anime

アニメ『鬼滅の刃』“竈門”、“杏寿郎”、“猗窩座”はなんて読む? これから見る人でも間に合う難読キャラ名&用語攻略! 【浅草編】

2021.10.15 <PASH! PLUS>

 原作:吾峠呼世晴、アニメーション制作:ufotableによる大人気アニメ『鬼滅の刃』。10月10日より無限列車編がいよいよスタートしました。

main

 先日、“竈門炭治郎 立志編 特別編集版”や劇場版“無限列車編”が放送されたこともあり、ここ最近で興味を持ち始めた人も多いのではないでしょうか。

 しかし、本作を観るうえでの悩ましいのが“ともかく名前や用語の漢字が難しい!”ということ。アニメではキャラクターがしゃべってくれますが、誰かと“鬼滅語り”する時、話の流れについていけるようにするためにも正しく名前や用語は覚えておきたいですよね。

 本記事では、“浅草編”で登場した基本中の基本から筆者も覚えるのに苦労した難読人名・用語までしっかり解説していきます。

 なお、難読人名・用語解説記事は“兄妹の絆”、“浅草編”、“鼓屋敷編”“那田蜘蛛山編”“柱合会議・蝶屋敷編”の5つに分割しています。また、ストーリー紹介記事なども掲載中なので、ぜひチェックしてみてください。

アニメ『鬼滅の刃』無限列車編はいよいよ10月10日放送! 今から追いつきたいあなたのためにアニメ1期を一気にチェック!
TVアニメ『鬼滅の刃』“鬼”役が豪華過ぎる!知らないなんてもったいない声優まとめ

※主にアニメの劇中にて登場する人名・用語を解説しています。

“浅草編”難読人名・用語解説(アニメ第6~10話)

■鬼舞辻無惨:きぶつじむざん

022

 鬼が引き起こす惨劇の元凶にして、炭治郎を含む鬼殺隊の宿敵。呼ばれる時は大抵“無惨様”か“無惨”なので、我々がよく使う熟語の“無残”と文字が違う点は要注意です。

 一方、苗字の“鬼舞辻”はあまり使われることがなく、“辻”の正式表記も“一点しんにょう”で読むにも書くにもくせのあるお方です。

■珠世:たまよ

011

 浅草にて出会った炭治郎の協力者で、人の心を取り戻した鬼です。無惨や十二鬼月の存在を知っているなど、この時点では謎も多いです。

 鬼の中では比較的読みやすい名前ですが、同じ読みで“珠代”という名前もあるのが注意点。吉本新喜劇の島田珠代さんもこちらです。検索サジェストに『鬼滅の刃』が表示されることが多く間違いを加速させます。

■愈史郎:ゆしろう

012

 人の心を取り戻した稀有な鬼であり、炭治郎の協力者でもある珠世を慕う鬼の青年。

 “愈”というなかなかお目にかかれない漢字を使っている点を除けば、珠世と並んで名前がある鬼の中では比較的読みやすい名前です。

■矢琶羽:やはば

023

 無惨の命令を受けて炭治郎を襲った鬼の片割れ。対象に運動ベクトルを付与する矢印を操ります。

 劇中では“弱すぎる”と評価されていましたが、名前の読みづらさはかなりのもの。読みがなを見ると、漢字一文字に一音で読むシンプルな名前とわかりますが、一目でわかった人はかなり少ないのでは?

■朱紗丸:すさまる

024

 無惨の命令を受けて炭治郎を襲った鬼の片割れ。こちらは毬を使って戦います。“矢琶羽よりも出番が長かったほう”で覚えている人もいるのではないでしょうか。

 名前についても、難しい漢字や捻った読み方がないので矢琶羽より印象に残りがちです。

鼓屋敷編の難読人名にもチャレンジ!

004

 答えは“鼓屋敷編”の難読人名・用語解説記事で!

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記です。
※煉獄の「煉」は「火+東」が正式表記です。
※鬼舞辻の「辻」は「一点しんにょう」が正式表記です。
※画像は公式サイトをキャプチャーしたものを含みます。
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

タグ