2020年に流行ったゲーム「あつ森」「FF Ⅶ リメイク」を抑えて1位になったのは…“超流行りゲー大賞2020”発表

2020.12.22 <PASH! PLUS>

 12月24 日(木)発売のゲーム総合誌『週刊ファミ通』(発行:株式会社KADOKAWA Game Linkage)の2021年1月7・14日合併号において、2020年にゲーム業界関係者が最もハマったゲームタイトルを選出する“超流行りゲー大賞2020”の結果が発表された。

20201222_game_002

 “超流行りゲー大賞”は、ゲームクリエイターやゲーム好きで知られる著名人に、この1 年でハマったゲームを聞く『週刊ファミ通』の年末恒例人気企画となる。2020年は総勢132名が参加し、週刊ファミ通編集部の投票と合わせて選出された作品のなかから、最も支持されたタイトルを“超流行りゲー2020”として決定した。

20201222_game_003

 『週刊ファミ通』2021年1月7・14日合併号では、本ランキングの上位30タイトルを掲載しているほか、ハード別のランキングや、今回選出されたタイトルを分析し、2020 年の傾向を様々な角度から考察している。

 そのほか、年末年始特大号の本号では、2020 年のゲーム関連ニュースを振り返る”ゲーム業界重大ニュース”をはじめ、多数の特集を掲載。ゲーム業界が非常に盛り上がった2020年の締めくくりに相応しい一冊となっているという。

超流行りゲー大賞2020 TOP3

第1位 : 「Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)」
(ソニー・インタラクティブエンタテインメント/2020 年7 月17 日発売/PS4)
第2位 : 「あつまれ どうぶつの森」
(任天堂/2020 年3 月20 日発売/Switch)
第3位 : 「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」
(スクウェア・エニックス/2020 年4 月10 日発売/PS4)

■『週刊ファミ通』編集長 嵯峨寛子コメント

 2020年は、世界中の人々が試練を強いられた年でした。それと同時に、ゲームというエンターテインメントの力を、改めて知る年でもあったと思います。今年、「“巣ごもり需要”によって、ゲーム市場が活気づいた」……と報じられることが多々ありました。その事象の根本にあるのは、「ゲームは、人々の心を明るくしてくれるものである」という、ずっと前から私たちが知っていたことです。今回、“超流行りゲー大賞2020”で1 位に選ばれた『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ) 』は、美しい日本の風景、境井仁という主人公の生きざま、秀逸な剣戟アクションなどで、多くのゲームファンを魅了し、楽しませてくれました。また、日本の風景と物語を描いた同作が、海外のスタジオによって制作されたことに、多くのゲームクリエイターが「刺激を受けた」と語っています。すばらしいゲームが影響を与えあって、“楽しい”の連鎖がこれからも続き、世界中の人々が元気になりますように。“超流行りゲー大賞2020”が、皆さんがゲームの楽しさを知り、活力を得るための一助となれば幸いです。

タグ