interview

BLドラマCD『好きでごめん。』伊東健人、八代 拓、古川 慎インタビュー&写真到着! 伊東「上手い耳責めがたくさん聴けるところが聴き所かと!」

2020.01.17 <PASH! PLUS>

 オカモト 優さん作の大ヒットBL『好きでごめん。』ドラマCDが、ホワイトデーの3月14日に発売! キャストの晃太役:伊東健人さん、陽翔役:八代 拓さん、司役:古川 慎さんのインタビュー&写真が到着したのでご紹介しよう。

sukigomecc_010

晃太役・伊東健人&陽翔役:八代 拓インタビュー

――収録の感想を教えてください。

晃太役・伊東健人)晃太を演じるのは、僕の中では非常にチャレンジでした。今まで演じたことのないタイプのキャラクターで、しかもBLでは攻を演じることが圧倒的に多く、受の機会が少なかったので。受は攻に打ってもらったサーブを返す作業が多くなるので、相手により呼吸を合わせないといけないから「どうなるんだろう?」と少し不安でした。でも相手は“八代 拓”なので、きっと大丈夫だろうと(笑)。そんなワクワクとドキドキを抱えていましたが、収録が始まった瞬間から「今日は楽しいな!」と感じて、最後まで楽しく演じることができました。

陽翔役・八代 拓)健人くんをはじめ周りの方々がすごく温かくて、良い雰囲気で収録できました。たぶん作品のピースフルなところが、現場の雰囲気に現れていたのかと。陽翔はわかりやすくS気があって賢くてデキる男の子だったので、自分と照らし合わせた時にちょっと背伸びしなきゃいけないところもあったんですが、収録が始まるとセリフ1つ1つが楽しくて、家で練習している時にあんなにいろいろと考えていたことが、深く考えず自然体でできた感覚がありました。健人くんが演じる晃太が、心にスッと入って来てくれたからだと思います。

sukigomecc_001

――演じたキャラクターの感想をお願いします。

伊東)晃太は“ザ・普通”です。ネガティブ思考だし、陽翔みたいにモテる訳でも、ビジュアルがすごく可愛い訳でもない。でもお話を読み進めていくと分かるのですが、純粋で保護欲を掻き立てて守ってあげたくなる、まさに“愛される主人公”なんです! 陽翔が魅力的なので周りの女子生徒を惹きつけてしまうからでしょうけど、作中の女子はみんな押しが強いんです。なのに一人だけ押しの強くない奴がいる。それが晃太なんです。そこら辺を含めて晃太の立ち位置が面白いですよね。

八代)陽翔は“モテる”と言うと言葉が軽いんですけど、本当にイケてるんですよ。まだ高校生にも関わらず物事を色々考えられるし、基本的に冷静で人を傷つけない。すごくデキる子です。だから人に好かれる。同性から見ても憧れてしまう魅力がドバドバ出ているキャラクターだったので演じるプレッシャーたるやすごいものがありました。

――「ズバリここが聴き所!」というオススメのポイントを教えてください!

伊東)陽翔の囁きです。今回のドラマCDは耳に訴えかけてきますね。まさに耳責め! キスシーン以外でも囁くところが多くて、僕は何も考えず囁きに反応すればいい訳ですから、非常にやりやすかったです。ということで、それだけ上手い耳責めがたくさん聴けるところが聴き所かと!

八代)僕は晃太が泣いているシーンです。晃太の泣きは「お前泣き止めよ」とか「うるせぇな」じゃないんですよ。もう「可愛いねぇ~」となってしまう! 泣いている理由もですが、泣いている最中でも一所懸命言葉を伝えようとする姿勢が、晃太の人となりが出ている所なので、すごく聴き所だと思います。とっても可愛いですよ!

――晃太と陽翔は初デートに遊園地に行っていました。もし初デートで行くならどこに行きますか?

八代)初めてで遊園地はハードル高くない?

伊東)初デートで遊園地…。う~ん、確かに難しいね。でも待ち時間が多い遊園地を乗り切れたら、二人は相性が良いという証明になると思う。最初に長く続くかどうかを図る意味で遊園地行くのは近道ですよね。段階を踏んで行くかは、好みでいいと思うんですけど。 

八代)逆に言えばね遊園地行けたら何だって行ける! でも俺、やっぱ絶対映画だと思うんですよ!!

伊東)映画? 何で?

八代)逆理論だけど、初デートということはこれから関係性を深めていくってことじゃない? お互いのことまだまだ分かんないことも多い中で、映画は素晴らしい! デートの定番スポットの1つでありながら、映画を観ている最中は隣にいるということは感じつつも会話は必要ない訳じゃない?

