本格高校ラグビー作品『ALL OUT!!』舞台化決定

2016.12.23 <PASH! PLUS>

脚本・演出を務めるのは、「舞台『弱虫ペダル』」シリーズの西田シャトナー

©雨瀬シオリ・講談社/「ALL OUT!! THE STAGE」製作委員会

 高校ラグビーを題材にした本格派コミックス『ALL OUT!!』が、TVアニメ化に続き、舞台化されることが発表となった。

 舞台作『ALL OUT!! THE STAGE』の脚本・演出を担当するのは、『弱虫ペダル』シリーズでも知られる西田シャトナー。ここで原作者である雨瀬シオリと、西田、双方から寄せられたコメントをご紹介する。


◇原作:雨瀬シオリ
1990年生まれ。東京都出身。

「初めてお話を聞いたとき「冗談だろ…」と思ったのですが、関係者の方々に会ってみたら、冗談みたいなことをなんだかんだでマジにしちゃいそうな人たちだったので、ちょっと安心しました。『AO!!』舞台化、新たな表現ぶっとび演出は何が起きるか未知数ですが、一体どんな方法で観客に泡吹かせてくれんのか、私も今から楽しみです」


◇脚本・演出:西田シャトナー
ALLOUTstage_20161222_nishida

1990年、神戸大学在学中に劇団『惑星ピスタチオ』を結成(2000年解散)。パワーマイム演出・カメラワーク演出など、実験と娯楽を融合した表現を多く生み出し、後進に影響を与えた。2012年からスタートした舞台『弱虫ペダル』シリーズでは、脚本・演出として参加。圧倒的な熱量でコミックのキャラクターを演じ切る舞台は漫画原作舞台に新時代をもたらし、「2.5次元演劇の潮流」の立役者と言われる。

「『ALL OUT!!』の舞台化に関わらせていただくことになり、心躍っております。俳優の肉体の力と、観客の想像力を信じ、ラグビーの迫力と熱気を力いっぱい舞台上に表現したいと考えています。
 ラグビーは、予想不可能に弾むボールを追って、生身の肉体がぶつかり合うダイナミックなスポーツです。それはまるで、未知なる未来を手に入れようと一生懸命に生きる、私たちの人生そのものです。また、『ALL OUT!!』は、自分の我を通したがる若者と、他人を傷つけることを恐れすぎる若者たちの心が交差する、等身大の繊細な葛藤の物語でもあります。
 その豊かな要素をしっかりと描くため、最高のキャストとスタッフが揃いました。
 『ALL OUT!!』という言葉どおり、すべてを出し切る舞台を目指します。ご期待ください」


 果たして舞台ではどんなドラマで魅せてくれるのか。今後の続報に期待したい。

 

DATA
ALL OUT!! THE STAGE

会場:Zeppブルーシアター六本木
公演:2017年5月
チケット先行予約開始日:2017年1月27日(金)予定

HP:http://allout-stage.com/
Twitter:@allout_stage

STAFF:
 原作=雨瀬シオリ(講談社 月刊『モーニング・ツー』連載)
 脚本・演出=西田シャトナー

タグ