anime

「銀河鉄道999」に乗って星に行くにはいくらかかる?値段を算出してみた!

2020.06.06 <PASH! PLUS>

 私が幼い頃大好きだったアニメの一つ『銀河鉄道999』。少年・星野鉄郎が、謎の美女・メーテルと共に、機械の体をタダでもらえる星を目指して「銀河鉄道999号」に乗って旅をするというストーリー。1978年9月14日から1981年3月26日まで放映され、テレビシリーズでは全113話+特別版3話が放映されました。今でも不朽の名作として名を馳せていますが、当時の人気ぶりも相当なもの。かなりのロングランとなりました。視聴率も最高で22.8%を叩き出しています。

 誰しもが憧れる宇宙旅行ですが、アニメで、あれ程ドラマティックに魅せてくれる物語は、なかなかないと思います。「あんな美人と一緒に旅行に行けるんなら、別に機械のカラダはいらないよねぇ…(笑)」と友人とバカな話をしていたことを、ふと思い出しました。

 しかし、その宇宙旅行も今や夢物語ではなく、もう現実に目の前まで来ています。実際に日本円で、およそ2700万円で宇宙へのツアーが企画され、民間人でも20億円以上払って宇宙ステーションに滞在された方がいます。

 そこで今回、銀河鉄道999号の定期券の値段を考察! 一体いくらになるのか、さまざまな旅行サイトを駆使して算出してました。

銀河鉄道

機械の体を手に入れるにはいくらかかる?銀河鉄道999の定期券の値段を算出してみた

 実は、本編で銀河鉄道999の定期券の値段は出てきているのです。映画の1作目で発券機が無期限定期券の金額を245,155,000と表示。もし¥表記なのであれば、2億4515万5千円ですが、これがドルや元など、別の通貨であれば金額は違ってきますし、貨幣価値はもちろん、同じ世界観の作品『銀河鉄道物語』では通貨の単位として「エーブル」が通用しています。

 『銀河鉄道999』内の設定は、西暦2221年。今から200年後の未来ですが、2020年の日本、今の貨幣価値に換算してしてみると……。

◆前提条件◆
●JR九州の新幹線の定期券の料金体系で計算をします。
 ※小数点以下切り捨てとします。
●銀河鉄道999の定期券の期限は、1年、3年、6年、無期限とありますが
 999号は1年で地球とアンドロメダまで行けるので1年定期で計算します。
●座席の等級は考慮しません。
●運転区間 
 地球➡トレーダー➡アンドロメダ
●営業km
 220万宇宙km➡宇宙kmが架空の設定のため定義できませんので
 1宇宙Km➡1kmの実寸で計算します。
 ※km以下は切り捨てとします。

 日本の最新技術の鉄道超特急といえば、新幹線。999号を有する銀河鉄道株式会社もモチーフは旧国鉄(現JR)ですので、わかりやすく、新幹線の料金で照らし合わせてみたいと思います。

 新幹線の定期は最長6カ月のものとなり、JR九州のみでしか発売されていません。(※他の新幹線は最長で3カ月)

博多~熊本間➡¥648,120 6カ月なので単純に2倍します。
¥648,120×2=¥1,296,240 1年定期でこの料金になります。
1Km辺りの料金をだしますと博多~熊本は営業区間118.4Kmです。
¥1,269,240÷118km=¥10,985.0847457となり小数点以下を切り捨てると。
1年間の定期券の料金1km辺り¥10,985となります。
地球~アンドロメダまでの距離は220万km
2200000km×¥10,985=¥24,167,000,000

 お値段241億6700万円です!!

 米ドルだと221,715,596ドル、およそ2億2217万ドルとなります。往復するならさらに倍!おそらく、無期限定期は、この何十倍の金額にもなると思います。

もうすぐ実現!? 夢の宇宙旅行、そして人間の機械化も…

 こんな金額、超高額宝くじにでも当らない限り、手にすることはできませんが…。(※世界最高の宝くじの当選金額16億ドル(日本円:1780億円))

 ちなみに、日本のセレブで、資産2兆円ほど持っている方がいます。海外に目を向けると、世界一の資産家は1000億ドル! 日本円で約11兆円です。これくらいのお金持ちであれば、余裕で買えるのではないでしょうか。まあ、この金額にもなると、劇中で命を張った争奪戦になるのは当然ですよね…。

 999号は、1年で地球~アンドロメダ間片道距離220万宇宙km走破できます。最高時速3000宇宙Km、220万コスモ馬力という仕様で、よくわかりませんが、とてつもなくスゴイパワーなのだというのは伝わってきます。

 普通の旅行では考えられないような、ハプニングが待ち構えていそうですが……命からがら無事に終着駅に到着すれば、機械のカラダがタダで貰えるという素晴らしい特典付き。それに、ガイドには絶世の美女とくれば、金額はともかく、お値打ちではないでしょうか(笑)?

 ひと昔前なら夢物語とされていましたが、もうまもなく宇宙旅行は当たり前になりそうです。そして、人間の機械化が進むかもしれません。

 今見返しても、夢と命の大切さを謳った『銀河鉄道999』。本当に後世に残したい名作アニメの一つだと思います。

参考文献
ウィキペディア  『銀河鉄道999』 『銀河鉄道物語』
RENOTE 『銀河鉄道999』
JR九州ホームページ
クラブツーリズム・スペースツアー ホームページ

 

文・内海 健(よしもとライターズアカデミーウエスト)

ywaw_logo_11_ol

よしもとライターズアカデミーウエストは大阪発信のシナリオライターを育成。詳しくはこちらまで! ⇒https://writers.academy.yoshimoto.co.jp/ 

タグ