anime

『フルーツバスケット』神谷浩史が神様役に!「奇跡のような作品を多くの方に受け止めていただけたら」

2021.06.11 <PASH! PLUS>

 6月14日(月)深夜放送予定のTVアニメ『フルーツバスケット』The Final第11話に登場する神様のキャラクターボイスを、神谷浩史が担当することが決定。コメントも到着した。

20210611_furuba_001

 神様のキャラクタービジュアル・ボイスと同時に公開されたThe Final第11話の先行場面カットには、本田 透(CV:石見舞菜香)と草摩 夾(CV:内田雄馬)が愛おしそうにお互いを見つめ合う姿や、神様が猫を大事に抱きかかえる姿が描かれており、「さようなら」というタイトルとあいまって、ついに物語がクライマックスに突入することが伺える。

 神様と十二支、猫のストーリーは、原作でも人気があり、不変・永遠を大切にした神様が、猫の言葉を拒絶しながらも、時が流れ、さまざまな想いを抱く。そんな難しい役どころである神様を演じる神谷からは「一度映像化された作品が、原作の最終回まで同じように映像化するには相当な覚悟や作品に対する深い愛情があったのだと思います。そのたどり着いた最後に僕の声と言うのはとてもプレッシャーでしたが、とても光栄なことと思い音を紡がせていただきました。この奇跡のような作品を多くの方に受け止めていただけたら幸いです」と、作品と役への真っすぐな想いを語った。

■神谷浩史(神様役)コメント全文
 一度映像化された作品が、原作の最終回まで同じように映像化するには相当な覚悟や作品に対する深い愛情があったのだと思います。そのたどり着いた最後に僕の声と言うのはとてもプレッシャーでしたが、とても光栄なことと思い音を紡がせていただきました。この奇跡のような作品を多くの方に受け止めていただけたら幸いです。

The Final 第11話「さようなら」

 退院した透は、夾を前にしてつい逃げ出してしまう。会ったら笑おうと決めていたのに。うじうじ引き摺らないように、皆を、夾を困らせないようにと笑う特訓までしていたのに、涙があふれて止まらない。しかし、夾の口から発せられた「一緒にいたい」という言葉が、透を、夾を無敵にする。それは約束の終わりを意味していた。

20210611_furuba_002 20210611_furuba_003 20210611_furuba_004 20210611_furuba_005 20210611_furuba_006 20210611_furuba_007 20210611_furuba_008 20210611_furuba_009 20210611_furuba_010 20210611_furuba_011 20210611_furuba_012 20210611_furuba_013

The Final 放送情報

【STAFF】
原作・総監修:高屋奈月「フルーツバスケット」(白泉社・花とゆめCOMICS)
監督:井端義秀
シリーズ構成:岸本 卓
キャラクターデザイン:進藤 優
美術監督:神山瑶子
色彩設計:菅原美佳
撮影監督:蔡 伯崙
編集:肥田 文
音響監督:明田川 仁
音楽:横山 克
音楽制作:トムス・ミュージック
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:フルーツバスケット製作委員会
The Finalオープニングテーマ:「Pleasure」/WARPs UP
The Finalエンディングテーマ:「春うらら」/ GENIC

【CAST】
本田 透:石見舞菜香
草摩由希:島﨑信長
草摩 夾:内田雄馬
草摩紫呉:中村悠一
草摩楽羅:釘宮理恵
草摩紅葉:潘 めぐみ
草摩潑春:古川 慎
草摩はとり:興津和幸
草摩綾女:櫻井孝宏
草摩杞紗:上田麗奈
草摩燈路:大地 葉
草摩利津:河西健吾
草摩依鈴:豊崎愛生
草摩紅野:梅原裕一郎

草摩慊人:坂本真綾

草摩藉真:森川智之

魚谷ありさ:種﨑敦美
花島 咲:佐藤聡美

本田今日子:沢城みゆき

真鍋 翔:江口拓也
倉伎真知:加隈亜衣 ほか

TVアニメ「フルーツバスケット」公式HP:https://fruba.jp/
公式Twitter:@fruba_PR
公式Instagram:@fruba_pr

©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

タグ