stage_movie

『有吉の壁』で話題!2.7次元アイドル“KOUGU維新”ミュージカルの見どころや稽古中の裏話などをインタビュー

2020.12.24 <PASH! PLUS>

 12月19日に行われた生配信「KOUGU維新の生で参らん!ミュージカル KOUGU 維新±0直前緊急スペシャル!」後に行われた会見にて、きつね大津広次さん(プラスドライバ/乙ルイ)、きつね淡路幸誠さん(平やっとこ/淡川幸一郎)、トム・ブラウン布川ひろきさん(キリ/宮布いつき)、トム・ブラウンみちおさん(鉄槌/音道わたる)、ワタリ119さん(砥石/渡 哲夫)、パーパーほしのディスコさん(丸ノコ/綺羅星輝)の6名に、本日の配信に先駆け見どころや稽古中の裏話などをたっぷりと語ってもらった。

20201223_kougu_001

 日本テレビ系のバラエティ番組『有吉の壁』の「ブレイク芸人選手権」から生まれた2.7次元アイドル・KOUGU維新。お笑いコンビのきつねを中心に、人気お笑い芸人たちが、工具が具現化したKOUGU男士に扮し、小噺や歌、ダンスを繰り広げていくというものだ。

 金髪の俺様キャラ「プラスドライバ」や赤髪の荒くれ者「平やっとこ」をはじめ、個性豊かなKOUGU男士たちは、SNSを中心としてじわじわと人気が拡大。本日12月24日にオンラインミュージカル『最初で最後のミュージカル KOUGU維新±0 ~聖夜ヲ廻ル大工陣~』が開催される。

 配信されるミュージカルで描かれる物語は、クリスマスの聖夜が舞台。KOUGU男士たちがクリスマスパーティーを楽しむなか「プラスドライバ」の生き別れの兄「マイナスドライバ」が率いる反乱軍「工具リベリオン」によるある計画が始動。KOUGU維新のプライドをかけた、熱きバトルが勃発する。

 「プラスドライバ」と「マイナスドライバ」の絆を紡ぐストーリーに、さらにダークヒーローも登場するという本作。番組告知文には「※お笑い番組のミュージカルですので温かい目でご覧ください」という注釈があるものの、KOUGU男士による初のミュージカルとあって、ファンの期待は大いに高まっている。

「お笑いとして、これは正しいのか」という芸人としての葛藤はずっとあった

20201223_kougu_002

――オンラインミュージカル化を聞いたときの率直なお気持ちをお聞かせください。

大津 KOUGU維新ができた当初は、僕らもこういうことになるとは思ってなかったです。本当に、トントントンと行って、僕ら自身もついていけてないような気持ちでいっぱいで。普段、芸人さん同士で一緒に何かをするときは同じ事務所ということが多いんですけど、その垣根を越えてミュージカルをできるということに対して感動していますね。

みちお それって『有吉の壁』のすごくいいところで、みんながチーム、ファミリーみたいになっていて。事務所とかじゃなくて、全員で仲間みたいな感じがあるんですよね。それがKOUGU維新にはすごく如実に表れている感じがします。

淡路 「ブレイク芸人選手権」でKOUGU維新を何度かやらせていただいて、(11月21日の放送回で)第1章が完結になったんですよ。ミュージカル化ということで、ファンの「まだ見たい」という意見に一番応えられる形をとることができたと思います。僕ら(きつね)ふたりで今後も続けていくことは可能なんですが、日テレさんの力を借りて、全員を集められたことに喜びを感じています。

大津 2~3回目くらいから、「お笑いとして、これは正しいのか」という芸人としての葛藤はずっとあったんです。面白いのかどうかという迷いと戦い続けていて。それでも進み続けた結果、今があるという意味で、「正しかったんやな」という確信めいたものを感じています。

布川 僕、ミュージカルに出させてもらうのは、KOUGU維新が初めてなんです。僕ら(トム・ブラウン)みたいなハゲとロン毛の薄汚いコンビがこういうふうにメイクをしたらすごく変わって、実際にSNSで「キリ様、好きです」というコメントもすごく来るんですよ。

 この間も、DMで「あなたはキリ様に似ていますけど、別人ですよね?」って来て、「はい、別人です」って返したんですけど(笑)。それくらい、めちゃくちゃ熱狂してくれているんです。これまでは僕らを見てくれる方にはほぼ男性の方しかいなかったんですが、KOUGU維新で女性の方もすごく増えて。それもきつねがいろいろとプロデュースをしてくれたからですね。

