other_content

復活してほしい! 平成のバラエティー番組ランキング発表!

2020.01.23 <PASH! PLUS>

 国内最大級のランキング情報サイト“gooランキング”より、平成の時代に放送されていたバラエティー番組をテーマに“復活してほしいバラエティー番組はどれか?”を調査・ランキング化した結果が発表された。

調査日:2019年12月26日
集計方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したもの。

1位は『ダウンタウンのごっつええ感じ』!

gool_001

 1位の『ダウンタウンのごっつええ感じ』は、 1991年から1997年にかけて放送されたバラエティー。メインのダウンタウンに加えて、今田耕司さんや東野幸治さん、篠原涼子さん、YOUさんをはじめとする豪華なキャストが顔をそろえた伝説のお笑い番組だ。

 “おかんとマー君”や“キャシィ塚本”、“世紀末戦隊ゴレンジャイ”など、今もなお語り継がれる名作コントを多数輩出し、当時のお茶の間を爆笑の渦に巻き込んだ。コントの中には過激な演出ゆえに現在では放送が難しそうなものもあるが、 一時代を築いたそのエネルギーと切れ味は、 令和の時代でも十分に通用しそう。

 2位に続いたのは、2002年から2006年までレギュラー放送された『トリビアの泉~素晴らしきムダ知識~』。番組の内容は、「つい誰かに話したくなるようなトリビア(=つまらないことについての知識・雑学)」を紹介するというもので、 視聴者から投稿されたトリビアのプレゼンター役を、当時はまだ知名度が低かった俳優の高橋克実さんと八嶋智人さんが務めていた。

 番組ではタモリさんを始めとする品評会員が「へぇ~」と音を出すボタンを押した回数でトリビアを評価していたが、このボタンも放送当時は大いに話題となった。ボタンがおもちゃとして商品化されたり、「へぇ~」が2003年の新語・流行語大賞にノミネートされたりしたのを覚えている人もいるのでは?

 1982年から2014年まで放送されたお昼の国民的長寿番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』は、3位にランク・イン。 司会の森田一義さん(タモリさん)と曜日ごとに変わる豪華なレギュラー陣が、趣向をこらしたさまざまな企画を生放送でお茶の間へ届けてくれた同番組。森田一義さんと日替わりゲストによる看板トークコーナー「テレフォンショッキング」は、 当日のゲストが次のゲストに知人・友人を紹介するシステムとなっていたが、翌日のゲストが誰なのかを毎回楽しみにしていた人も多いのでは?

※記載されているサービス名および商品名などは、各社の登録商標または商標。

詳細記事はコチラ!

gooランキング:https://ranking.goo.ne.jp/

タグ