任天堂がゲーム動画投稿などについてのガイドラインを発表。非営利の投稿やYouTubeなどでの収益化がOKに

2018.11.29 <PASH! PLUS>

 株式会社任天堂より、“ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン”が任天堂公式サイトにて11月29日に発表。ゲーム画面を含む動画や静止画の投稿について、個人の非営利な投稿やガイドラインにのっとった収益化が認められることとなった。

nintendo

 任天堂は、「当社が創造するゲームやキャラクター、世界観に対して、お客様が真摯に情熱をもって向かい合っていただけることに感謝し、その体験が広く共有されることを応援したいと考えております。」とし、個人である顧客が、「任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショットを利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張しない」と明言。ただし、その投稿に際しては、任天堂のガイドラインが示され、これに従うことが必要とされている。

 これにより、YouTubeやTwitter、ニコニコ動画などの共有サイトへの非営利の動画投稿や、YouTubeパートナープログラムなどでの収益化についても認められることとなる。

詳細は任天堂公式サイトへ

タグ

オススメ
あわせて読みたい