『AnimeJapan 2016』アニメイト30周年記念作品「ツキウタ。THE ANIMATION」ステージレポート

2016.05.10 <PASH! PLUS>

朗読劇ありフリートークありの楽しいステージ♪

Photo:守屋貴章

 2016年3月26日(土)、27日(日)に東京ビッグサイトで開催された『AnimeJapan 2016』REDステージにて、女性に大人気コンテンツ『ツキウタ。』のステージが開催されました。

 スタートはツキプロダンサーズによる『GRAVITY!』(Six Gravity)『ONE CHANCE?』(Procellarum)の踊りからスタート。ファンにはなじみの曲に、客席の熱気も徐々に上がります。盛り上がったところで間宮康弘さんが登場。『ツキウタ。』でProcellarumのマネージャー・黒月 大役を演じる間宮さんは、この日は司会としてキャストたちをまとめます。続いてステージには鳥海浩輔さん(Six Gravity・睦月 始役)、前野智昭さん(Six Gravity・弥生 春役)、蒼井翔太さん(Procellarum・水無月 涙役)、羽多野渉さん(Procellarum・文月 海役)が登壇。大きな歓声が巻き起こりました。

7DM_0932 C51C2181
 まずは『ツキウタ。ラジオ特別編~Anime Japan 2016 Ver.~』と題した、キャラクターたちによるラジオ公開収録風の朗読劇から。番組内では春が先日車の免許が取れたこと、海が隼と海外ロケにいくならどこにする? などの話題が飛び出しました。ちなみに春と同じ時期に車の免許を取ると宣言していた始はようやく教習所に申し込みに行ったばかりなのだとか…。これも忙しいアイドルの性!?

C51C2202

 また「アニメ化に至って一番気になることは?」の話題になり、「アニメは今夏スタート」「SixGravity、Procellarum全員が寮に揃った状況から話は始まる。始、春、隼は大学1年生」「基本的に1話完結で、毎回メインのキャラクターが変わる」「物語はコメディからシリアスまでバリエーション豊か」「新曲あり!」と内容が明かされ、新曲あり!の部分ではひときわ大きな歓声が挙がりました。


 朗読劇の後はフリートークに。鳥海さんは『ツキウタ。』での蒼井さんと羽多野さんの演技を生で聞いたのは初めてと告白。人気声優さん揃いの作品だけに、所属ユニットが違うと収録で一緒になる機会は今までなかったそう。ファンだけでなくキャスト陣にとっても今回のイベントは貴重な機会だったようです。いろいろ話に花が咲いたところで、サプライズゲストとして増田俊樹さん(Six Gravity・如月 恋役)が登場! ここで増田さんが「たった今であがったばかり」と持参したイベント初出しのPVが上映されました。スタイリッシュな映像にキャストも観客も目が釘付けに。否応なしにアニメ放送への期待が高まります。

C51C2255 C51C2256 C51C2257
 最後は告知コーナー。アニメイトとの各種コラボ企画が夏に決定、一番くじの発売、コミカライズ連載(一迅社)も決定など盛りだくさんの内容が伝えられました。

タグ