伊東)確かに!

八代)映画は会話がなくても楽しめる。しかも映画を観た後に食事に行ったとして、映画を観たという共通の話題ができる! 話題に困ることがない! 最高なんですよ! 映画って!

伊東)なるほど。

八代)映画自体が面白いし、金額的にも学生さんから大人まで幅広く行ける。自分が映画を選ぶかどうかは別として、「初デートどこ行ったらいい?」と相談されたら絶対映画を勧めますね。話題に迷う瞬間があっても映画なら大丈夫! 遊園地デートだと1回でこれからの判断ができるとしても、相手が楽しくなかったら嫌だなって。せっかくだから相手にも楽しんでほしいし。そう考えると自分がつたなくて楽しませられなくても映画はきっと楽しんでもらえるので。

伊東)そっか、なるほどな~。でも僕はそこは一足飛びコースかもしれない。最初から遊園地もありだと思う。映画は成り立っちゃうじゃない? 成り立っていいんですけどね(笑)。全力で遊園地を楽しませるプランを考える。そこまで考えて無理だったら、それはもう合わなかった、最善は尽くしたと…。

八代)意見が別れたね(笑)。実際正解・不正解はないですからね。

伊東)そうだね。上手くいくカップルは上手くいくし、上手くいかないカップルは上手くいかないし(笑)。

八代)確かに(笑)。

――ご自身の「好きでごめん。」なモノを教えてください! またその理由は?

八代)チーズ牛丼。旨いし食べることは罪ではないけど食べ過ぎは良くない。どう考えても偏るのは良くない。でもごめん、食べちゃう。空腹の状態になると、すごくチーズ牛丼を食べたくなっちゃう。チーズ美味しいし、牛丼ってペロッと食べられちゃう。でもお腹に入るとガツっとして最高なの。いつまでも牛丼卒業できないんだ…好きでごめん。

伊東)俺はラーメン! お値段もリーズナブルで時間もとらない。あと脂分が喉に良さそうじゃないですか。お手軽な男の一人メシ。ただ食べ過ぎは良くない。何も考えてないと昼夜連続でラーメン食べてる時あるから…。夜食べてる途中で気づく「あれ?昼も食べたわ…」みたいな(笑)。

八代)二人とも偏食でごめん!(笑)

伊東)ちゃんと野菜も食べます!(笑)

――ファンの皆様にメッセージをお願いします。

八代)『好きでごめん。』というタイトル通り、謝ってしまうくらい好きが溢れる二人の不器用な恋愛です。思いがすれ違ったり、6年来の付き合いだからこそ逆に言えなくなったり、痛いほど共感できる心情だったりと、本当に読んでいて心が動く作品です。やり取りにキュンキュンしたり、逆に温かい気持ちになるシーンもあったりして、二人を応援したくなる素敵な作品です。その魅力を音声で少しでも伝えられればと、そして更に魅力が引き出せてればいいなと思いながら収録させて頂きました。ぜひいっぱい聴いて楽しんで頂けたらうれしいです。

伊東)晃太はいつもドキドキしっぱなしで、二人の仲は甘酸っぱくてまだまだ発展途上。こうゆう気持ちをカタチとして残す為に自分は声優という仕事をやっているんだと感じさせてくれた作品です。大人になるとどうしても忘れてしまう気持ちがたくさんあると思いますが、あの頃の気持ちを思い出す為にも、この作品を僕も大事にしたいです。ドラマCDをお聴き下さる皆さんも自分のあの頃を思い出すきっかけにして、そんな気持ちを大事にしてもらえると嬉しいです。原作は続いていますので、二人にはもっとハッピーな将来があるんじゃないかな? 僕自身も成長した晃太の姿を見たいし、また演じる機会があればいいなと思っているので、ドラマCDの続編が出るよう、みなさんも『好きでごめん。』を応援して下さい! よろしくお願いします。

sukigomecc_003

sukigomecc_002 sukigomecc_005 sukigomecc_007

司役・古川 慎インタビュー

――収録の感想を教えてください。

司役・古川 慎)晃太の相談役で二人の間を取り持つ、司を演じさせて頂きました。司のように誰かを支える立場の役柄を演じることがなかなかないので、司くんの、ゆる~い感じと一歩引いて冷静に見ている感じを、楽しく組み立てつつ演じさせて頂きました。

sukigomecc_004

――演じたキャラクターの感想をお願いします。

古川)司は、「こういうふうになれたらいいな」と僕が思う理想のキャラクターです。高校生ですが余裕があってイケメンで若干バイセクシャル。僕はノーマルなのでそこは異なるのですが(笑)。物事を冷静にみていて、かといってクールなわけではなく、優しく受け止められる余裕があって、ひょうひょうとしている感じが、とてもかっこいいなと思いました。僕が近いわけじゃないですけど、僕自身と歯車がかみ合わさった感じがして、演じていても楽しかったですし、やりやすかったです! 

