anime

【アニメ『時光代理人』GW企画】豊永さん&櫻井さんの関係性がトキの人物像を決める!?

2022.05.03 <PASH! PLUS>

 2021年4月よりbilibili動画にて配信され、わずか4カ月で世界での総再生回数1.6億回を突破したオリジナルアニメーション『時光代理人 -LINK CLICK-』

 本記事では『PASH!』3月号に掲載されたトキ役・豊永利行さん&ヒカル役・櫻井孝宏さんへのインタビューの一部を特別に掲載します!
 (PASH UP!では、『PASH!』本誌の電子版購読サービスや電子版定期購読、電子版+特別付録の送付サービスなどを行っています。興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね!
  3月号はこちら

01

トキ役・豊永利行さん&ヒカル役・櫻井孝宏さんインタビュー

「僕らがバディを組むことで、“ドラマ”が作りたいんだ! という想いが伝わってきました」

 バディ役として共演されている豊永さんと櫻井さん。その間には、これまでふたりが培われてきた関係性が生み出す、心地良い空気がありました。本作ならではの魅力や、アフレコ現場でのエピソードもたっぷりお伺いします!

01

描写しすぎずに魅せる“ドラマ的”アニメーション

豊永:中国発アニメーションということで、日本の文化や価値観とは少し違う部分があるのかなと思っていました。でも結局のところ描かれているのは“人”なんだなと。リアリズムのなかにファンタジー要素が取り入れられていて、分かりやすい物語です。また人物関係を必要以上に描きすぎないことでドラマ性を持たせ、観ている側に考えさせるところも魅力的です。

櫻井:実写ドラマのような質感の作品という説明が、このアニメーションにはフィットするように思います。キャラクターに生身感がありますね。豊永くんも触れていたとおり、視聴者向けの過剰な説明がないのがいい。ストーリーが主体で、そこに登場人物がエッセンスとして落とし込まれている。人物背景や関係性など、視聴者側の情報への欲求やクエスチョンが、物語が進むにつれ自然と解消されるようにできていて、その作られ方がクールでカッコいいなと思いました。

02

“ダイブ”のシーンはタッグマッチ的な新感覚

――それでは豊永さんが演じられるトキに感じる魅力を教えてください。

豊永:ノリは軽いのですが、人のために泣ける青年です。トキは過去に介入するとなったとき、任務としてではなく自分自身の感情で動いてしまうことがあり、それを何度かヒカルに止められる場面があります。そういう姿を見ると、トキは人情味のある子だなという印象です。意識に介入した人物の心を敏感に感じ取り、同調していくような感覚を持つので、観ている方もそんなトキに感情移入していくのではないかなと思います。

櫻井:やっぱり視聴者側としては、トキに肩入れしたくなりますよね。トキはやはり人間力が魅力だと思います。ヒカルはそれをコントロールする側なので、彼の危なっかしさに毎回ヤキモキもしています。ただ、トキのまっすぐな考え方には、ある程度の理解とリスペクトを持っているのではないかなと。現場で直に感じて動くトキの思考や行動理念は、人間の情緒としてとても正しい。でもヒカルはルールに従って動くことに徹しているので、そんな彼らの緊張感あるやり取りも見どころになっています。

――ではヒカルの魅力は?

櫻井:実はトキより年下なんですよね。ここはみなさん、見どころになるポイントなんじゃないですか?

豊永:どういうことですか!?(笑)

櫻井:いや、相関的に(笑)。コントロールする側が年長者だろうという先入観がありませんか? そういうイメージのギャップがあるかなと。淡々と仕事をこなすヒカルは大人っぽく見えるし、役割も性格もまさに冷静そのもの。ただまだ収録が全部終わっておらず、拾えていない情報もあるため、ハッキリこうだとは言いづらいのが正直なところです。

――ミステリアスすぎる人ですよね。

櫻井:そうなんですよね。不安を煽るような怪しさはないのですが、情報の少なさが謎っぽく映る。勘繰りたくなっちゃうといいますか。これも意図的な演出なんでしょうし、まだ明かされていないことだらけのクールな人物です。

豊永:本当にミステリアスな人ですよね。僕も本作の結末をまだ知らないので、この先ヒカルのことがどれくらい詳しく描かれるのか分からなくて。ヒカルは自分の信念やルールの下に行動しているだけだとは思いますが、謎のままエンディングを迎える可能性もありますし。あとは魅力を挙げるなら、やっぱり櫻井さんが演じられていることです!!

櫻井:いやいやいや(笑)。

豊永:より深みがあるお芝居で……。

櫻井:黒幕感もある?(笑)

豊永:えっ、この後トキを裏切るんですか!? (笑)とにかく絶妙なアプローチで櫻井さんとヒカルのリンクが深まっていて、それによってよりヒカルの魅力が引き立てられているなと、毎回現場で思っています。

櫻井:まさに“LINK CLICK”ですね!

――ありがとうございます!(笑)収録時のエピソードも伺いたいです。

櫻井:豊永くんがヒカルと私の親和性について話してくれましたが、私も同じことを思っていて。というのも、トキのキャスティングが豊永くんに決まったと聞いたときに、トキの人物像が自分のなかでしっかりと固まったんです。僕らはそこそこ共演歴があるので、バディ役としてのやりやすさはありました。

03

豊永:最初の収録も、第1話の現場っぽくはなかったですよね(笑)。

櫻井:そうそう(笑)。すぐに場の空気ができました。豊永くんのお陰ですね。作品のテンポやスピード感を背負っているのはトキで、それを豊永くんが完璧に作ってくれていて、収録の道標となっています。合いの手やリアクションが基本のヒカルに比べて、トキ役の豊永くんはかなりの重労働ですからね。

豊永:ありがとうございます。この役のお話をいただいたときに、冒頭でも話した「ドラマにしたいんだな」という意図があるのかなと思いました。そのうえでヒカル役が櫻井さんだと伺って、僕もなるほどなと納得しました。

――トキがダイブする際、豊永さんとゲスト役のキャストの方のセリフ割りは、オリジナル版どおりに進められているのでしょうか?

豊永:オリジナル版をベースにしつつ、若干変更を加えたところもありました。ダイブする人物が男性の場合、どちらの声優さんが演じられているか不明瞭な部分もあって、そこはふたり分収録して判断していただく形になっています。僕としては、ゲスト役のキャストさんとタッグマッチをするかのように、一緒にお芝居を作っている感覚でした。他の方が演じているキャラクターに自分もトキとして入っているので、その役者さんが発するセリフもトキが喋っているものなんだと把握し、前後関係もきちんと理解しておかなければならないので、そこは難しかったです。「この言葉の意味合いや重みが変わってくるな……」など気に掛けながら演じています。本作に出演したことで初めて得た、新鮮な感覚でした。

04

05

Blu-ray&DVD vol.1&vol.2 発売中! Vol.3は5月25日発売予定

 アニメ『時光代理人 -LINK CLICK-』のBlu-ray&DVDが好評発売中です。完全生産限定版には、vol.1~3のいずれにも三方背BOX、特製ブックレット、特典映像が付属します。Vol.3は5月25日に発売予定です。

010203

 

アニメ『時光代理人 -LINK CLICK-』公式サイト
アニメ『時光代理人 -LINK CLICK-』公式Twitter
(C)bilibili/BeDream

 

『PASH!』3月号 電子版購読ページはこちら!

タグ

オススメ
あわせて読みたい