みちお 僕らは、まだKOUGU維新が始まって間もないころに、「試しに、YouTubeで新メンバーを入れてやってみるか」と呼ばれたんですよ。まだあのころは、そんなに大ハネまでもいかない感じで、それがまさかミュージカルになるなんて夢にも思わなかったですよ。きっとこの辺で終わりだろうなって、僕は正直思っていました(笑)。

大津 …偉そうにコメントしてますけど、地上波出てないですよね?(笑)

布川 (笑)。いやいや、出てるよ、『バズリズム』に!

みちお …事情が分からない方に説明しますと、僕らは『有吉の壁』に一回も出てないです。YouTube配信と、『バズリズム』にKOUGU維新が出演したときしか出ていなくて。頭が高いですね。

布川 でも、とにかく本当にうれしいです。それが率直な感想です。

みちお こんなことになるとは思っていなかったので、ビックリしました。

ワタリ 僕がKOUGU維新に入ったのは本当に偶然で。「ピアノを弾ける人を探している」というときに、たまたま僕がネタでピアノをやっていて、それで選ばれたんです。まさかお笑い番組をやっていてミュージカルをやるとは思っていなかったので、親族みんなに「ミュージカルに出ることになった」って自慢しました。まったく別な仕事も入ってきたので、おかげでクリスマスまで予定ぎっしりでうれしたったです。

みちお …今言うことじゃないかもしれないけど、『有吉の壁』の「ブレイク芸人選手権」で、唯一あのふたり(ワタリさんとほしのさん)が出た回だけ、有吉さんの判定が〇じゃなくて×だったんだよね。

ほしの そうですね。「ここで終わるんだ」と思いました。

みちお 芸人同士で「なんであのときだけ×だったんだ?」という会話になったりするんですよ。それで一番挙がる要因が「ワタリが加入したからじゃないか」って(笑)。

ワタリ ちょ、ほんとそれ、一番気にしてるんで言わないでくださいよ!! 僕、それまでひとりで出たときもずっと×で、KOUGU維新に入ったら〇もらえると思ったら、まさかの×で。一番ビックリしたの、僕なんですよ! 「ブレイク芸人選手権」、トラウマになっているんですから!!

みちお (笑)。でも入れてよかったね。

ワタリ はい、よかったです。ここまで広がると思ってなかったので。

大津 なんでこの記者会見のメンバーは、地上波に出てない人と×の人なの(笑)。

ほしの 僕は最近、個人で歌のYouTube活動をよくやっていたので、それを活かせるようなお仕事をきつねさんにいただけて。ただ、初回ではなぜかコーラスだったので、あまり力を発揮することができず、「もうちょっとやれたのにな」と思っていたんです。それが、今回、ミュージカルで……。

大津 でも、ほしのくん、YouTubeでKOUGU維新のTHE FIRST TAKE(一発撮り動画)をやってくれてるやん? あれ、SuperflyとかのほかのTHE FIRST TAKEに比べて、KOUGU維新だけすごく見劣りしてない?

ほしの いや、あれは、僕も『有吉の壁』のスタッフさんに言いたいんですけど……収録環境が悪すぎたんですよ!!

みちお 何言うんだよ! 終わるまでは黙っておこうって!(笑)

布川 おいおい、ミュージカルがなしになっちゃうよ!(笑)

ほしの いつもはお金を払ってちゃんとスタジオを借りてやってるのに、あれは日テレさん内のホールで撮ったんですよ! そんな声が反響するようなところでやっちゃダメなんです、レコーディングというのは! だからあまりうまく聴こえてないけども…それはしょうがない。それも、『有吉の壁』。ミュージカルは頑張りたいと思います!

