登場。最近の合コンで絶対やるという「あっちむいてホイホイホイ」ゲームの練習で会場を大笑いさせたのち、実は彼がパン派であることが判明します。そこにご飯派の大ボス・グリッターボトルとして鈴村さんも登場。パン派とご飯派の戦いを止めようとしたけれど止められなかいエチゴは、実は自分はパスタ派であることを明かし、三つ巴の争いに展開するのか!?と思わせたところで、ZACKTが昔のアルバムを発見。パン派とご飯派が仲良かった時代の写真が張られているのを見たエチゴとグリッターボトルがしんみりし、「戦いなんて不毛だ」という結論に達します。

 果たしてこの戦争はどういう結末を迎えるのか…?最終的には豊永さんがひいた「ジャングルアイランド」というアドリブワードがまさかの奇跡を起こす公演となりました。

2019116_ad06_009 2019116_ad06_010 2019116_ad06_011 2019116_ad06_012 2019116_ad06_013 2019116_ad06_014

 舞台終了後、寺島さん、豊永さん、鈴村さん、森久保さんがステージに集まり今回の舞台を振り返ります。「どこに着地するか全然わからなかった。今回の『AD-LIVE』の中で一番長かった」と鈴村さんが振り返った今回のステージは、即興部分だけで予定の60分を超えていました。寺島さんが自身のプライバシーが難しかったと語ったり、「『心温まる妖怪の物語』という方向性も大変だったよね」と皆でうなずき合います。演出やネタを役者陣がノリノリで楽しむ場面が多かったことに鈴村さんが触れると「だって面白かったんだもん」と豊永さん、森久保さんが言い切り、さらに笑いを呼びました。

 22日夜の回は、“役者”にフォーカスしても見どころの多い公演でした。まず、アンニュイで怪しげな妖怪だったエチゴが、途中からなぜか一人称が「わたし」になってオネエキャラに変わってしまったり、ZACKTが全く違う人格で登場したり。また、鈴村さんも司会者、ご飯派の妖怪、さらにその大ボスと3役で登場。森久保さんはお約束の「ホンマ」さんとパリピな合コン参加者として登場して客席を沸かせました。それぞれがカラフルな衣装を着ていたこともあり、役者は4人だったにも関わらず、とても賑やかで華やかな印象の舞台となりました。

 カオスすぎる設定ばかりになったくじ引きでしたが、最後の「ジャングルアイランド」という最強ワードが物語をきれいにまとめ上げ、時間を忘れて笑えた、楽しい舞台となりました。

【公式ホームページ】 https://ad-live-project.com/
【公式ツイッターアカウント】 @AD_LIVE_Project

© AD-LIVE Project

タグ