stage_movie

人気コミック『おとめ妖怪ざくろ』が初の舞台化!

2016.07.27 <PASH! PLUS>

遊馬晃祐・安里勇哉ら注目の若手キャスト陣が集合♪

©星野リリィ/幻冬舎コミックス・舞台「おとめ妖怪ざくろ」製作委員会

 連載10周年を迎える『月刊コミックバーズ』の看板コミック『おとめ妖怪ざくろ』、その舞台公演化が決定した。

 物語は、妖怪である「妖人」と人間が共存するという、文明開化の時代を舞台に、「半妖」の少女らと陸軍少尉たちが織りなす恋や事件を描く。

 主演として一座を担う総角 景(あげまき・けい)役には、舞台版『ハイキュー!!』及川 徹役でデビューを果たし人気を集めている遊馬晃祐。

 さらに総角と敵対する沢鷹(おもだか)役には、舞台『「黒子のバスケ」THE ENCOUNTER』火神大我役などで話題を呼ぶ安里勇哉が発表となった。

 また、総角と同じく帝国陸軍少尉である芳野葛利劔(よしのかずら・りけん)役に脇崎智史、そして花桐丸竜(はなきり・がんりゅう)役に阿部快征が名を連ねる。

 本作は原作コミック第1~6巻の物語をベースに展開。公演は、2017年1月18日(水)~25日(水)に、全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都・渋谷区)にて全12回が予定されている。

 注目のキャスト陣が織り成す、新しい形の2.5次元ミュージカルに乞うご期待!

 

DATA
舞台『おとめ妖怪ざくろ』

公演日程:2017年1月18日(水)~25日(水) ※全12回公演
会場:全労済ホール/スペース・ゼロ
価格:特典付きS席 8,000円(税込)
   A席 6,000円(税込)
※全席指定です。

STAFF:
 原作:星野リリィ(幻冬舎コミックス『月刊コミックバーズ』連載)
 脚本・演出:大和田悟史

CAST:
 総角 景=遊馬晃祐
 芳野葛利劔=脇崎智史
 花桐丸竜=阿部快征
 沢鷹=安里勇哉(TOKYO流星群) ほか

HP:http://zakuro-stage.jp
Twitter:@zakuro_stage

タグ