20201223_kougu_004

12時間くらい奴隷のように練習している(笑)

――KOUGU維新の稽古は大変だそうですが、特に印象に残っていることがあれば教えてください。

大津 今もフルで大変です。朝8時に日テレさんに来て、そこから12時間くらい奴隷のように練習している(笑)。まじで1秒も休みがないくらいタイトなスケジュールで。僕らに関しては“監修”という名目で、誰かがインタビューを受けているのを横で聞いているだけの時間もあるんですよ。あれもけっこう大変で。このミュージカルの稽古自体は昨日から始めたんですけど、それまでのダンスとか、曲作りを含めたらめちゃくちゃ時間を使ってます。

淡路 今日実際にあって大変だったのが、クライマックスの稽古中、マイナスドライバ役の(パンサーの)向井(慧)さんと僕ら、3人で芝居の本気度のチューニングがちゃんと合わないと、絶対誰かが笑ってしまうんですよ。向井さんはまだ4割くらいのテンションで行きたいのに、僕が9割でやっちゃうと「ちょっと、本気でやるのやめて! まだとっといて!」って。みんなが温度感を合わせないと練習が進まないというのはあります。

大津 でも、逆に、僕らが7割なのに向井さんだけ9割のときもあるんですよ! 兄弟の愛について殺陣で舞うというシーンでは、向井さんが演技に力入りすぎて、鍔迫り合いにならんくらいのパワーで来たときがあって。「殺すぞ」みたいな血走った目で見られると、僕は「やりすぎやろ」って笑いそうになるんですけど、それは言えないんでね。

淡路 だからこそ、本番にどれくらいのパワーで来るかが今から楽しみです。

大津 『有吉の壁』のオンエアされたときも、向井さんはアドリブ舞を見せていて、それに力が入りすぎて、ちょっとつまずくところもあったんです。それぐらい力入れて演技してくださるので、そこのチューニングが稽古中はすごく難しいです。

みちお 僕に関しては、ぜひ楽しみにしていただきたいんですが、ワタリくんと初挑戦の殺陣がございまして。僕、時代劇がめちゃくちゃ好きで、中でも勝新さん(勝新太郎さん)の『座頭市』が大好きなんですよ。『座頭市』って、すごくガチの鍔迫り合いをやっているんです。だから、今回、僕は「俺の時代劇アクションスターへの道がついに来た!」と思って、めちゃくちゃ資料用動画を観て、めちゃくちゃ入れ込んでいて。で、いざ練習するときに、本気でワタリくんを殴りに行っちゃって。

ワタリ 本当に怖かったんですよ! 殺陣だから、ちゃんと「僕がこうやったら、相手がこうやって……」とやると思ったら。

みちお でも! 全然痛くないんですよ! ほらほら、見て、聞いて~!(鉄槌のハンマーを叩いて、軽いことをアピール)

ワタリ いや、けっこう痛かったですよ! 僕は武器なしだから、肘にガーンって当たって。あのハンマーも一回壊れてますからね! 本当に殺しにきてましたよ。

みちお 思いっきり振りすぎちゃいました。10分くらい、ワタリくんが僕の気迫におびえる時間があって、ちょっと大変でしたよね。俺もやりすぎたな、って。でも、途中からはワタリくんもスイッチ入ってきて、めちゃくちゃいい感じにはなってます。

ワタリ 僕も一回ガチで蹴ってしまいましたよね。

みちお いや、それでいいのよ!

ワタリ やっていて、だんだんお互いがうまくなっているのを感じられて。僕もここが一番大変でしたけど、めちゃめちゃかっこいいシーンなので、これが流れるのかと思うと今から楽しみです。

布川 僕は長ゼリフに苦労しています。もしかしたら、ひとりが一回でしゃべる長ゼリフとしては、僕が一番長いかもしれない。普段、僕は漫才のツッコミでは「ダメー!」って2文字しか言わないし、ネタが飛んだとしても「ダメー!」って言っとけばなんとかなるんです(笑)。でも、今回はなんとかならないので、そこはちゃんと頭に入れてやらなきゃいけないな、と。その長ゼリフは、ぜひ注目してほしいですね。

ほしの 僕とワタリくんは今日が初めての稽古だったんですけど、僕とワタリくんだけが振りを知らないダンスがありまして。でも、ほかのメンバーはみんな知っているから、僕らは知らないのに、どんどん先に進んでいくんです。結局、誰も教えないまま最後までいってしまって(笑)。

ワタリ そう、皆さん、バズリズムでやっているから。で、いざ教えてもらおうとしても、「タララン、タララン、タララララララン」とかニュアンスで伝えられるから、全然わからなくて。

ほしの みんな、「あれ、全然踊れねーじゃん」みたいな顔で見るんですよ。

ワタリ すごい嫌でしたよね!「まだ覚えてねーのかよ」みたいな。

ほしの 「タララン」ってどこのなんなんだよ!と思って(笑)。誰も教えてくれなかったけど、なんとか本番までには間に合うかなと思うので、頑張りたいです。

20201223_kougu_003

マジでやりたいのは100日公演

――きつねさんにうかがいます。音楽番組、ミュージカルとステップアップしてきていますが、KOUGU維新としての今後の野望は?

