エヴァをVRで操縦できる! 『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』を体験してきた

2017.05.16 <PASH! PLUS>

新宿歌舞伎町にオープン予定のVR施設に登場

 今夏、新宿歌舞伎町にオープン予定のバンダイナムコエンターテインメントが手がけるエンターテインメント施設“VR ZONE SHINJUKU”に、『エヴァンゲリオン』の世界に入り込み、パイロットとしてエヴァを操縦できるVR アクティビティ『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』が登場する。

eva_001

eva_002

 『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』が設置される“VR ZONE SHINJUKU”は、“体験したくてもできない喜びや驚きを、想像をはるかに超えて実現する”超現実 エンターテインメントをお届けする施設として、さまざまなアソビを施したエンターテインメント空間。

 VR エンターテインメント研究施設“VR ZONE Project i Can”で蓄えた、五感に訴えかける実在感の創出や酔いを抑える技術力、また、IPの魅力をより引き出すコンテンツ開発力を活かし、単なる VR ゲームにとどまらない最先端VR アクティビティを提供する。

 その他にも、プロジェクションマッピングなどの技術を活用したインタラクティブなアソビを楽しめるコンテンツが導入予定。施設規模は約1,100坪が予定されており、施設内には飲食、物販コーナーもある。外壁、内部演出のデザインと演出は、クリエイティブ集団 NAKED(ネイキッド)が担当!

eva_003

 『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』では、プレイヤーはエヴァ正規パイロットが不在の中、プレイヤーはNERVに選ばれた“臨時パイロット”としてエヴァに搭乗し、使徒と戦闘することになる。第3新東京市に迫る最強の使徒、迎え撃つ3機のエヴァ。プレイヤーは3人一組になって初号機、零号機、2号機それぞれのエヴァに乗り込み、最強の使徒<第10の使徒>との戦闘に挑む。

 エントリープラグ内のコックピット(魂の座)が、バンダイナムコエンターテインメントが企画開発した専用体感マシンで再現されており、LCL注入、A10神経接続、シンクロ率計測など、エヴァの象徴的な発進シークエンスだけでなく、地上での使徒との鬼気迫る戦闘シーンも、規格外のスケールで体感することが可能! 地上約80メートルでの視点で展開される戦闘は圧巻だ。

eva_005

eva_013

eva_014

 本日5月16日にプレス向けに開かれた体験会では、冒頭部分である出撃までを体験することができた。PASH!編集部の『エヴァ』好きスタッフの“黒”が参戦してきたので、その感想をお届けする。

eva_004

エヴァのコックピットに乗れる感動で大興奮!

 今まで本作のような“コックピットに乗る”という設定のゲームは、基本的にコックピットから見た外の景色のみがモニターに映し出されることが多かった。しかし本作では、エヴァの目線での景色でありつつ、きちんとエントリーシート内も含めて映し出される。

 しかもVRのため、上下左右を見渡せば、コックピット内部とその向こうに映る景色を眺めることができるのだ。冒頭から、目の前の空間にミサトさんやシンクロ率が表示される演出で、「エヴァの中にいるんだ!」と実感させてくれるので、初っ端から『エヴァ』の世界にどっぷりと浸かれる。

eva_006

 LCLに満たされる感覚もリアルで、「溶液に満たされても本当に息できてる!」と感動! 満たされる瞬間振動や風が起こるので、目だけでなく全身で体感できるのだ。アニメの、キラキラひかるレインボーにつつまれる演出ももちろんある。ふと肩の方を向いたら初号機の肩が見えて、「本当に初号機に乗ってる……!」と感動した。

 興奮しつつ画面を見ると、シンクロ率は10.7%という絶望的な数値……。当たり前だ。なんせ自分(プレイヤー)は臨時パイロットなのだから。「マジでこんな数字で出撃しなきゃなんないの? ミサトさんあんまりじゃない? ええええ逃げたい」と絶望感に包まれていると、いよいよ出撃の時を迎える。

 頭上のシェルターがどんどん開いていくと、まるでジェットコースターが落ちる寸前のような緊張を感じ、身体が自然と固くなる。この出撃瞬間のシェルターが開く演出は、上を向いてしっかりとチェックしてほしい。そしてハイスピードで出撃したところで、体験は終了となった。

 約8分間のプレイ時間では、出撃から戦闘までを体験できるそう。今回はその導入部分が体験できた形だ。とにかくエヴァに乗れたという興奮で頭がいっぱいになり、体験時間があっという間に感じた。360度スキなしで体験できるのはやっぱりVRならでは! 『エヴァ』ファンには一度は体験してほしい。

 ちなみに本作は、3人での協力プレイが前提となっているそう。1人でプレイすることももちろんできるが、使徒を倒す難易度はただでさえ高いのに、倍以上にはね上がってしまうようだ。

 「使徒を前にしたら、人間どうするか、という実験です」と言う開発陣。一体どのような絶望的な状況が待っているのか、『エヴァ』ファンはもちろん、『エヴァ』に詳しくない人もぜひ体験してほしい。なお使徒を倒しても、倒さなくても、ファンの期待を裏切らない結末が用意されているとのこと。

eva_012

▲開発者陣。

eva_007

 「正直この部分まで再現するの?」とスタッフの細かなこだわりを感じられた『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』。スタッフ黒は、一般公開後は何度も足を運び体験したいと熱く語った。

eva_010

eva_009

eva_011

©カラー
©2017 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.