――「ズバリここが聴き所!」というオススメのポイントを教えてください!

古川)陽翔が司に対して、牽制するシーンとか電話口で急に嫉妬心を覗かせる部分が、演じていても印象的でした。司を介して、二人がお互いに思い合っているのが分かるところなので、ニヤニヤしながら聴いて頂けるといいんじゃないかと。

――晃太と陽翔は初デートに遊園地に行っていました。もし初デートで行くならどこに行きますか?

古川)二人が言っていた“遊園地”か“映画”だったら、映画かな。実は今ちょうど観たい映画があるんです。ジャンルはスリラーなんですが、一緒に観に行ってくれたら最高です。ただ、無理して付き合わせる可能性もありますよね。「狂気が滲み出ていてすごかったね…」と引きつった笑いで気を遣わせるのは申し訳ないので、最初のデートは、ほっこりできるようなコメディとか話題の映画の方がいいかも…。それで一緒に楽しめたら! 最初のデートって、お互いの印象に残る大事なデートなので、やっぱり僕は映画がいいです。

――ご自身の「好きでごめん。」なモノを教えてください! またその理由は?

古川)辛いものです。激辛ラーメンとか激辛麻婆豆腐とか、好きだけど実は得意じゃないんです。お腹下しちゃうんで(笑)。身体がついていかないのに、好きだからつい…。激辛麻婆豆腐は月に1回は食べたくなっちゃう! 汗をかきながら食べるのが気持ちいいんですよ。前に、某ラーメン屋の最強に辛いラーメンを食べて、とっても美味しかったんですが、ワンシーズン体調崩しました…。食べてる最中も汗が止まらなかったんですが、その後も、胃と腸の粘膜が破壊されてずっと肌もボロボロで…。そんなツライ思いをしたのに、辛いものを食べたい! と思ったら止められない。もうこれはどうしようもないですね。好きで本当にごめん。

――ファンの皆様にメッセージをお願いします。

古川)純なところがたくさんあるお話です。晃太と陽翔が、お互いに思い合って、不器用ながらも繋がっていくストーリーが、原作を読んでいても実際に演じていても、スッと心に入ってきました。そんな二人を冷静に分析している司くんを演じるのはとても楽しかったです。自分としても納得できるお芝居ができたんじゃないかな。すでにたくさんの方に読んでいただいている人気作品かと思いますが、ドラマCDから興味を持って下さった方がいれば、ぜひ原作も読んで『好きでごめん。』という作品自体を好きになって頂けると大変嬉しいです。コミックスに“1”と書いてあるので、きっと“2”があることでしょう。皆様の「好き!」というお気持ち次第では、“2”もドラマCD化される可能性があると思いますので、応援よろしくお願いします。

sukigomecc_006 

キャラ&ストーリー

 好きな子はいじめたいモテ系ドS×超ネガティブ健気男子!

sukigomecc_001

 チビで地味で平凡な高校生・晃太(こうた)の秘密は、幼なじみでムカつくレベルの超モテ男・陽翔(はると)への片思い。どうせ叶わない恋だと6年間気持ちを隠し続けるが、ある時バレてしまい――

 pixivコミック『ビーボーイP!』で熱狂的BLファンを生み出した新世代注目じれキュンBLが、待望のドラマCD化★ ボーナストラックに『初H、その後』&録り下ろしオリジナルドラマ『キス当てゲーム』も音声収録!

■ドラマCD『好きでごめん。』初回限定キスが止まらないセット
公式サイト:https://www.b-boy.jp/special/sukidegomen/
キューエッグレーベル公式Twitter:@blcd_cel
原作:オカモト優
キャスト:晃太/伊東健人 陽翔/八代 拓 司/古川 慎

発売日:3月14日
セット内容:CD1枚組+描き下ろしマンガ小冊子
定価:3,600円+税
レーベル:Cue Egg Label
発売元:株式会社リブレ 
品番:CEL-097 
JANコード:4571284840973

原作コミック連載WEBページ:https://comic.pixiv.net/works/2883
原作者オカモト優さんTwitter:@str_okmt