エレン役は三浦宏規! ライブ・インパクト『進撃の巨人』情報解禁!!

2017.02.06 <PASH! PLUS>

エレン、ミカサ、アルミンのビジュアルも公開!

©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会

 『別冊少年マガジン』にて連載中の漫画『進撃の巨人』の舞台化作品、ライブ・インパクト『進撃の巨人』からキャストや公演情報が公開された。

 今回発表されたのは作品の中心であるエレン、ミカサ、アルミンの3名だ。

 エレン役には『テニミュ』で跡部景吾役を務めた三浦宏規、ミカサ役にはアクロバットやダンスパフォーマンスを得意とする女優・佃井皆美、アルミン役にはシンガーソングライターとしても活躍する阪本奨悟が決定した。

 そのほかにもパフォーマーなどキャストは総勢150名を超えるとのこと。一体どんなステージになるのか、期待しよう。

●エレン・イェーガー役 三浦宏規
singeki_20170203_02

●ミカサ・アッカーマン役 佃井皆美
singeki_20170203_03

●アルミン・アルレルト役 阪本奨悟
singeki_20170203_01

 また今回、キャストと合わせてスタッフ陣も公開された。この公演にはプロデューサーとして、原作コミック『進撃の巨人』の担当編集者・川窪慎太郎の参加が決定。ネルケプランニングの演劇プロデューサー・松田 誠とタッグを組んで本作に臨む。さらに演出はライブ・スペクタクル『NARUTO -ナルト-』などを手掛けた児玉明子が務める。またプロデューサー・川窪慎太郎と演出・児玉明子からコメントも到着したのでこちらも紹介しよう。

●プロデューサー・川窪慎太郎 コメント
 今まで、たくさんの方から「『進撃の巨人』の面白さの核は?」と聞かれてきました。その都度、自分なりに答えてきたのですが、どこかしっくりこない気持ちが残っていました。ですが連載から7年半が経ち、ようやく僕の中で“諫山創が生み出す物語の、面白さの核”を掴めた気がします。その答えを「ライブパフォーマンス」という形で皆さまにお伝えすべく、舞台化に挑戦したいと思っています。楽しみにしていただけたら嬉しいです!

●演出・児玉明子 コメント

 『進撃の巨人』です。舞台化にあたり、原作の持っている世界観を実現するには、この公演の規模、劇場のスケール、150人もの出演者が必要だと思っています。日本を代表する、そして世界で活躍するクリエイターの方々とともに、人間力とテクノロジーが融合した、皆さんに“衝撃の舞台だった”と感じていただけるような舞台を目指し頑張ります! 期待してください!

 

 公演は2017年7月28日(金)より舞浜アンフィシアターにて開幕。チケットはHPメルマガ会員限定の最速先行発売が2月16日(木)12:00~開始。アニメや実写映画とはまた違った『進撃の巨人』の世界が楽しみだ。

DATA
■ライブ・インパクト「進撃の巨人」
singeki_20170203_04
公演日程:2017年7月28日(金)~9月3日(日)
※7月28日(金)~7月30日(日)はプレビュー公演
会場:舞浜アンフィシアター

HP:https://shingeki-stage.com/

チケット:全席指定・税込
 プレミアビューシート 13,000円(特典あり)
 ステージサイドシート 11,000円
 ワイドビューシート 9,500円
 バリューシート 6,500円
 プレビュー5公演(7月28日(金)~7月30日(日))全席一律500円割引
 その他先行受付は公式サイトにて随時発表

●最速先行販売(メルマガ会員限定)(プレビュー5公演のみ受付)
受付期間:2017年2月16日(木)12:00~2月22日(水)23:59 ※その他先行受付は公式サイトにて随時発表
一般発売:2017円年4月9日(日)12:00~


STAFF:
原作=諫山 創『進撃の巨人』(講談社『別冊少年マガジン』連載)
演出=児玉明子
ムーブメントディレクター=Alexandra Rutter(Whole Hog Theatre)
脚本=松村 武
音楽=和田俊輔
ステージング・振付=TAKAHIRO(上野隆博)
アクロバット=吉野和剛
美術=松井るみ
制作=ネルケプランニング
プロデューサー=川窪慎太郎(講談社)、松田 誠(ネルケプランニング)

CAST:
 エレン・イェーガー=三浦宏規
 ミカサ・アッカーマン=佃井皆美
 アルミン・アルレルト=阪本奨悟 ほか