大津 マジでやりたいのは100日公演ですね。このメンバーで劇場を借りて、100日間連続で、2ステ。僕らはその期間、きつねとしての活動を極力セーブして100日間メインでいき、ほかの芸人さんはその時期に忙しい人もいると思うので、代わりがわりシーズンによって出るメンバーが変わる、みたいな。

 KOUGU維新ができたからには、そういうことがもしできらうれしいなと思いますね。僕らは、きつねとしての活動がない日はKOUGU維新、というスケジュールの組み方で、営業の代わりにKOUGU維新をやるという感じです。それで全国を回れたらすごくいいなと思います。

布川 営業の代わりにKOUGU維新…? でも、冗談っぽく聞こえますけど、KOUGU維新ができたばっかりのときに大津と歩いていたら、「僕はミュージカルやりたいんすよ」って言っていたんです。それが今回実際になっているので、僕は今の話もボケには聞こえなかったです。

大津 ボケじゃないっすから!

淡路 僕は、KOUGU維新を、くまモンみたいに権利を完全にフリーにして、皆さんに勝手に使ってもらって、「僕らが知らん間にKOUGU維新のなんかできてるやん」みたいなところまで行きたいですね。二次創作が非常に面白いと思いますんでね。

大津 リアルなところで言うと、アニメ化。本当にかなってほしいな、と。

淡路 ゲーム化、アプリ化…。完全オリジナルの。

みちお それこそ、稽古中も「『KOUGU無双』が出てほしい」って言ってたよね。

大津 そうですね、『KOUGU無双』。ゲームで出て、パチンコ化もできると思うので。

布川 パチンコ、いいね。“やっとこリーチ”とか。

みちお 開くところがやっとこの形でね(笑)。

布川 「カプリチョーザ」って流れたハズレ、とか(笑)。

大津 ギア(三四郎の小宮浩信さんが演じるKOUGU男士)ですね。アニメ化とかは本当にされたらうれしいなと願っております。

今後増やしたいメンバーは、からし蓮根のツッコミ・杉本青空

――今後増やしたいメンバーは?

大津 俺はからし蓮根のツッコミの杉本青空くん。すごく映えそうだし、マジで人気が出るんとちゃうかなと思います。既婚者でも意外と人気には関係なかったりするし、逆にその部分に包容力を感じるというのもあるし。

――メンバーはやっぱりルックスで選んでいるんですか?

大津 今は説得力がないですけどね。

みちお 特に僕らがね(笑)。

大津 ルックスももちろん大事なんですけど、やっぱり化粧映えするというのも大事ですね。普段とギャップが出やすいという部分は、演出されてかっこよく映っていく要素だと思うので、そこは大事にしていきたいなと思っています。

――全体のバランスとかも考えていらっしゃる?

大津 もちろん考えてはいるんですけど…これ、ホンマにボケじゃないんですが、みんながそのポジションにはまっていくんですよ。それぞれがそのポジションにはまっていくように成長するというか。皆さん、芸人さんで個性が大事な世界の方なんで、その個性が出てきてキャラが立ってくるというところがあるかと思います。

みちお あえて「ボケじゃない」って言うところにすごくムカついたんだけど(笑)。でも、そうだよね。きつねがやってるから、それに合わせようと「僕はこうしよう」って思うんだよね。

大津 小宮さんだけ、ボケすぎるんで、それがちょっとしゃくではありましたね。小宮さんは、練習中からすごくボケるんですよ。そこだけちょっと違うな、って。小宮さんはお笑い芸人なんで。

みちお いや、みんなそうだよ!

