other_content

速水奨&野津山幸宏コンビ、“声優ならでは”ネタで『M-1』会場沸かす「笑いのシャワーを浴びれて、気持ち良かった」

2019.10.20 <PASH! PLUS>

 声優の速水奨と野津山幸宏のコンビ「ラッシュスタイル」が、19日に東京・雷5656会館ときわホールにて開催された『M-1グランプリ<2回戦>』に出演。残念ながら 2回戦敗退となった。

20191020_m1_001

 2人はさすがプロの声優なだけあり、滑舌も声の美しさも超一級で、 “声優ならでは”のオリジナルネタを、 1回戦からさらにブラッシュアップ。 3分間、会場をおおいに沸かせた。しかし、厳正な審査が行われた結果、2回戦敗退に……。

 出演後、速水は「1回戦の後、漫才のアプローチに実は悩んでいました。“演技”“コント”でなく、“しゃべくり”から外れるといけないのか?とか。他の出場者のスタイルを見て、(2人で)もっとせめぎ合いをしてネタ作りをしてきました」と苦悩した点を明かす。その一方で、「ただ、すごく前向きにやってきたので、後悔することはないですね」と清々しい表情を。

 野津山は、「作ってきたものをちゃんと出せたと思います、あくまでも僕達は初心者なので。前回よりも会場も大きくて、お客さんの“笑いのシャワー”を浴びれて、気持ち良かったです」と全力を出せたと笑顔を見せた。

 まだ見せていないネタもたくさんあるという「ラッシュスタイル」。来年の出場も期待したい。

©M-1グランプリ事務局

タグ