other_content

『前野智昭のGIANTS YELL!』内海投手&亀井選手へインタビュー!2018年のシーズンの感想や将来的なビジョンを直撃

2019.01.27 <PASH! PLUS>

20181218_maeno_top

 プロ野球球団「読売ジャイアンツ」を声優・前野智昭さんが応援する企画『前野智昭のGIANTS YELL!』。現在発売中の『PASH!2月号』では内海投手と亀井選手に前野さん自身がインタビューを行い2018年のシーズンの感想から将来的なビジョンまでおふたりに聞きいてみたかったお話をうかがいました!ここではその一部を特別に公開いたします。

(※両選手へのインタビューは2018年11月に行われました、内海投手は2018年12月に西武ライオンズに移籍。)

maeno_gaiants01

内海投手と亀井選手に前野さんがインタビュー!その一部を特別公開

前野 本日は貴重なお時間をありがとうございます。僕は大の巨人ファンでして。そして、僕も1982年生まれなんです。

内海 同級生や!

前野 そうなんです! 同い年ということで、とくに熱を入れて応援させていただいているんですけどもアニメやゲームファンの方々にも、プロ野球や僕が大好きなジャイアンツの魅力をお伝えしたいなと思いこのような企画を立ち上げさせていただきました。

内海・亀井 ありがとうございます!

前野 いくつか僕が個人的にお聞きしたいことがありまして、質問をご用意させていただきましたのでお聞かせいただければと思います。よろしくお願いします!

内海・亀井 よろしくお願いします。

前野 まず2018年の個人の成績を振り返ってどのような感想をお持ちなのかを、亀井選手から教えていただけますか?

亀井 9年ぶりに規定打席(打撃ランキングの対象となるために必要な打席数)に達したというのは、自分自身でも評価できるかなとは思っています。後半は少しこの年齢なのでバテてしまったのが反省点でもありますね。

前野 昨季は走者が得点圏にいる場面での打席が多くて、亀井選手の勝負強さが際立っていましたよね。

亀井 ここ2年ほどは代打をやらせてもらっているので、そういう緊迫した場面で打たなきゃいけないのが自分の仕事だし、それができなくなったら僕はもう終わりだな、と思っているので。ただ、シーズン前半は(打率が)4割ぐらいあったんですけど、先程も言いましたがこの歳なので後半はバテてしまって(苦笑)。ぜんぜん打てなくなってしまったのはやはり反省点ですね。

前野 ありがとうございます。では、内海投手はいかがですか?

内海 自分的には大満足のシーズンでした。5勝5敗という成績ですけれど、2月のキャンプの頃には戦力としてどうなのか?という状態で、一軍にあがれるかどうかも微妙なぐらいだった。でも、一発のチャンスをしっかりつかめて。最後まではいられませんでしたがシーズンの半分ほどは一軍で投げられましたし、ここ2~3年を振り返ると、なかなかないことだったので、2019年に向けていい感じで投げられたシーズンだったなと感じています。

20190108_maeno_001

前野 最初にお話ししたように僕も、おふたりと同じ36歳なので、今後についてはけっこう考えたりもするんですが、おふたりは将来的に監督として指揮を執ってみたいとか、将来的なビジョンはお持ちなんでしょうか?

亀井 そればっかりは自分で決められることじゃないので、なんとも言えないですけど。自分のなかの希望として、いつか指導者をやってみたいなって気持ちはありますね。

内海 僕も一緒です。ずっと野球しかやってきていないので、最後まで野球に携わっていきたいなと。なので、将来的に指導者というか、プロの世界で監督をやってみたい気持ちはありますけど。

亀井 僕はプロかアマチュアかにはこだわりはないかな。繰り返しになりますけど、自分で決められることではないので。

内海 せやな。オファーがないことには話にならん(笑)。

前野 いや、おふたりなら絶対、引く手あまただと思います! もう僕としてはこのままずーっとお話を聞いていたいんですが、そろそろお時間がきてしまったので、最後に来シーズンにかける意気込みをぜひ、お聞かせいただけますか。

亀井 今も話に出たように来季、僕は37歳になるシーズンですし、ジャイアンツも若返りを図る時期に来ていると思うんです。ただ、そんななかでも自分たちには経験というものがありますから。それを活かして、チームに貢献できるようにやっていきたいです。と同時に、若い選手たちのバックアップといったら偉そうですけど、力を発揮できるようにサポートしていきたい。

 僕らくらいの年齢になるともう、若い人たちをライバルとは思わないですから。そのなかで少しでもチームの力になることができればなと思っています。

前野 若手育成はベテラン選手だからこそできる仕事でもありますよね。

亀井 もちろん、まず自分がしっかり仕事をするのが一番ですし、それがあったうえでのサポートですけど。

20190108_maeno_002

前野 内海投手はいかがですか?

内海 そうですね、できれば開幕ローテーション入りと言いたいですけど、今の巨人は若手にもいいピッチャーがいっぱいいますから。そんななかでも「ああ、やっぱり内海がいてよかったな」と思ってもらえるようなピッチングができるように、しっかり準備をしていきたいなと思います。

前野 ファンとしてもこころ強いです!来シーズンも精いっぱい応援させていただきます!!

亀井 ありがとうございます。

内海 がんばります!

全文やすべての写真を見たい方は、こちら!(Amazon)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PASH! 2019年 02 月号 [雑誌]

20190127_maeno

※当サイトの画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.