other_content

『声優と夜あそび』古川登志夫が浪川大輔&谷山紀章と初“夜あそび”! 谷山さんは憧れのレジェンドを前にかつてない大緊張!?

2020.01.24 <PASH! PLUS>

 『声優と夜あそび』は、毎週月曜日から金曜日まで人気声優が2名ずつ日替わりでMCを務める、AbemaTVオリジナルの声優生放送レギュラー帯番組です。2019年4月8日より『声優と夜あそび 2nd Season』が放送スタート! PASH!PLUSでは放送後記や放送終了後の写真をご紹介!

yoasobi_001[1]

 1月23日の夜10時から夜11時30分にわたり、『声優と夜あそび【木:浪川大輔×谷山紀章】#40 古川登志夫がゲストに登場!』が放送されました。本放送では「ゲストてんこ盛りスペシャル月間」の一環として古川登志夫さんをゲストに招き、古川さんの半生を振り返る「古川さんと!レジェンド年表トーク」や、深い話や裏話を訊ねる「古川さんに! ギリギリ質問」など、さまざまなコーナーが行われました。

谷山紀章、古川登志夫の前で“借りてきた猫”状態に!?

 本放送にゲストとして出演した古川さんは、『機動戦士ガンダム』のカイ・シデン、『うる星やつら』の諸星あたる、『ドラゴンボール』シリーズのピッコロ(マジュニア)、『ワンピース』のエースなど、数々の人気キャラクターを演じてきた、 “レジェンド”と呼ばれる声優のひとり。MC の谷山さんは、そんな古川さんを敬愛する大ファンであり、いつになく緊張した様子でゲストを迎え入れます。

yoasobi_001 

 スタジオに登場した古川さんに、谷山さんは「いままでおこがましすぎて、遠い存在すぎて言わなかったんですが……」、「本当に1番なんです」、「はっきり言って、古川さんがいなかったら俺は声優になっていない!」と古川登志夫さんへの“愛”をご本人へ初告白。古川さんは「いや~、嬉しいです!」と満面の笑みを浮かべ、谷山さんと固い握手を交わします。

yoasobi_002 

 「古川さんのレジェンド年表トーク」のコーナーが始まるとでは、“15人兄弟の末っ子”という古川さんの家族のエピソードから、アニメの初主演となった『マグネロボ ガ・キーン』収録の当時の秘蔵写真を公開したり、『ドラゴンボール』でピッコロを演じた際は「もっと低く、もっと低く、と指示があった」「(声を張っていない時は)ほとんど息声で話している」と演技に苦労したことを振り返ったり、さまざまなエピソードを披露してゆきます。

 また『ドラゴンボール』では、「戦闘シーンの掛け声はスタジオにあるものを手あたり次第に叫んでみた」と“紙コップ”や“ピアノ”、朝食の“納豆”などを掛け声として叫んでいた、という裏話を披露。これには浪川さんと谷山さんも「ええっ!?」、「全然わからなかった!」 と驚愕。柔軟な発想を演技に生かしてきた古川さんのテクニックに脱帽していました。

yoasobi_003 

 「古川さんにギリギリ質問!」のコーナーでは、「こいつはすごい! と思った声優は?」という質問に対して「いま40代、50代の声優さんは本当にすごいですよ」と語った古川さん。浪川さんと谷山さんにも「演技巧者ですよ」、「頑張って声を出さない“引き算の演技”ができる上手い方たち」と称賛を送り「ちょっと負けられないな、と思うわけですよ」と年下の世代からも演技を学び続けていることを明かしました。

yoasobi_004

 90分の生放送を終え、「光栄でした。本当に楽しかったです」と朗らかな笑顔で語る古川さん。「短い! ぜんぜん言い足りないし、もっと伝えたかった」と語る谷山さんに、古川さんは「こんど飲み会やりましょう!」と気さくに提案します。そんな優しい大先輩に、谷山さんは「古川さんの演技は、全部心に刺さってきている」とあらためて自分の“声優”のルーツになっていることを告白。古川さんは照れ臭そうに笑いながら、MCの2 人と「声優 Next Night!」と決まりのセリフで番組を締めくくりました。

■アニメ LIVE チャンネル/声優と夜あそび【木:浪川大輔×谷山紀章】#40 古川登志夫がゲストに登場!
放送日時:1月23日22:00~23:30
視聴はコチラ
出演者(敬称略):浪川大輔、谷山紀章、古川登志夫(ゲスト)

■アニメ LIVE チャンネル/声優と夜あそび【木:浪川大輔×谷山紀章】#41
放送日時:1月30日22:00~23:30
視聴はコチラ
出演者(敬称略):浪川大輔、谷山紀章

※過去の放送回は、「Abema ビデオ」にて無料で視聴できる

Abema ビデオ『声優と夜あそび 2nd Season』:https://abema.tv/video/title/218-101

■「AbemaTV」について
 「AbemaTV」は、”無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応しています。その他にも、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や見逃した番組をいつでも楽しめる「Abemaビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。

名称:「AbemaTV(アベマティーヴィー)」
配信:PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store / Amazon Appstore
推奨環境:
・PC版
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、
Internet Explorer 11以降(Windows)
推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player
・Androidスマートフォン/タブレット
推奨環境:Android4.4以降
・iPhone/iPad
推奨環境:iOS9.0以降のiPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini
・Fireタブレット
推奨環境:Fire OS 5.6.0
・テレビ
シャープ AQUOS
ソニー 4Kブラビア®
パナソニック 4K ビエラ(新対応)
レオパレス21 LifeStick
Amazon Fire TV 4K
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
AppleTV (第4世代)
CCCAIR AIR Stick 4K
Google Chromecast (推奨環境:第1世代以降)
・VRデバイス
Google Daydream View
OS:Android7.0以降
・スマートスピーカー
Amazon Echo Dot
Amazon Echo
Amazon Echo Plus
利用料金:無料

■URL
「AbemaTV」 https://abema.tv/