女性声優オーディション『キミコエ・オーディション』募集開始!

2016.03.01 <PASH! PLUS>

審査員として伊藤尚往、清水洋史、木皿陽平らが参加!

©2016キミコエ・プロジェクト

 東北新社による、女性声優ユニット育成プロジェクト『キミコエ・プロジェクト ~supported by ファミリー劇場』が、2016年3月1日(火)より『キミコエ・オーディション』の募集を開始した。

 応募資格は、14歳から25歳の健康な女性。合格者には、東北新社関連が運営する事務所と専属契約できるほか、テレビや雑誌、ラジオ、各種イベント、アニメへの出演、歌手デビューなど、豪華な特典が決まっている。

 審査員として、『オーバーロード』、『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』などのアニメーション監督・伊藤尚往、『ルパン三世 新TVシリーズ』、『アクエリオンロゴス』などの音響監督・清水洋史、『ラブライブ!』(μ’s)、大橋彩香などのプロデューサー・木皿陽平の3名の参加が決定した。

 各審査員からコメントが届いているので、ご紹介しよう。

●アニメーション監督・伊藤尚往
 突破力のある方を求めています。

 声の仕事というのは、アニメーション製作のなかでは、比較的短期に集中して作品にかかわることになります。今まで多くのスタッフが何カ月も時間をかけ、想い入れをもって育ててきた作品に魂を吹き込む作業はプレッシャーを伴うものですが、通常そこにかけられる時間はそれほど多くはありません。そのなかで最高のパフォーマンスをするためには、経験と技術と度胸が必要です。限られた時間のなかで、聞いているスタッフを納得させ、それを観ている、観客、視聴者に伝える突破力をもつ方をお待ちしています!


●音響監督・清水洋史
 スクリーンの向こう側にいるあなたを。

 演技には、その人のいいところも悪いところも、すべて表れます。演技するとは自分をさらけだし、探求することでもあるのです。一生を賭けるに値する仕事です。賢さも愚かしさもあるのが人間。だからこそ魅力的。そんな自分が余すところなく表現されたそのとき、あなたと登場人物はひとつになって、スクリーンの向こう側に“存在”するでしょう。その瞬間を一緒に追求できる方のチャレンジを待っています。


●プロデューサー・木皿陽平
 情熱と人間力を。

 表現者として、演技、歌、ステージングなどさまざまなかたちで作品と向き合ってくれる情熱、そしてその情熱をまわりの多くの人間に伝え、ひとつの大きな力へと変えていく人間力のある方を求めます。


 新世代ヒロインを決めるこのオーディション! 詳細は公式HPをチェックしよう!

 

DATA
キミコエ・オーディション

HP:http://kimikoe.com
Twitter:@kimikoe_info

応募期間:2016年3月1日(火)~4月30日(土)

応募資格:14歳から25歳の健康な女性

審査員:伊藤尚往、清水洋史、木皿陽平 ほか

合格者特典:
・東北新社関連が運営する事務所と専属契約
・オーディション中にプロによる研修、レッスンを無料受講
・合格後ユニットを結成し、テレビ、雑誌、ラジオ、各種イベントなどへの出演
・東北新社制作のオリジナルアニメーションに出演
・大手レコードレーベルより歌手デビュー決定
・オーディションからデビューまで、CSファミリー劇場が完全密着。デビュー前にレギュラー冠番組出演

タグ

オススメ
あわせて読みたい