anime

『キンプリ ALL STARS』興行収入4500万の大ヒットスタート!初日満足度も2冠達成

2020.01.14 <PASH! PLUS>

 劇場版シリーズ『KING OF PRISM』の総集編となる『KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-』が全国31館で1月10日に初日を迎え、大ヒットスタートを記録した。

20200114_kop_007

 本作は、本シリーズの最大のみどころでもあるプリズムショーからベスト10に選ばれたショーを上映。現在までにシリーズに登場した全29曲のショーの中からファン投票で順位が決定する。

 初日は午前0時より12館で最速上映を実施、夕方からはメイン館の新宿バルト9で豪華キャストによる舞台挨拶が3回行われ、20:05の応援上映の登壇回は全国29館でライブビューイング上映も行い大きな盛り上がりを見せた。翌土曜日は横浜ブルク13、川崎チネチッタでも舞台挨拶が実施され、満席回が続出。

 月曜日までの成績は以下の通り、1月10日(金)動員=10,367名、興収=19,166,200円、1月11日(土)動員=7,482名、興収=12,521,100円、1月12日(日)動員=4,940名、興収=7,651,700円、1月13日(月)動員=3,897名、興収=6,055,100円。4日間合計動員=26,686名、興収=45,394,100円。

 さらに、 “ぴあ映画初日満足度1位94.3点”(1月11日ぴあ調べ)と“Filmarks映画初日満足度ランキング1位”(1月第2週)の映画レビューサイトで2冠を達成。

 本作は本編内に3ルートの分岐があり、1週目は“Over The Rainbowルート”、続けて“ストリートルート”、“ハッピールート”が週替わりで上映される。

 さらに、本編前の特別映像“ウェルカムムービー”も週替わりで4種類用意されており、来る度に楽しみ方が変わる新たな上映スタイルを提供。2週目の1月18日(土)はミッドランドスクエア シネマ、梅田ブルク7で、1月19日(日)はシネシティ ザートでの舞台挨拶が予定されているなど、まだまだ盛り上がりを見せる本作に引き続き期待しよう。

20200114_kop_004

20200114_kop_001

20200114_kop_002

20200114_kop_006

20200114_kop_003

20200114_kop_005

DATA
■『KING OF PRISM ALL STARS -プリズムショー☆ベストテン-』

公式サイト:https://kinpri-allstars.com/
公式Twitter:@kinpri_PR

ROAD SHOW:2020年1月10日より全国公開

CAST:
一条シン=寺島惇太
太刀花ユキノジョウ=斉藤壮馬
香賀美タイガ=畠中 祐
十王院カケル=八代 拓
鷹梁ミナト=五十嵐 雅
西園寺レオ=永塚拓馬
涼野ユウ=内田雄馬

如月ルヰ=蒼井翔太
大和アレクサンダー=武内駿輔
高田馬場ジョージ=杉田智和

神浜コウジ=柿原徹也
速水ヒロ=前野智昭
仁科カヅキ=増田俊樹

STAFF:
原作=タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
配給=エイベックス・ピクチャーズ
製作=キングオブプリズムAS製作委員会

©T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムAS製作委員会

タグ