淡路 やっぱり大事なのはギャップですかね。あとはバシくん(紙やすりとして出演する四千頭身の石橋遼大さん)もそうですけど、もともとその芸人さんのファンの方を喜ばすというのもKOUGU維新の目的としてあるんです。そういう意味では、金属バットの小林圭輔さんはすごく映えると思うんですよね。もうあのままいけるかなと。和装姿とかかっこいいかなとすごく思います。とにかく強そう。

この「±0」が「終わりの±0」ではなく、何かが始まる意味での「±0」になればという思い

――最後に、『最初で最後のミュージカル KOUGU維新±0 ~聖夜ヲ廻ル大工陣~』を楽しみにしている視聴者の皆さんに、役でメッセージを。

大津 どうも、おはよう、こんばんは。プラスドライバ役 乙ルイです。今回のミュージカルは『最初で最後のミュージカル KOUGU維新±0 ~聖夜ヲ廻ル大工陣~』ということなんですけど、この「±0」という言葉は「始まりでもあり、終わりでもある」という意味になっていると思います。ただ、僕は、この「±0」が「終わりの±0」ではなく、何かが始まる意味での「±0」になればという思いで真剣にやっています。

 芸人の皆さんが朝早くから集まって、タイトなスケジュールの中で、本気で一つのミュージカルを作ろうという熱い思いを込めた作品になっているので、ぜひ皆さんにその気持ちを感じ取っていただきたです。そして、どこかワンシーンでも皆さんの心の中に残るシーンがあったなら、KOUGU維新がネジのように皆さんの頭に組み込まれたのだと思います。皆さん、ぜひ、『最初で最後のミュージカル KOUGU維新±0 ~聖夜ヲ廻ル大工陣~』を楽しんでください。よろしくお願いします。

淡路 親方様ぁ、やっとこさクリスマスイブの聖夜がやってきたな! 一度掴んだら離さねぇ俺が、親方様のために一生懸命最高の作品を作ってきたぜ! 絶対に目を離すんじゃねぇぞ! やっとこでした!

みちお 親方様の皆様、観ようと思ってくれている方々、まだ迷っているよという方々、いろいろいらっしゃると思います。クリスマスだということで、つがいがいる方、いない方、伴侶がいる方、いない方もいろいろいると思いますけども、皆さん、ぜひお誘いあわせの上、観てほしいなという所存です。もし観てくれたら、皆さんの脳みそに確実に鉄槌が下ると思います。いい意味でね。

布川 クリスマスイブということで、聖夜です。今回のミュージカルは来年も再来年もあるものじゃなくて、「最初で最後の」ということで、今回しか観られませんので、ぜひ必ず観ていただきたいです。観てくれた人のハートは、キリのように貫けるのかな、と思っております。

ワタリ …えっと、これ、砥石で言えばいいんですかね…? しゃらくせぇ! クリスマスは俺と…俺らと…俺たちと過ごせばいいんだよ! さっさとチケット買いやがれ! …砥石、こんなこと言いますよね?

大津 砥石に入って。砥石に入ればスッと出てくるよ。

ワタリ しゃらくせぇ! 黙ってチケット買って、クリスマスは俺たちと過ごしやがれ! …はい。

ほしの 12月24日ということなので、みんなクリスマスプレゼントを交換していると思いますけど、このミュージカルが僕たちにしかできないクリスマスプレゼントだと思っています。みんなで楽しく観てもらって、たくさん狂ってほしいなと思います。丸ノコなので、観てくれないと、歯形つけちゃう、ぞ! ありがとうございました。

「KOUGU維新」公式Twitter:@kougu_ishin

<番組情報>
『最初で最後のミュージカル KOUGU維新±0 ~聖夜ヲ廻ル大工陣~』

■出演
きつね、トム・ブラウン、水川かたまり(空気階段)、石橋遼大(四千頭身)、ワタリ119、ほしのディスコ(パーパー)、向井慧(パンサー)ほか

■配信日時(予定)12月24日(木)19:00開場/20:00開演

見逃し配信視聴期間:2020年12月25日(金)16:00 〜 2021年1月8日(金)23:59

※上映は1時間程を予定しております。
※ライブ配信をご購入いただくと、見逃し配信も視聴可能です。
※見逃し配信の視聴可能期間は限られておりますので、ご注意ください。
※見逃し配信だけの購入も可能です。
※1月8日(金)23:59を持ちまして視聴途中の場合も配信が終了となりますのでご注意ください。

■視聴料金
3,300円(税込)

■視聴チケット販売期間
2020年12月9日(水)21:50 ~ 2021年1月11 日(月)18:00

■視聴チケット購入URL
https://www.hulu.jp/store/the-first-and-last-musical-kougu-ishin-0-seiya-wo-meguru-daikoujin

■その他
・視聴チケットをご購入の際は、Huluアカウントの作成が必要になります。※Huluアカウント作成は無料です。
・決済方法はクレジットカードです。

タグ