『ゲゲゲの鬼太郎』50周年イヤー! いつの時代も妖怪の存在を身近に感じさせてくれる魅力を再確認

2018.02.04 <PASH! PLUS>

 今回は、先日TVアニメ第6期の放送が発表された『ゲゲゲの鬼太郎』をピックアップ! 昭和から平成まで、いつの時代も子供に妖怪の存在を感じさせてくれた『ゲゲゲの鬼太郎』の魅力をまとめてみました。

kitaro_001

妖怪アニメの金字塔『ゲゲゲの鬼太郎』の魅力はコレ!

 ■『ゲゲゲの鬼太郎』の簡単なあらすじ

 『ゲゲゲの鬼太郎』は、幽霊族と呼ばれる種族の生き残りである鬼太郎が、目玉おやじとともに人間に悪事を働く妖怪を退治する物語。鬼太郎がいつも身に付けている“ちゃんちゃんこ”は武器にも縦にもなる万能な道具で、下駄は脳波で自在に操ることができます。さらに、驚異の再生能力を持っているため、生気を失わなければ潰れていようが切り刻まれていようがたちどころに回復!

■“妖怪”の恐ろしさを嫌と言うほど体感できる

 いったん木綿や塗り壁、砂かけババア……。『ゲゲゲの鬼太郎』はありとあらゆる“妖怪”の存在を感じさせてくれる作品です。“幽霊”や“精霊”とはまた違う、どこか湿度の感じられる妖怪の存在は肌身に触れるような怖さがあるものです(ちなみに妖怪と幽霊の違いは、妖怪は人知を超えた奇妙な存在、幽霊は死後の魂が具現化したものだと考えられています※様々な説があります)。

 『ゲゲゲの鬼太郎』のTVアニメシリーズはこれまでに5シリーズが放送されていますが、1960年代に放送された第1シリーズ、1980年代の第3シリーズ、2000年代に放送された第5シリーズでは、鬼太郎が妖怪と人間の共存を目指して妖怪と人間との懸け橋を作りながらも、時に悪い妖怪を懲らしめるヒーロー的な姿が描かれています。

 しかし、1970年代に放送された第2シリーズ、1990年代の第4シリーズではこうした“悪い妖怪と戦う正義の鬼太郎”というよりは、“ただただ怖い妖怪とのストーリー”を描いたものが目立ちます。これは原作『ゲゲゲの鬼太郎』がもつ薄暗い雰囲気がより色濃く反映されているからこそのものなので、気になる方はシリーズごとの違いを見ることもおすすめです!

 そんな『ゲゲゲの鬼太郎』における妖怪の怖さが感じられるエピソードがいくつかあるのですが、なかでも怖いと有名なのは“足跡の怪”という話。『ゲゲゲの鬼太郎』のなかでも屈指のトラウマ回として知られており、妖怪が持つ温度のない怖さが感じられる回となっています。勇気のある方は是非に……。

■時代と共に変わる妖怪たちの姿!猫娘やねずみ小僧といった妖怪にも注目

 『ゲゲゲの鬼太郎』には、鬼太郎や目玉おやじを始め、猫娘、ねずみ小僧、いったん木綿といったお馴染みのキャラクターが登場しています。こうしたお馴染みのキャラクターをシーズンごとに見ていくと、ビジュアルが時代に合わせて変化していることをご存知でしたか?

 その変化を1番感じられるのが「猫娘」というキャラクター。第1シリーズと最新の第6シリーズのビジュアルを比べてみると、白いブラウスに赤いスカートという服装に大きな変化はないのですが、第1シリーズでは釣り目がちな瞳にのっぺりとした顔が印象的なのに対して、第6シリーズは目鼻立ちの整った8投身の美少女に描かれています。そして、大きな変化が足元! これまでのシリーズではぺったんこの赤い靴を履いていたのですが、第6シリーズでは真っ赤なハイヒールを着用しています。よくよく見ると服装もバルーン風のキャミソールワンピースになっていたりと全体的に可愛くなっている。そう、簡単に言えば「可愛くなっている」んです。

 『ゲゲゲの鬼太郎』』に登場するキャラクターは、シリーズを追うごとに近代的な可愛いビジュアルに変化しているので、「怖い」妖怪でありながらも、どこか「可愛く」て「癒される」存在になりつつあります(そうやって気を抜いていると怖い妖怪が登場したりすることもあるので注意しましょう)。

■鬼太郎と目玉おやじの生死を超えた親子愛

 『ゲゲゲの鬼太郎』において欠かせない存在と言えば誰でしょうか? 個人的にはねずみ小僧が居ないと物足りなさを感じてしまうのですが、そこはひとまずおいておきましょう。

 『ゲゲゲの鬼太郎』のメインキャラクターと言えば鬼太郎と目玉おやじです。

 鬼太郎と言えば片目を隠したヘアスタイル、目玉おやじと言えば目玉に手足が生えた姿が印象的ですが、この2人が親子関係であることはご存知でしたか? 生前の目玉おやじは幽霊族の生き残りだったのですが、不治の病を患い、全身が溶けてしまう病気にかかり妻(鬼太郎の母)ともども亡くなってしまいます。亡くなった後も鬼太郎を心配した目玉おやじは、自分の遺体の目玉に魂を宿し「目玉のおやじ」として復活したのです。

 鬼太郎が片目を隠していることから、目玉おやじは鬼太郎の片目だと思っている方も少なくないのですが、実は鬼太郎と目玉おやじは別個体であり、血の繋がった親子なのです。そんな目玉おやじはとっても親馬鹿で、しばしば鬼太郎を案じています。「おい鬼太郎!」と声をかけるシーンが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

 4月から始まる第6シリーズで目玉のおやじを演じるのは声優の野沢雅子さん! 野沢さんは、第1シリーズで鬼太郎を演じており、『ゲゲゲの鬼太郎』で鬼太郎・目玉のおやじの親子を演じるのは野沢さんが初めてのこと。鬼太郎を演じた経験のある野沢さんの目玉のおやじが今から楽しみです!

2018年は50周年イヤー!『ゲゲゲの鬼太郎』の今後に注目!

 そんな『ゲゲゲの鬼太郎』は、4月からTVアニメ第6シリーズの放送がスタートします。ここまで「妖怪は怖い」と書いていますが、『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマとして知られる『ゲゲゲの鬼太郎』という歌で、妖怪が朝まで寝ていたり墓場で運動会をしている姿が歌われているように、妖怪も人間と変わらない生活を送っている場面が伝わりますよね。

 このようにTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』では、妖怪の恐ろしさだけではなく、妖怪が人間と変わらず生きる姿も描かれています。そんな妖怪たちの日常も合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

DATA
■『ゲゲゲの鬼太郎』
公式サイト:http://anime-kitaro.com/
公式Twitter:@kitaroanime50th

ON AIR:
フジテレビほかにて4月1日(日)スタート
毎週日曜午前9:00~9:30(一部地域を除く)

STAFF:
原作=水木しげる
プロデューサー=狩野雄太(フジテレビ編成部)・佐川直子(読売広告社)・永富大地(東映アニメーション)
シリーズディレクター=小川孝治
シリーズ構成=大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督=清水空翔
音楽=高梨康治、刃-yaiba-
制作=フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

CAST:
鬼太郎=沢城みゆき
目玉おやじ=野沢雅子
古川登志夫=ねずみ男
ねこ娘=庄司宇芽香
犬山まな=藤井ゆきよ
砂かけばばあ=田中真弓
子泣きじじい&ぬりかべ=島田 敏
一反もめん=山口勝平

テキスト:ちゃん子
©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション