anime

TVアニメ『はめふら』第11話:消えたマリア(CV:早見沙織)の行方は!?眠ったままのカタリナ(CV:内田真礼)への思いを自覚した王子たちは…

2020.06.10 <PASH! PLUS>

 TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第11話「破滅の時が訪れてしまった…後編」のあらすじと、先行場面カットが公開された。

20200610_hamefura_001

 本作は、シリーズ累計150万部を突破した、一迅社文庫アイリスより好評刊行中の同名コミックが原作。タイトル通り、乙女ゲームの悪役令嬢カタリナ・クラエスに転生してしまった17歳の女子高生が、ゲームの世界の彼女の結末であるハッピーエンドで〈国外追放〉、バッドエンドで〈死亡〉と究極の二択、破滅への道を回避するため奔走するその姿を描いている。

 第11話で、突然姿を消したマリア(CV:早見沙織)の消息は掴めず、カタリナ(CV:内田真礼)は首謀者により深い眠りに落ちてしまった。夢の中で前世の姿で生活するカタリナ。一方、ジオルド(CV:蒼井翔太)たちはカタリナを医者に診せるが原因がわからず、悲しみに暮れていた。依然として目を覚ますことはないカタリナを前に、それぞれが自分の気持ちに気づくのだった。

20200610_hamefura_002 20200610_hamefura_003 20200610_hamefura_004 20200610_hamefura_005 20200610_hamefura_006

 さらにこの度、脳内会議メンバー通称「カタリナファイブ」が第11話の内容を説明するWEB限定の次回予告も公開された。

https://youtu.be/Oqtwm09_jfo

20200610_hamefura_007

■『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』詳細
MBS・TOKYO MX・BS11・J:テレほかにて放送

【STAFF】
原作:山口 悟(一迅社文庫アイリス/一迅社刊)
キャラクター原案:ひだかなみ
監督:井上圭介
シリーズ構成:清水 恵
キャラクターデザイン:大島 美和
プロップデザイン:澤入祐樹
美術監督:込山明日香
色彩設計:重冨英里
3Dディレクター:小笠原 努
撮影監督:衛藤英毅
編集:瀧川三智(REAL-T)
音響監督:亀山俊樹(grooove)
音楽:田渕夏海/中村巴奈重/斎木達彦/櫻井美希/
兼松 衆
音楽制作:日音
音楽協力:ミリカ・ミュージック
アニメーション制作 SILVER LINK.

【CAST】
カタリナ・クラエス:内田真礼
ジオルド・スティアート:蒼井翔太(幼少時代:瀬戸麻沙美)
キース・クラエス:柿原徹也(幼少時代:雨宮天)
アラン・スティアート:鈴木達央(幼少時代:田村睦心)
ニコル・アスカルト:松岡禎丞(幼少時代:M・A・O)
メアリ・ハント:岡咲美保
ソフィア・アスカルト:水瀬いのり
マリア・キャンベル:早見沙織
シリウス・ディーク:増田俊樹
アン・シェリー:和氣あず未

【音楽】
オープニングテーマ:angela「乙女のルートはひとつじゃない!」
エンディングテーマ:蒼井翔太「BAD END」

公式HP:https://hamehura-anime.com/
公式Twitter:https://twitter.com/hamehura (推奨ハッシュタグ:#はめふら)

©山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

タグ